« パワーアンプの話 | トップページ | 暑中お見舞い+α »

2010年8月 2日 (月)

飯田線、旧型国電の頃

先日、飯田線の撮影結果のコメントで、vanagon714さんにお約束した旧型国電の頃の写真を何枚か、ご紹介しようと思う。

尚、殆どの写真は

Dscn5659_4

こんな世界(ハーフサイズのオリンパスPEN-EE)のネガから起こしているので、お見苦しい点はご容赦頂ければと思う。

飯田線を走った旧国で、いっとう話題性があったのはやはりこの車両だろう。

Img444521_4

京阪神の快速列車として名を馳せた、流線型電車のクモハ52。あれだけの名列車が、飯田線を最後の活躍場所としたのは、低屋根構造を必要としない線区だったことと、2扉クロスシート車の特色を生かしたいとの国鉄本社の意向があったためだという。豊川駅にて。

同じクモハ52の車番を写したものもあった。

Img444522_3

サボと共によくよく写しておいたものだと思う。これら2枚は、自分が乗車した急行「伊那」の車内から撮っている。1976年7月の撮影。

因みにクモハ52は、他の旧国に先駆けて1978年度中に廃車となっている。経年劣化が激しかったのだろう。但し独特の形状で名を馳せた列車であるから、2両が保存されている(1両は現在展示準備中)。どちらも京阪神快速時代の塗装に戻されている。

現在でも走っている117系の国鉄色は、この阪神快速色の伝統をそのまま受け継いでいる。旧国ではないけれど、ご参考までに117系国鉄色の写真も貼っておく。

Img550117_2

これは1994年12月に大阪駅で撮影したもの。窓が2段構造になっていない100番代車で側面がスッキリしている。

話を戻そう。

飯田線で比較的ポピュラーに見られたのは、クモハなら54、クハなら68の両形式だと思う。どちらも3扉のセミクロス車で、近郊型電車の元祖みたいな列車である。一般に51系電車との呼ばれ方をしていたようだ。

Img54754_3

両形式の2連、本長篠行きが豊橋駅で発車を待っている。クモハ54125+クハ68418。

「湘南型電車」として活躍した80系電車も、1978年頃から飯田線に入っている。飯田線での活躍期間は短くて、また入った車両は何れも全金属製の300番代車だった。

Img54886300_2

これも豊橋駅での撮影。クハ86304を先頭とする4連。全金属車はノーシル・ノーヘッダーで見た目は綺麗だが、旧国らしいリベットなどのボテボテがないので、少し物足りないかも知れない。

同じ80系の写真で、こんなのがある。

Img54986

始発駅・豊橋ならではの情景だが、以前は始発列車に、こうした発車時刻と行先を記した前頭板をわざわざつけていた。何と手間なことを、とも思うのだが、本数が少なかった当時でホームにはパタパタの発車案内表示もなかったから、こんな手作り的なことをしていたようだ。

最後に、ちょっと珍しい形式名の車両を。まずは車両外観から。

Img54564

電動制御の普通車で、尚且つ郵便車と荷物車を兼ね備えていた。つまり、形式名は

Img54664

こうなる。5つのカタカナを冠した形式名は大変珍しいと思う(身延線が旧国時代に、クモハユニ44が存在した)。因みにこの形式で存在したのは、この1両のみ。

末期に一旦、飯田線の標準カラー・スカ色に塗られたが、この車両にはぶどう色の方がいいとの意見が強かったらしく、1年程度でぶどう色に戻された経緯がある。当時の国鉄としては珍しいことだ。他の旧国同様、飯田線を最後の活躍場所として1983年に廃車となっている。これらクモハ52以外の写真は、1980年11月の撮影。

雑多な形式が混在した飯田線は、本当に楽しい線だった。

|

« パワーアンプの話 | トップページ | 暑中お見舞い+α »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
貴重な写真ありがとうございます。
この頃の飯田線は実に面白そうですね~
クモハ52もたとえば52-5ではなくて52005という表記も
面白いですね~
湘南型の電車も現役の頃を見てみたかったです。
最後のクモハユニ64000にもビックリですね。

投稿: vanagon714 | 2010年8月 2日 (月) 21時58分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
当時の飯田線は本当に雑多で賑やかでした。来る電車、来る電車、編成が異なるので、見飽きることがなかったように思います。
旧国の車両番号は、ハイフンが入りません。また、各車両番号も「1」から始まるのではなく「000」から始まります。必ず3桁の数字にしています。
ですので、湘南電車も含めて、クハ86024などと云う標記になっていました。
それにしてもクモハユニは国宝級の形式名ですね (^ ^)

投稿: vanagon714さんへ | 2010年8月 2日 (月) 22時38分

クモハ52 吹田の向上に補修&塗装し保管されていた頃に、目にした記憶がある程度です。
以前も記載したと思いますが、旧国とのかかわりは少ないのですが、見ているだけで、走行音が聞こえてきそうでワクワクして来ますね。

私が飯田線あたりを仕事でうろついたのは1987年以降なのですでに119系ばっかりの時期でした。しかし初めて見る車種、豊橋で名鉄を降りるといつもシゲシゲと眺めていました。

投稿: suzuran6 | 2010年8月 3日 (火) 16時41分

すみませんm(_ _)m

吹田の向上⇒吹田の工場 の誤りです。失礼いたしました。

投稿: suzuran6 | 2010年8月 3日 (火) 16時47分

飯田線に初めて乗ったのは1980年で時間の都合とボロイ電車に乗るのが嫌で急行「伊那」に乗りました。
今思えば「ゲタ電」に乗っておけば良かったと思います。
119系になってからは、長と子供を連れて18きっぷで乗りました。

投稿: N市のT | 2010年8月 3日 (火) 22時11分

>suzuran6さんへ
保存されてからの実車は見た事がないのですが、現在でも吹田の方は展示されている筈です。
近い将来、当市に鉄道博物館が開館し、もう1両のクモハ52が展示される予定ですので、再会したいと思っています。
旧国は元車が色々な形のものから「半強制的に」それぞれの形式に纏められているので、車番によって色々なスタイルがあって楽しかったですね。釣りかけモーターの音も、電車らしくて好きでした。
これらの旧国を置き換えた119系も余命わずかと云うことで……。時代の流れは早いですね。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年8月 4日 (水) 00時44分

>N市のTさんへ
私も飯田線を初めて通して乗った時は、同じく急行「伊那」でした。実際の旧国に乗ったのは、豊橋と豊川の間を3回程度だったと思います。当時は小遣いがなかったので、それが精一杯でした。
「伊那」は冷房付きの165系、すれ違う電車は皆オンボロ(貨物列車はEF10が牽いていました)で、ちょっと優越感を感じたものですが、私も今にして思えば……です。
せめて、119系の方で悔いが残らないようにしたいと思っています。

投稿: N市のTさんへ | 2010年8月 4日 (水) 00時52分

以前「鉄道ファン」に廃車となる飯田線の旧型国電を横浜駅で撮影した写真を投稿された方がいました。静鉄局の車両は大船工場まで廃回されるみたいですね。どうやら配線の都合横浜駅で折り返すみたいです。

その飯田線も“三代目”の車両に取って替わられる日が刻一刻と近づいていますね…。

投稿: リニモ1号 | 2010年8月 4日 (水) 08時27分

>リニモ1号さんへ
当時の旧国の標記は「静トヨ」「静ママ」で、飯田線は静岡管轄になっていましたね。静岡だと浜松工場を思い浮かべますが、大船でも廃車処理をしていたのですね。
小学生の頃、大船の工場付近に友人が引っ越して、会いに行ったことがあります。当時は名古屋工場も碌に知らずでしたので、電車やブルトレの屯する大船は、大変魅力的でした。
3代目は、他線区と代わり映えのしない車両となってしまいそうで、ちょっと残念です。予定を切り替えて、秋と冬に119系を撮りに行ける様に旅行先候補をいじくっています。

投稿: リニモ1号さんへ | 2010年8月 4日 (水) 23時44分

こんにちは。ようやくコメント入れれました。
当時の記憶と写真の照らし合わせにちょっと時間が掛かりました。
流電は見たかったですね~~。残っていたクモハ53(合の子でしたっけ?)も、79年と81年の訪問では見ることができませんでした。
豊橋駅での行き先案内は斬新でしたね~。飯田線、名鉄ホームが行き止まり駅だったのも忘れていました。
クモハユニ64は伊那松島で遠目に見かけた記憶があるのですが、写真がありませんでした。最初型式図で存在を知ったのですが、クモハユニというカタカナが5文字も並ぶことに、ゾクゾクした覚えがあります。この車両は確かクモユニ56の予備車として使われていたと思いましたが?
思い出すと飯田線は、EF1031といい、出会えず仕舞いの車両が多かったですね~。
貴重な映像、ありがとうございます。

投稿: tunnel_no2 | 2011年9月15日 (木) 12時55分

>tunnel_no2さんへ
こんばんは。
何分にも古い時代のことですから、記憶との照らし合わせにはお時間を要したことでしょう。私も完全に覚えている訳ではありません。
流電は’76年の訪問時に2回見れまして、必死で写真を撮りました。合いの子は仰せの通りクモハ53ですね。私も確か見れず仕舞いだったと思います。
クモハユニ64ですが、どのような運用を組まれていたのかは私も存じません。1両きりの存在でしたから、ことによると仰せのようにクハユニ56の予備として運用されていたかも知れないです(ただこれだとMT比が変わってしまうとの難点はありますが)。
他にも湘南型の荷物車・クモユニ81とか、2扉車のクハ47とか、実に雑多な車両が存在していて楽しかったなあと思います。
昭和54年にも下地駅を中心とした撮影の記憶がありますので、機会を見てまた古いネガを引っ張り出したいと思っています。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年9月16日 (金) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/35992879

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線、旧型国電の頃:

« パワーアンプの話 | トップページ | 暑中お見舞い+α »