« 土讃線・高知近辺撮影旅行(3/4日目) | トップページ | BAKA »

2010年9月30日 (木)

土讃線・高知近辺撮影結果ご報告

先日の土讃線のフィルムが上がってきた。

前月の『水戸黄門様』では「暑さから逃げたい」の一心で、何か、撮るための工夫を忘れてしまっていた気がする。「撮ること」に対して、かなり消極的だったと思う。

その反省を踏まえての今回であるけれど、皆さんの目にはどう写るかなと……。

Img575

私の隠し子ではない。時間待ちの間に、私の目の前でおもちゃの列車で遊んでる子が、余りに楽しそうだったので、ご母堂にお許しを頂いて撮らせて貰った一枚。私は本来、子供が苦手で、そう好き好んで撮影対象にしない。この子を撮ろうとしたのは、多分「鉄」の血が私に感じられたからだろう。私みたいな将来を迎えなければいいが。ご母堂とのお約束で、撮影場所は内緒。

Img576
このカットは定番だから、雑誌などで見られた方も多いのではと邪推する。有名な「大歩危・小歩危峡」の鉄橋。区間もズバリ、小歩危~大歩危になる。雨に降られてはいたけれど、撮ることに集中しようとしてたから、余り気にならなかった。それと負け惜しみではないが、ここは晴天より雨に煙っていた方が、何となく「らしい」と思っている。

Img577

豊永駅から25分くらい歩いた撮影地にて。攻略本の作例ではオーソドックスに3両編成を横撮りしてあったが、「次に来るのは単行の普通列車だなぁ」と思いついて、わざと違う構図を選んでみた。ススキも入っているし、それなりに秋の絵になっているような気がしている。豊永~大田口にて。

Img578
トラス橋梁上の駅・土佐北川駅を外から見ると、こんな感じになる。ちょうどホーム部分には覆いがかかってしまっていて、言われなければここが駅だとは判らないだろうと思う。敢えて言えば、「単線の土讃線にしては、幅の広い鉄橋だな」と感じる方が、あるかも知れない。

Img579
土佐北川のホームから眺めた、上り側の部分はトンネルになっている。隧道と橋梁が隣り合わせであることを判らせたいために、こんな撮り方をしたが、思い切ってもっとトンネルだけをズームアップした方が良かったかも知れない。列車のいる位置は大杉~土佐北川と云うことになる。

Img580
「駅好き」な方に、ご納得頂けるかは判らないけれど、土佐北川駅を忠実にシンメトリーにして撮ってみた。幾何学的な鉄橋の中にいるから、思わず知らず、こういう撮り方をしてみたくなる。旅行記の方でも書いた通り、ホームの幅は狭くて、特急の通過時はおっかない。

Img581
繁藤駅の辺りで、「お決まりでない場所」でも撮った、と書いた、お決まりでない方の場所。線路近くのヒガンバナが余りに綺麗だったので、何とかして構図にしてやろうと、苦心惨憺した挙句の一枚。結局は「花ピン・列車ボケ」で誤魔化した (^ ^;;;  角茂谷~繁藤にて。

Img582
ヒガンバナネタを、もう一枚。岡花駅の付近で撮ったもの。これも、ネットでの作例とは全く違う仕上がりになった。上の写真と同じ「花ピン・列車ボケ」だが、広角レンズで青空を多く取り入れてみた。ただ、青空部分には高圧電線が写り込んでしまっていて、あまり未倒毛のいい写真ではない。岡花~土佐加茂にて。

Img583
花ついでに、もう一枚。今度はキバナコスモスの花。斗賀野駅で降りたら、駅前があまりにもこの花で綺麗だったので、列車から降りたお客さんを対象にシャッターを切った。これも、一応「駅」の写真だけど(こじつけっぽい・汗)。

Img58412
ほぼ「最後の一枚」に近い写真。布師田で降りて訪れた、高知運転所。旅行記でも書いたように、運転所を見て回るうちに陽が西に傾いてきたので、「落日」と「落陽列車(もう動かない12系客車)」を組み合わせてみた。「ただ綺麗なだけ」と言われそうだが、汚いよりは綺麗な方がいいと思って。

自分なりに一生懸命撮って来たから、こんなつまらない写真でも、一応自分では納得している。鄙びたロケーションが多かったから、それに助けられたのもあるかも知れない。

……と云う、3泊4日の結果ご報告でした m(_ _)m

|

« 土讃線・高知近辺撮影旅行(3/4日目) | トップページ | BAKA »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
どれも良い感じの写真ですね。
大歩危小歩危の鉄橋は列車が通るとなんとも立体的です。
こんなレイアウトを作れたらなあなんて思ってしまいます。
最後の写真は美しいですね。
とても錆だらけの12系客車には見えません。
とても参考になりました。

投稿: vanagon714 | 2010年9月30日 (木) 22時32分

>vanagon714さんへ
こんばんは。

>どれも良い感じ……

有難うございます。単線非電化とのロケーションが、多分に助けてくれたものと思います。
大歩危小歩危は、ジオラマが作られたら面白いでしょうね。嘗ては模型もやっていましたから、こんな雰囲気が自宅に作れたら、列車を通らせるのにワクワクすると思います。
撮り様によっては、錆び錆びの車両でも何とかなるものです。夕陽は光が強く斜めから射し込み、更に赤味を帯びているので、結構写真を撮る時の応用アイテムになってくれます。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年10月 1日 (金) 21時39分

いい感じに撮れていますね。
花や子供に目を向けるとは流石です。
いい味が出ていますよ。
早速真似したいと思いますscissors

投稿: N市のT | 2010年10月 2日 (土) 19時49分

>N市のTさんへ
有難うございます。
子供さんにしても、花にしても、偶発的なものではありますが、何か心が動いたら「兎に角シャッターを切ろう」と心がけていました。
やはり写真は、積極的にシャッターを切ることが肝要かなぁと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2010年10月 2日 (土) 23時07分

土佐北川駅には興味がわきますね、
トンネル・鉄橋(山・川)そして駅 模型のレイアウト向きですね。
夕陽に輝く12系綺麗なのですが‥寂しいです。

投稿: suzuran6 | 2010年10月 3日 (日) 08時17分

>suzuran6さんへ
土佐北川、山間部にある駅なので、それなりに時間を設けないと訪れにくい場所ですが、色々な意味で面白い駅だと思います。
土讃線の阿波池田~高知の部分は、山深いところを線路が走っていますから、模型のレイアウトにももってこいでしょう。もう少し健脚なら、俯瞰構図も楽しめるようです(この頃、怠慢により、足と心臓が衰えつつあります……)。
12系も団体臨時用列車として一世を風靡したのですが、ああ云う姿は残念ですね。登場時が「大阪万博」ですから、仕方ないですが。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年10月 3日 (日) 20時01分

おはようございます。2枚目の鉄橋の写真ですが、これを見たらもう何十年も前のJTBの時刻表の表紙を思い出しました。それは橋の長さとほぼ同じ位の長さのキハ28と65の編成の急行です。こんな前の事なのに鮮明に覚えていると言うことは、よっぽど私の心に響いたのでしょうね~。それが今では~!時の流れを感じますね~!

投稿: すーさん | 2010年10月 9日 (土) 06時35分

>すーさんへ
こんばんは。
やはりあの場所は、時刻表の表紙を飾ったこともあるのですね。有名な撮影地で、私も長いこと出掛けたい場所の一つでした。
急行の「あしずり」や「土佐」が走っていた時代は、8両くらい繋いだ編成もあったと思います。短くても5両くらいは繋いでいたでしょう。あの景色に国鉄色はよく似合ったと思います。
今は特急の「南風」と「しまんと」の併結で最大6両でしょうか(曜日限定で7両もあるようです)。言われるように、時代の流れを感じますね。

投稿: すーさんへ | 2010年10月 9日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/36995033

この記事へのトラックバック一覧です: 土讃線・高知近辺撮影結果ご報告:

« 土讃線・高知近辺撮影旅行(3/4日目) | トップページ | BAKA »