« “相棒”交代 | トップページ | パワーアンプの話 »

2010年7月27日 (火)

飯田線プチ撮影結果ご報告

例の如く、先日出掛けたプチ旅行の結果をご報告したいと思う。

何しろ、思っていたよりも撮影時間が短くなってしまい、1枚を除き、36枚撮りのフィルム1本から拾い上げていることをご了承頂きたい。

Img537445m

旅行記の方では「大した場所でなかった」と書いた、三河大野~大海での「お立ち台ポイント」。攻略本で紹介されていた場所は、完全逆光となってしまうため、向きを180度変えている。「大した場所」ではなくとも、夏空を出来るだけ入れてみたつもり。暑さの寸分でも感じて頂ければ、と。

Img5381194

旅行記では「枯れアジサイがあった」と書いた場所での撮影。自分でも大した写真でないことは判っているが、もうすぐ退役となる119系が、4両で運用される姿は非常に少ないと思われるので、敢えてアップしておく。三河大野~大海にて。

Img539

大海駅で、時間潰しに撮ってみた一枚。改札跡のガラスに駅の情景が映りこんでいたので、カメラを向けてみた。出来るだけ自分が写らないようにと思って撮ったのに、原画ではかなり私が写ってしまっている。なので、インチキ(スキャン時にトリミング)して、ここへお出しするが、左側の赤信号の下に写っているのは私の右腕である。暑さで頭がヤラれたことにしておこう。

Img540119

旅行記の方では、8両編成の名鉄電車の写真を載せた豊川橋梁。JR飯田線の列車は長くて4両、場合によっては単行が走る。「単行電車」が走る線区は、JRではかなり限られるだろう。四国の7000系、西日本・東日本の「チョン行クモハ123」くらいしか思い浮かばない。車両が313系に置き換えられたら、どうなるのか気になる。現在のところ、313系に「牽引定数:1M」の列車は存在しないから。

Img541

これも大した写真ではないが、「駅」がお好きな方へ。真夏の真昼時、無人駅は限りなく無人駅であった。空っぽのベンチから、無人駅を感じて頂ければ幸いである。三河槙原駅にて。

Img542313

おまわりさんと雑談した直後の写真。右側に見えているのは宇連(うれ)川で、本来ならこれは定点比較のために撮った写真である。27年前に、ほぼ同じ場所から撮った写真があり、更に愚作ながら掲出させて頂く。

Img536

「飯田線」のイメージにピッタリの旧型国電。27年前だと、かようなアングルで撮影が可能だったのだ。歳月の経過により樹木が育ち、同じアングルが不可能であることはご理解頂けたかと思う。何れも三河槙原~柿平にて。

Img543119

これも旅行記では「素掘りのトンネル」の横から俯瞰した、と書いた。まあ、こんな感じの場所だ。アングルとしては終日逆光なので、良い撮影地とは言えないだろうが、逆光ならではの光加減も楽しいのではなかろうか。119系なら車体が白いので、列車が陰に潰れてしまわないのも好都合だ。湯谷温泉~三河槙原にて。

Img544

車道の方は素掘りトンネルになるが、列車のトンネルはちゃんとΩ型になっている(なっていなかったら、大変なことになる・笑)。三河槙原の駅から、300ミリの望遠レンズで引き寄せてみた。1.4倍のテレコンは、ピントが甘くなりがちなので、使わなかった。短い隧道を抜ける電車も、また一興ではなかろうか。

飯田線の、極めて南部だけを限定で写してみた。まだまだ面白い場所は多くに散らばっているはずだ。119系がなくならない内に、再訪してみたいと思っている。

愚作にお付き合い頂き、有難うございました m(_ _)m

|

« “相棒”交代 | トップページ | パワーアンプの話 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

駅好きの私としては、なにか涼しげな無人駅で「ぼぅ~と」していたいですね。
新旧の比較写真では、味のある古い架線柱が残っているのが嬉しいです。

投稿: suzuran6 | 2010年7月28日 (水) 11時31分

>suzuran6さんへ
現実の駅は暑かったのですが、それでもぼぉ~っとしていました。
時間の贅沢が出来て、いい気分でしたね。あののんびり感、大変好きです。
架線柱は多くの部分で古い鉄塔型が残っていました。新旧の比較写真でも全く変わっていませんね。古いローカル私鉄の雰囲気があって好ましいですよね。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年7月28日 (水) 20時01分

飯田線は昔の雰囲気が残っていていいですね。
もう少し涼しくなったら無人駅でまったり★beerして長椅子でお昼寝したいですsleepy

投稿: N市のT | 2010年7月28日 (水) 21時02分

緑が生い茂っていて夏らしいですね。
私は最後のトンネル写真がお気に入りです。
短いトンネルも絵になるのですね。

旧型国電の写真を見ると飯田線という感じがしますね。
仰るとおり定点撮影は樹木が伸びたりしてうまく撮れないことが
よくあります。

名鉄電車が8両で渡る鉄橋をJRが単行とは寂しいですね~
無人駅は駅員も乗客もいない本当に無人な駅だったのですね(笑)

投稿: vanagon714 | 2010年7月28日 (水) 21時25分

>N市のTさんへ
飯田線って、電車だけが変わって、その他の風景が結構、時代に置いてきぼりにされています。面白味がありますね。
無人駅が多いですから、涼しくなったらbeerするのに持って来いです。T爺さんを拉致して、出掛けましょう。

投稿: N市のTさんへ | 2010年7月28日 (水) 23時51分

>vanagon714さんへ
暑かっただけに、「夏」らしい写真が多いと思います。撮っている時はヘトヘトになっていますが、涼しい室内で見ると「頑張って撮ってよかった」と思います。
トンネルは色々な撮り方があって楽しいと思います。
定点比較はN市のTさんの十八番ですが、樹木の茂った現場を見て、難しさを実感しました。
豊川橋梁は、名鉄にとっては「本線」、JRにとっては「ローカルの飯田線」との立場にあるようです。単行は、豊橋と豊川(新城の場合もあり)の短区間運転限定ですが、ちょっと寂しいですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年7月29日 (木) 00時00分

>樹木の茂った現場を見て、難しさを実感しました

そうなんですよ、おさかなさん。
ん十年の歳月が植物を成長させ立入が困難になった場所が数多くあります。
大沼のお立ち台がそうですね。D52が走っていた頃はたくさんの人が出入りしていて植物も育たなかったのですが、人が入らなくなってどんどん植物が成長し現在では立入困難になってしまいリタイヤしました。

投稿: N市のT | 2010年7月29日 (木) 09時29分

>N市のTさんへ
大沼のお立ち台は有名でしたよね。樹木の成長だけは止められませんから、伸びてしまったらそれでアウトですね。
余り好ましいことではないのですが、逆に新規に陸橋などができ、それがいいお立ち台になる場合もあります。
更に逆に、陸橋が出来たためにお立ち台が定点比較できないほどの状態になってしまうこともありますしね。
「追いかけっこ」みたいなものだなと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2010年7月29日 (木) 15時26分

こんばんは。
岬めぐりの歌を検索したらYoutubeで動画付きのものがあったのですが、
なぜかバスではなく電車が写っています。
それがどうも半流旧国のようで飯田線なのかなあと思いました。

http://www.youtube.com/watch?v=bFFWXWJkfZM

よろしければ見てみて下さい。

投稿: vanagon714 | 2010年7月30日 (金) 23時29分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
お教え頂いたYouTube、早速拝見してみました。
仰せの通りで間違いありません。飯田線です。ただ、あの旧国は「半流」ではなく、関西圏で1940~50年代に活躍した「流線型」そのものです。クモハ52と云う形式です。
それにしても「岬めぐり」の歌をバックにあの画像ですので、私は涙を流してしまいました(私はかなり涙脆いのです)。昭和の臭いがプンプンします。
近い内に、飯田線で旧国が走っていた当時の画像をアップしたいと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年7月31日 (土) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/35912694

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線プチ撮影結果ご報告:

« “相棒”交代 | トップページ | パワーアンプの話 »