« 胸が痛む…… | トップページ | 土讃線・高知近辺撮影旅行(3/4日目) »

2010年9月24日 (金)

土讃線・高知近辺撮影旅行(1/2日目)

1日目(9月23日)

昨年、睡眠薬などを忘れて散々だった四国の土讃線を撮り直しに行こうと思う。

岡山まで新幹線、そこでスルッと瀬戸大橋線~土讃線の特急「南風5号」に、乗り換え……乗り換え……駅のテロップで「瀬戸大橋線は児島駅での人身事故のため、現在、運転を見合わせています」。…… 乗り換えれない……。

Dscn0676_2
写真の時点では、南風5号の発車案内が出ているが、9分乗り継ぎのはずの列車は影も形も見えぬ。する内に、ホームのアナウンスで「本日、特急『南風5号』は、事故のため運転を取りやめさせて頂きます。ご利用のお客様は、1時間後の特急『南風7号』をご利用下さい」。と言った。あのなー。

度々旅行に出ているから、こう云う経験がない訳ではない。然し、指定券まで取った列車が運休となるのは久々のことだ。仕方ないので、行列している「みどりの窓口」へ行き、指定券を変更してもらう。空いていたのは、たまたま最後の一席で、然も窓側ではなく通路側席であった。

一時間余分に待って、「南風7号」で阿波池田へ向かう。阿波池田からは普通列車に乗り継いで、小歩危(こぼけ)まで行くが、本来なら24分接続の普通列車は当然もう出てしまっている。次の普通列車までは1時間以上、阿波池田で待機しなければならない。何とも不都合だが、止むを得ない。

瀬戸大橋を渡って四国に入り、阿波池田には4分ほどの遅れで着。自分の乗ってきた特急を見送って

Dscn0679
向こうのホームを見たら、臨時のトロッコ列車が見えた。

Dscn0682
車両はアンパンマンのトロッコ列車だが、中に乗っている着ぐるみはアンパンマンの類ではない。この辺りの伝説の妖怪を模したものらしく、子供さんの団体が乗っていた。自分の乗る列車は運休になったけれど、思いがけぬ眼福。

★を飲んだりして時間を潰し、13時48分の普通列車で、やっと小歩危へ至る。昨年撮り損ねた場所(その1)で、小歩危と大歩危の境界付近を行く橋梁まで、25分くらい歩く。雨が降っているが、今日は覚悟が出来ているので、あまり雨は気にならない。

やって来たのは、こんな所。

Dscn0685
雨雲がかかってしまい暗かったから、どんな風に写っているかは結果を待つしかない。もっとも、撮っているうちに、雨は止んだ。

ここで2時間以上粘って、今日の予定はここだけだから、小歩危の駅へ戻る。

Dscn0689
それにしても、小歩危は貧相な駅舎ですなぁ。

列車運休の煽りで、小歩危から高知への乗車列車も、「鈍行列車オンリー」から「大歩危での特急乗り継ぎ」に変わる。

その特急のお蔭で、高知へは当初予定より5分遅れただけで着く。今日から3日間、高知をベースキャンプにする。高架化された高知駅へ降りるのは初めてで、何か勝手が悪かった。

2日目(9月24日)

旅先の朝には珍しく、6時半に起きる。高知を7時03分の上り普通列車に乗らないと、次は10時43分まで目的地へ向かう列車がないから、仕方がない。

普通列車を土佐山田で乗り継いで、向かったのは豊永駅。ここから歩いて25分ほどの場所に、いい撮影地がある、とガイド本に書いてある。

目的地に辿り着いたはいいが、

Dscn0692
撮影場所は茂みの中にある。止む無く草を掻き分けて、撮影に臨む。

ここで2時間近く粘った。特急「南風」がアンパンマン列車のなども通り過ぎ、「ノーパンマン列車」 などと下らんことを考える。

同じ道を引き返して、豊永駅へ戻る。途中では

Dscn0695
こんなのもいたりして、平和である。

昼過ぎの列車で戻りにかかり、昨年撮り損じた場所(その2)へ行く。目的地は土佐北川駅そのもので、トラス橋上に駅があることで有名なところである。因みに

Dscn0702
こんな感じのホームである(ホーム幅はかなり狭い)。
橋の上の駅は1986年に線路を付け替えた際に生まれたのだそうで、線路の基礎の部分にも

Dscn0704_2
かように、比較的新しい年月が記されている。

ここでも2時間弱を過ごし、15時前の列車で更に戻って、繁藤(しげとう)で降りる。ここも、徒歩20分ほどの場所に、撮影地が紹介されている。

お決まりの場所と、お決まりでない場所と、2ヶ所で撮影する。足元にはあちこちでヒガンバナが咲いていて、綺麗だった。

Dscn0705

|

« 胸が痛む…… | トップページ | 土讃線・高知近辺撮影旅行(3/4日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

先日、九州の鉄道に始めて乗る事が出来たのですが
実は四国の鉄道に乗った事も無いのです。
一応全県・全県庁所在地は仕事で行っているのですが‥
バスが便利だったりレンタカーを利用したり‥
効率優先の仕事の場合には鉄道はかなり劣勢ですね。

四国レポートを楽しみにお待ちしております。

投稿: suzuran6 | 2010年9月25日 (土) 06時57分

出撃お疲れ様です。
猛暑も去ってちょうど良い季節になりましたね。
私もsuzuran6さんに同じく四国の鉄道に乗ったことがありません。
四国は知り合いもいるし、80年代は遍路周りをしたので何度も
訪れましたが、
いつも車だったんですよね・・・

鉄橋の上にある土佐北川駅面白いです。
ホームで待っていて通過列車が来ると怖そうですね。

投稿: vanagon714 | 2010年9月25日 (土) 11時12分

今回も少しタタられましたねcrying
瀬戸内海にタイが泳いでいたのでしょうねfish

急に涼しくなり、ヒガンバナも咲いてすっかり秋になりましたねtulip

既出ですが土佐北川駅の動画がありますのでご覧下さいpc
http://peevee.tv/v?181z7a

投稿: N市のT | 2010年9月25日 (土) 20時44分

>suzuran6さんへ
意外でした。四国の鉄道は乗られたことがないのですね。
九州は、先日の記事の……ですね。
瀬戸大橋が開通したとは言え、関東からのご出張はやはり飛行機&レンタカーorバスとなってしまうのでしょうね。
個人的には瀬戸大橋の眺めは、是非オススメです。天候に拠らず、上から海を見下ろしながら列車で走るのは、いい気分ですよ。
明石海峡大橋が予定通り新幹線化されていれば、鉄道の劣勢も挽回できたかも、ですが、現状では難しいですね。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年9月25日 (土) 21時02分

>vanagon714さんへ
お蔭様で、四国行脚を楽しんでおります (^ ^)
vanagon714さんも四国の鉄道には乗られていないのですね。意外でした。お遍路巡りをされる方には、鉄道は少々利用し難いのかも知れません。
JRになってから、少し魅力の薄れた四国の鉄道ですが、最近少し持ち直したように感じます。電化の促進や新型車両の導入が功を奏しているのでしょう。

土佐北川駅、仰せのように通過列車をやり過ごすときは、ちょっとスリルがあります。あれだけホームの幅が狭いと、無理からぬことですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年9月25日 (土) 21時15分

>N市のTさんへ
動画、拝見しましたtrain
2年位前だったでしょうか、拝見した覚えがあります。あの当時は65+58が生きていたのですね。今や、ワンマン気動車の天下です。

明石付近を通過する際に、どうやらタイを引っ掛けてしまったようですcoldsweats01 瀬戸大橋を渡る際に、振り落として参りました。多分、この先は大丈夫だと……いいなぁと思います。

彼岸も過ぎたのに、今日はちょっと暑さを感じましたsweat01

投稿: N市のTさんへ | 2010年9月25日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/36892314

この記事へのトラックバック一覧です: 土讃線・高知近辺撮影旅行(1/2日目):

« 胸が痛む…… | トップページ | 土讃線・高知近辺撮影旅行(3/4日目) »