« コンデジ新調 | トップページ | 石北線下心アリ旅行(3・4・5日目/撮影) »

2010年6月 1日 (火)

石北線下心アリ旅行(1・2日目/往路)

1日目(5月31日)

またまた唐突ではあるが、今日は

Dscn0054
に居たりする。

昨日の朝、名古屋を出発して、少し寄り道もしながら辿り着いた。ここまでの経路などをなるべく簡潔にご紹介しようと思う。

いつもの千種駅からスタートし、中央線でそのまま松本方面へ向かう。前回(1月)に北海道から帰る際、中央線経由で名古屋へ戻ったのだが、その途中、ケータイゲームのお蔭で不快の念を抱いたことをあとでブログに書いた。それで、今回はもう一度楽しかった札幌へルートごと逆戻りして、不快の思いを払拭しようとの思いがあったのだ。

さて、中央線経由だから、一々詳しく書くこともなかろう。で、乗った電車の方向幕を順にご紹介して、簡略させて頂く。

中津川までは快速電車。そこから一日に1本だけのJR東の車両を使う、10時10分発の松本行きで塩尻まで行く。

Dscn0012
3両連結なのでワンマン運転ではなく、車掌の肉声でアナウンスが聞けるから、ちょっとホッとした気持ちになる。

塩尻からは直ぐの接続で

Dscn0013
これで、韮崎(にらさき)まで乗る。乗り継ぎの加減で、終点の甲府より手前で降りる。

韮崎からは、ここを始発にする

Dscn0016
これで、大月まで向かう。甲府行は長野車両区の車両、大月行は東京・豊田車両区の車両である。乗り継いで気がついたのだが、両者では手洗のあるクハの位置が逆なのだ。

このあたりを走る115系電車はクハ-モハ-クモハの3両連結が基本になるのだが、長野の車両は東京方にクハ、豊田の車両は長野方にクハなのだ。手洗が近い私はなるべくトイレのあるクハに乗りたがる。それで、両者の違いに気付いたのであった。

まあ、ご説明はこれぐらいとして。

大月へ着くと、今度は一気に

Dscn0019
これになってしまう。せめて高尾まではBOX席で行きたかったのだが、列車の接続の都合でここから、もう国電型ロングシートになってしまう。ちょっと味気ない。

乗っている内に学校の下校時なども重なり、だんだん車内が混んできた。この後は御茶ノ水で乗り換えて一駅の秋葉原へ、そして京浜東北線で上野へというコースである。秋葉原で乗り換えの際に、一旦改札を出て、少し早めの夕食を済ませておいた。

上野からは、

Dscn0022
これで一気に北海道へ向かう。指定券は、早めに押さえておいたから、安心して乗れる。

普段は夜行列車でいつまでも夜景を眺めるのだが、この所少々寝不足なので、22時半頃にはもう寝てしまった。

2日目(6月1日)

車掌の「間もなく函館です」の案内放送で目が覚める。知らない内に北海道に入っていた。
まだ6時半だ。札幌へ着くのは11時15分だから、放送を無視して寝直す。

その後、「間もなく森です」「間もなく八雲です」「間もなく長万部です」……と延々と目を覚まされ続けたが、9時32分の東室蘭到着まで意地で布団に包まっていた。

やっと起き出して、ちょっとメールなどを打つうちに苫小牧になり、少し乗っていると

Dscn0025
石勝線の分岐が見え(列車の走っていない方が石勝線)、

Dscn0026
空港線の分岐も見え、南千歳に着く。南千歳は、以前は「千歳空港」を名乗っていた途中駅だったが、今では鉄道分岐の重要なポイント駅に変わった。
ここから、札幌まではほんの30分ほどだ。

札幌で駅弁を買い、11時30分のスーパーカムイに乗り継ぐ。先日vanagon714さんが記事にされていた岩見沢を12時頃に通るので、そこを過ぎてからゆっくり駅弁を食そうと思う。

11時53分、岩見沢着。何とか車窓に跨線橋が見える。

Dscn0031 
コラボにはならないけれど、「私もしっかり観察しました」と云うことで。
この後で見た、深川駅の跨線橋も味のあるものだった。

あ、因みに札幌で買った駅弁は

Dscn0032
「やまべ鮭寿司」であります♪ 美味しかった。

乗り継ぎになる旭川駅は、現在、橋上駅舎工事中で、今年の10月10日に高架線ホームが開業とある。旭川名物の

Dscn0036
富良野線へ向かうロング地下道も、今回で見納めのようだ。

旭川では少し待って、普通列車の上川行に乗る。今回の渡道は石北線の旭川~上川の撮影が目的なので、ロケハンがてら上川まで行こうということである。

持参の地図と睨めっこしながら、好撮影地を探す。ある程度の撮影の目星はつけれたと思う。

当初の予定では、今乗ってきた列車の折り返しで上川へ戻る予定だったが、上川駅付近でちょっと撮れそうな場所を見つけ、予定を変更する。乗ってきた列車の折り返しを撮影してから、特急の「オホーツク6号」で旭川へ戻っても、旭川の到着時刻は5分しか違わない。

Dscn0053
背景の大雪の山々が綺麗な上川駅であった。

明日から3日間は、撮り鉄に徹する予定である。

|

« コンデジ新調 | トップページ | 石北線下心アリ旅行(3・4・5日目/撮影) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

おさかなさんはじめまして
vanagon714さん、Ncity-Tさんのリンクから拝見させていただいておりました。実は旭川在住なもので駅の写真に驚きながら初コメントさせていただきます。
例年ですと半袖の用意をする時期なのですが、春から低温が続きここ最近やっと平年並みの気温に上がりつつありますが朝夕はまだまだ冷え込んでおりますのでお気をつけください。

投稿: kattsu | 2010年6月 1日 (火) 22時33分

>kattsuさんへ
はじめまして。ようこそお越し下さいました。
私もお名前だけは、vanagon714さんのブログで拝見しておりました。
今回は縁あって、旭川に泊まっています。貴兄がこちらにお住まいとは存じませんでした。今日から4連泊します。
気候についてのご忠告、有難うございます。実は私もどのような服装をすればよいか判らず、vanagon714さんにお尋ねして、ある程度の厚着を持ってきました。今日の昼間は暖かかったようですが、15時くらいのにわか雨を境に、ちょっと涼しくなったようですね。
これから3日間、風邪を引かないように撮り鉄に勤しみたいと思います。

投稿: kattsuさんへ | 2010年6月 1日 (火) 22時47分

こんばんは。
ようこそ北海道へ、長旅お疲れ様でした。
今日から4日間ゆっくり撮影楽しんでくださいね。
白ボウズくんにうまく遭遇すると良いですね~

投稿: vanagon714 | 2010年6月 1日 (火) 23時07分

今年は寒いようなので風邪をひかないように注意して下さい。
白ボウズをキャッチ出来る事をお祈り致します。

投稿: N市のT | 2010年6月 2日 (水) 06時13分

vanagon714 さんへのコメントを見て「んっ?」と思っていたのですが、やはり‥
私は駅から徒歩5分位の所にある「青葉」のラーメンが好きです。
あと「梅光軒」も有名ですね。
ラーメンで温まってください。

投稿: suzuran6 | 2010年6月 2日 (水) 11時53分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
北海道は、やはり空気の透明感が強いですね。
少し街から出外れると、胸の透く思いがします。
取り敢えず今日は白ボウズ君に遭遇しませんでした。下心(その1)は叶っていません。また、水鏡(下心その2)も予想に反し、撮影に至りませんでした。
明日は天気が良くないようですので、代案を考えようと思っています。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年6月 2日 (水) 19時16分

>N市のTさんへ
オホーツクの札幌方は何れもスラントノーズで残っていますが、反対側が1500番台(又は3500番台)ばかりで、今日は出会えませんでした。
厚着も持ってきましたが、今日のところは暖かくてセーターも脱いでの行動でした。
明日はちょっと天気が悪いようなので、セーターの出番になるかと思います。最高気温もあまり上がらないようです。

投稿: N市のTさんへ | 2010年6月 2日 (水) 19時20分

>suzuran6さんへ
はい、そうなんです。ここまで来てしまいました……。
それはそうと、美味しいラーメン情報を有難うございました。
普段からグルメには縁がないので、適当な店で済ませていましたが、今日は教えて頂いた「梅光軒」へ行って参りました。
昨日も別の店でラーメン等を食しているのですが、梅光軒の方があっさりしていて、値段も安く済みました。
2晩続けてラーメンでしたので、明日は違う場所へ行くかも知れません。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年6月 2日 (水) 19時27分

「梅光軒」はN市にもあります。
おさかなさんが普段泳いでいる池下付近にあります。
味は旭川の本店と少し違うようです。

投稿: N市のT | 2010年6月 2日 (水) 20時20分

私は小学生時代まで旭川で過ごしたので何だか呼ばれたような
気がしました。

旭川駅の新駅舎の概観は去年北大病院勤務の先輩が撮った写真を
見せてくれたのですが、一度生で見てみたいです。

旭川駅の地下道の写真見ていると、何だか熱海駅や沼津駅の
地下道を思い出しますね。

ラーメンの件ですが、「梅光軒」には行ったことがないです。
「蜂屋」にはよく行ってました。またあまり有名でないですが、
常盤公園の近くに「一味軒」というラーメン店があります。
みそラーメンが売りで「知る人ぞ知る」店らしいです。
実は私の小学校時代の同級生の家族が経営している店(今は
跡継ぎしたのかは不明)です。

あと、特急の「スーパーカムイ」に対抗して、札幌近郊の731系は
冬場は「スーパーサムイ」と揶揄されています。

投稿: 幹星丘2一利用者 | 2010年6月 2日 (水) 20時36分

>N市のTさんへ
池下は、仕事でもプライベートでも、それ程赴く機会がありません。
当然、梅光軒も知らずにおりました。チェーン店なのでしょうか?
少なくとも、旭川の店はあっさりしていて、大変美味でした。
N市の店も、機会を見て一度行ってみようと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2010年6月 2日 (水) 20時53分

>幹星丘2一利用者さんへ
そうそう、以前は旭川に居られたのですね。
旭川の駅舎は、以前とすっかり様変わりしました。
貴兄がご存知の昔日の面影は、全くないと言っていいでしょう。
富良野方面へのロング地下道が好きで、富良野線に用がなくてもわざわざ地下へ降りたりしていました。今回が見納めと思うと残念です。

私はグルメには縁がないので、いつも聞きかじりの知識だけで行動しています。常盤公園は少し離れているようなので、行くのは無理だと思いますが、少なくとも梅光軒は入って損のない店だと思いました。

スーパーサムイは、よく取り沙汰されますね。同じ造りである、との点から、キハ201系もスーパーサムイだと思っています。

投稿: 幹星丘2一利用者さんへ | 2010年6月 2日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/34998294

この記事へのトラックバック一覧です: 石北線下心アリ旅行(1・2日目/往路):

« コンデジ新調 | トップページ | 石北線下心アリ旅行(3・4・5日目/撮影) »