« 『走れコウタロー』のレコードから | トップページ | 胸が痛む…… »

2010年9月13日 (月)

バスの“汗”

9月も中旬に入ったが、名古屋は中々思うように涼しくなってくれない。

バスのクーラーも、まだまだ渇を入れて活躍中。

そう云う時にできるもの。

Dscn0555

何のことはない、クーラーから出された車内の湿気だが、バスがよく停車する場所だと、水溜りみたいになってくる。メーカーに拠らず湿気の排出口は同じ位置にあるので、こうして溜まる訳だ。
この写真は某終点の操車場。休憩室に近い駐車バースほど皆がバスをよく停めるので、水溜りもどんどん規模が大きくなる。バスたちの「汗」みたいなもんだ。

時折、ここらに居ついたハトが、この水を飲んでいることがある。奴らも余程、水気が欲しいと見える。

古いバスに乗務すると「冷房の利きが悪い」とかって、文句を垂れたりしているけど、バスはバスなりに頑張って冷房してくれている。

あの水溜りは、そんな「頑張り」の結晶のようなものだろう。

|

« 『走れコウタロー』のレコードから | トップページ | 胸が痛む…… »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こちらも今年の夏は猛暑だったのでバスのクーラーは本当にありがたい装備だなあと
感じました。
先日、始発でエンジンが停止していた時は流石に暑かったので、窓を開けたら
運転士さんに暑くて申し訳ありませんと言われました(笑)
エコと快適性を両立するのは難しいですよね。

投稿: vanagon714 | 2010年9月13日 (月) 20時56分

>vanagon714さんへ
今ではバスの冷房も当たり前になりましたが、全国に冷房車が普及するのには年数がかかったと思います。
今年のような異常気象だと、本当に有難味が判りますね。

私は以前、始発で自動的なアイドリングストップをしていたら、お客様から「今日みたいな暑い日は、冷房切らないでよ!」と叱られたことがあります。「環境保全のため、ご理解をお願いします」と言うだけが必死でした (^ ^;;;

投稿: vanagon714さんへ | 2010年9月13日 (月) 22時04分

バスの”汗”‥なるほど、いい表現ですね。
昔は、冷房のあるのは観光バスだけ‥でしたが、今は冷房の無いバスなんて考えられません。
贅沢になったのか、地球が暑くなったのか‥
レタス一個¥286にビックリしている今日この頃です。

投稿: suzuran6 | 2010年9月14日 (火) 12時29分

今年はホント暑かったですね~。
ようやく昨日あたりから涼しくなってきましたね。
N市でも20年程前まで非冷房車がありましたからね。
今考えるとゾッとしますね。

投稿: N市のT | 2010年9月14日 (火) 20時59分

>suzuran6さんへ
バスが停まっている時にあの水がポタポタ垂れるのを見ていると、何か必死で走った後の汗を思い起こさせるので、そう書いてみました。
確かに、贅沢になったのかも知れません。昔は「無かった」から仕方ないと諦めていた冷房ですが、今や家庭でもスーパーでも冷房環境が整いました。乗り合いバスにもついていなければ不自然に思われるでしょうね。
尤も、暑さに対する環境も変わってきていることは確かでして……。38度だのという気温は、以前はそうそう出なかった数字です。その暑さによってレタスの結球が腐ってしまい、価格が高騰する……世の中も暑さに翻弄されてしまっていますよね。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年9月15日 (水) 00時40分

>N市のTさんへ
この記事をアップした途端に、少し涼しくなったので頭を掻いています。とは言え、今日もバスの冷房はフルパワーで入れました。
平成になった頃は、非冷房車が残っていましたね。地下鉄も然り。
今から思うと、皆、よく耐えていたものだと思いますね。時代の流れを感じます。

投稿: N市のTさんへ | 2010年9月15日 (水) 00時50分

私が免許を取った時、我が家に初めて車が来たのですが私がぶつけても良いようにクーラー無しの古いカローラでした。シートがビニールのような素材で夏は背中汗疹だらけでした。それが今ではバスまでクーラー当たり前でクーラー無しなんて考えられないようになりましたからね~。人間楽な方へ楽な方へとなびいてしまうものですね。
でもバスで私の感覚で温度調節すると「寒い!」と言われてしまいます。それとバスのクーラーも年々良くなりますよね~。バス乗り始めの頃、特に初期のエアロはききが悪かったような印象があります。

投稿: すーさん | 2010年9月17日 (金) 18時14分

>すーさんへ
暑きにかけ、寒きにかけ、人間は楽な方へなびいてしまう生き物だと思います。
人間は他の生物に比べて「学習能力」が飛び抜けているので、一度いい思いをしてしまうと、それが忘れられないようです。
私も初代の車はポンコツでしたが、買った時期がすーさんよりは後だと思いますので、確か安物の冷房はついていたと思います。パワステはなかったですが。
今の職場に入った頃は、初代のエアロスターがガンガンに活躍していまして、やはり冷房がぬるいな、と思いました。時代が進むにつれ、路線車の様に頻繁に扉を開ける車でも、車内が涼しくなるような冷房パワーになってきたのですから、凄い進歩ですよね。

投稿: すーさんへ | 2010年9月17日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/36679900

この記事へのトラックバック一覧です: バスの“汗”:

« 『走れコウタロー』のレコードから | トップページ | 胸が痛む…… »