« 常磐線+関東鉄道(1日目) | トップページ | 常磐線水戸近辺撮影結果ご報告 »

2010年8月21日 (土)

常磐線+関東鉄道(2・3日目)

2日目(8月20日)

関東鉄道は初日だけ。あとは常磐線の撮影になる。

朝は予定より少し遅れたが、9時03分の下りで高萩まで行ってみる。今回の撮影予定は、常磐線の水戸~高萩なのである。

高萩へ着くと、交流区間にはそぐわない車両が留置線に……。

Dscn0506209_2
間違いなく、京浜東北線で使われていた209系である。6両編成にされたものが4編成、留置されている。更に観察してみると、編成は1・2・3・7・8・10号車で組成されている。6ドアのサハは見当たらない。何にせよ廃車のための疎開留置だろうが、どうしてこう云う編成になっているのか、素人には判らぬ。

駅から少し離れた場所からも、撮影しておいた。

11時02分の上り電車で、一駅戻った十王で降りる。ここでは駅撮りをした後、駅付近の別の撮影場所にも行ってみる。

駅舎を出ると、妙な鉄塔(?)が目につく。

Dscn0515_2
近づいて見てみると、

Dscn0513_2
かなり古い代物のようだ。駅正面へ回ると、やっと説明板があった。

Dscn0516_3
川尻駅とは、平成16年3月までの十王駅の旧駅名。その「川尻駅」当時の遺物ということのようだ。

のんびり撮っていたので、既に昼を回っている。再び上りに乗り、また一駅の小木津で降りる。撮影予定地まで、徒歩15分程度だろうか。

辿り着いた撮影地の背後には、何やら怪しげな建物が建っている。

Dscn0519_2
これを背に三脚を構えるおっさんは、地元民から更に、怪しげに思われたであろう。然も列車の都合で、ここに1時間以上いたから、自分ながらに弁解が苦しい (^ ^;;;

警察に通報される前に、駅へ戻る。薄曇だが、それでも結構汗ばんだ。

この後、日立駅と東海駅でも降りて、駅近辺を撮る。「東海」とは、原子力発電所で有名なあの「東海」である。あれこれ撮るうちに夕暮れて来て、本日の予定は終了。

先月の飯田線撮影に比べたら、暑さは比の程ではないと思っていたが、夕食ではビール2杯があっという間に消費された。殊勝なものである。

3日目(8月21日)

朝は前日と同じ9時03分の下りで、佐和駅まで。少し撮った後、水戸へ戻って

Dscn0524

この様な乗り物に乗る(写真は別の行先のもの)。茨城交通のバスである。水戸駅と勝田駅の間の那珂川橋梁を撮りに行くのだが、「若宮団地」へのバスに乗ると橋梁まですぐだと、撮影地ガイドで教わった。

今回の撮影地ガイドはちゃんと当たっていて、当のバス停から5分も歩かぬうちに那珂川の築堤に着いた。

Dscn0527

列車の走っている写真は、後日までお待ち下され。今日もそれ程のカンカン照りではなく、川面の風が心地よかった。

1時間ほどで辞して、バスで水戸駅へ戻る。

本来ならこれで一路帰還と相成るが、今日はちょっと途中下車をする。今年の5月だったか、vanagon714さんのブログで、水戸から4つ上野寄りの「岩間駅」の跨線橋が古くて面白い、と教えて頂いてあるので、それを探索しようと思ったのだ。

Dscn0528

往路でも確かめておいたから、間違いない。幾つか興味深い点もあるので、この跨線橋については後日別記としたいと思う。

1時間観察して、たっぷり汗をかいてから、今度こそ帰路へ向かうとする。常磐線・京浜東北線・新幹線経由で、すんなり帰る。

17時10分発の「のぞみ」に乗り、10分もすると柔らかな西日が射し込んで来る。8月も下旬になり、日の入りが早くなったなと思った。

|

« 常磐線+関東鉄道(1日目) | トップページ | 常磐線水戸近辺撮影結果ご報告 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
岩間駅行かれたのですね~(^^)
跨線橋詳細楽しみにしてますね。
那珂川を渡ったのは記憶に新しいのですが、こうして見ると
大きい川だなあと再発見です。
私も時間を作って常磐線めぐりしたいなあと思います。

投稿: vanagon714 | 2010年8月21日 (土) 23時37分

209系はどこかへ配属されるのではないでしょうか?
ちなみに南武線の209系は4M2Tの6連です。
最近は都心部の狭い駅しか見ていませんのでなんだか広い駅を見たくなって来ました。

投稿: suzuran6 | 2010年8月22日 (日) 12時57分

常磐線も最近はなかなか行く機会がないので、しばらくぶりに行ってみたいです。
まだ古い構造物が残っているようなので見物したいですね。

209系はあちこちに疎開しているようですね。
私は一ノ関で留置してあるのを見ました。

投稿: N市のT | 2010年8月22日 (日) 21時03分

>vanagon714さんへ
こんぱんは。
お蔭様で労せずして古い跨線橋に出会ってきました。建築などに詳しくないので、どこまでの記事になるか判りませんが、後日掘り下げて記事にしたいと思います。
那珂川は広い川ですね。築堤から築堤までだとかなりの長さの鉄橋になっています。ああした広々とした景色は、心も広々とさせられて気持ちいいものです。
東北線より列車頻度も高いし、常磐線は退屈しない線だなと思いました。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年8月22日 (日) 21時47分

>suzuran6さんへ
209系の詳細は全く判りません。編成としては4M2Tになっていましたから、205系が走っている線での置き換え用途も考えられますね。
ただ、使われなくなって日が経つもので、既にブルーの帯が淀んだ色になっていました。
水戸辺りまで来ると、広々とした駅が幾つか見られましたよ。気分転換には手近でいいと思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年8月22日 (日) 21時54分

>N市のTさんへ
私も首都圏を除くと、常磐線は長いこと行っていませんでした。東北線ばかりでは飽きてしまうからと、趣を変えるために出向きました。
vanagon714さんのブログでも紹介されていた古い設備などがあちこちに散見されました。車両はロングシートばかりでしたが、建て替えられていない駅設備は、ちょっと興味が湧きますね。
一ノ関の構内も、言われてみれば広いですね。209系は廃車待ちなのか、他線区へ転属の改装待ちなのか、詳しく判りません。何れにしても京浜東北線を走っていた209系は膨大な編成数になりますから、疎開させられてしまいますね。

投稿: N市のTさんへ | 2010年8月22日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/36268668

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線+関東鉄道(2・3日目):

« 常磐線+関東鉄道(1日目) | トップページ | 常磐線水戸近辺撮影結果ご報告 »