« 小田原近辺撮影旅行結果ご報告 | トップページ | さくらちる »

2010年4月 9日 (金)

ツーステUDがやって来た

Dscn5842n345

私の勤めているバスの営業所は、元々は日野車ばかりの車庫であった。

15年ほど前に現在の車庫へ異動して以来、日野車のハンドルを持つ機会が多いことに変わりはないが、職場の環境変化で現在では国内4メーカー全てのバスが配属されている。但しこれは、ノンステップバスに限っての話である。

今までに、ふそうやいすゞのツーステップ車は他車庫から移動して来たことがあり、何度か乗務の機会もあったのだが、 UDのツーステップ車は台数的にも限定されていて、私共の車庫へ来ることがなかった。私も、恐らくUDのツーステだけはハンドルを握る機会がないだろうと踏んでいた。

ところが。

この4月から他車庫より1路線が路線移譲になり、それに伴い2両の車が移動して来た。その「2両」が選りにも選って、ツーステのUD車なのだ。詳しい事情は省くとして、まさか、の車が私たちの車庫へやって来た。

そして先日、早々と乗務の機会があった。おっかなびっくりで乗ったツーステUD車の「超個人的感想」などを書こうと思う。

まずは運転席周りの写真を。

Dscn5841ud
比較用として、日野車の運転席周りもご参考までに付け加える(あまり上手な比較写真ではなくて恐縮だが)。

Dscn5846 
最初に私が思ったのは、「チェンジレバーが、かなり後方にあるなあ」ということだった。いすゞやふそうに乗った時に、こんな感想は抱かなかった。また、現在続々と入っているノンステのミッション車にしても同じこと。いつもの癖でギアのありそうな所へ手を差し伸ばすと、スカを喰らってしまう。
これは心しないと、咄嗟の時に危ないことになりそうだ。

運転を始めて、また驚いた。
今時のFFシフト車は、チェンジする時に「プシュッ」とかの音がして、ギアが入った手応えも指先で感じられるのだが、このUD車にはそれらが全くない。音がしなくて手応えもなくては、ギアがちゃんとチェンジできたかどうかが判らない。実際に、チェンジが入っていなくて、ニュートラルのまま空ぶかしをしてしまうことが何度もあった。ギアチェンジも割と遅いように感じられる。

このタイプのUD車全てが、こう云う仕様なのか、私が乗った車だけがたまたまそうなのか、もう一台の方に乗務してみなければ判らない。全てがこうならば、結構、熟練を要する車に思えてしまう。

また、ブレーキングも一癖ある。と云うか、踏み込まないとブレーキが利かない。これは、それこそ「慣れ」の世界だろうが、他の車と同じつもりでブレーキを踏むと、停車予定位置を通り過ぎてしまう。一度だけ強いブレーキを踏まねばならないことがあったが、やはりスーッと流れてしまい、考えていたより5mくらい行き過ぎて停車した。前方の車の急停車によるものだったら、追突していただろう。ゾッとする。

最初の写真でお判りのように、車体は富士重である。私共の職場では、ツーステのUDは富士重架装しか存在しない。

これも「慣れ」の話であろうが、富士重ボディは右のサイドミラーも左ミラーと同様に前方へ突き出ているのが特徴である(最後期にはそうでない車もあるようだが)。運転席から見ると

Dscn5844ud
こんな感じで、慣れない物が右前方に飛び出ているイメージがある。逆に言えば、いつも見慣れている位置で右ミラーを見ようとすると、これまたスカを喰う。

最後に、運転席周りを見回してみて、もう一つ気になることがあった。今の時期はいいのだが、夏になると冷房の吹き出し口の遠い車は、運転席が暑くて敵わなくなる。その冷風吹き出し口は

Dscn5843ud
結構遠かったりして……。

今回移動してきた2両は、年式から考えて、今年度一杯で廃車になる車のようだ。私の営業所には合計107両の車があり、その内の2両だから運転する機会は限られるとは思う。

でも、どちらにしても、私の個人的な感想としては「あまり乗務したくないなあ……」。

UDファンの方が居られたら、ゴメンナサイです。

|

« 小田原近辺撮影旅行結果ご報告 | トップページ | さくらちる »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

UDのツーステ車に乗れていいですね~。
私も1回乗ってみたいです。

投稿: N市のT | 2010年4月 9日 (金) 22時09分

こんばんは。
実際に乗務されていないと分からないことばかりで興味深いお話です。
シフトレバーの位置って重要ですよね。
我が家のエブリィ・バンはインパネからシフトレバーがはえています。
通常シフトレバーがありそうな位置にはカップホルダーがあって
よく水筒を入れておくのですが、ときどき水筒の頭をつかんで
シフトチェンジしそうになります。
やはりマニュアル・ミッション車は自然な位置にシフトレバーが付いていて
ほしいですよね~

投稿: vanagon714 | 2010年4月 9日 (金) 22時54分

レンタカーを出張などで良く使うのですが、
右折をしようと思い、ウィンカーを出してしまったり‥
サイドブレーキの位置がわからず発信できなかったり‥
シフトレバーの空振りも頻繁にありますが‥
素人には笑い事で済まされても、プロの方には笑っては居られない事柄でうよね。

投稿: suzuran6 | 2010年4月10日 (土) 09時20分

N並のバスには高校時代通学でよく乗りました。当時は桜通線が開業していなくて、I池からバス利用でした。利用頻度からすると、G器所(幹線6の大半、41の一部、30のリフトバス)>N並(30の大半、幹線6の一部)>>N尾(41の大半)>N古野(30の一部)でした。
当然ながらN並=UDという印象があります。

投稿: リニモ1号 | 2010年4月10日 (土) 15時47分

>N市のTさんへ
私も初めは楽しみ半分で乗り出したのですが、チェンジが変わったのが全く判らないのに音をあげてしまいました。
ブレーキングとかは慣れれば何とかなりますが、総体的に乗り難いイメージがあります。
6気筒のツーステS車で富士重ボディの車と、感じが似ています。
本文に書き忘れていましたが、エンジン音は割と静かで、この点だけは好印象です。

投稿: N市のTさんへ | 2010年4月10日 (土) 21時36分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
MT車では、ハンドルの次に重要なのが、シフトレバーではと思います。扱いやすい位置につけてほしいものですよね。

〉我が家のエブリィ・バン
1月にお邪魔した際に乗せて頂いた車ですよね。私もインパネからニョキッと出ているシフトにちょっとした不思議さを感じました。
〉ときどき水筒の頭をつかんで……
思わず笑えてしまいましたが、運転しているご本人にとっては重要な問題ですよね。
今後何回ツーステUDを運転する機会があるかは不明ですが、失敗のないように過ごしたいものだと強く感じています。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年4月10日 (土) 21時48分

写真の車、昨日(金曜日)朝にHヶ丘で見かけました。

UDのシフトレバーもプシュッと音はしますが、他メーカーの車に
比べると弱弱しい音ですね。
H丘12のオールノンステップ化以来1年ぶりにHヶ丘にUDの
ツーステップ乗り入れが復活したことになりますね。

JR北海道バスも某市営バスからの譲渡でそれまで全くなかった
UD車が入りはじめ、その後新車やK浜急行などからの中古も
増えましたから、評判は良いのだと思います。
H海道中央バスは、基本的に札幌エリアの営業所にしかUD車の
配置をしていないです(高速車は別として)。

投稿: 幹星丘2一利用者 | 2010年4月10日 (土) 21時55分

>suzuran6さんへ
自分一人の失敗ならば笑って過ごされますが、仰せのように「二種免許」は人々から厳しい目で見られます。
チェンジの繋ぎ方が荒いだけでも、悪印象の対象となってしまいます。
最近では大型車のパーキングブレーキも2タイプあり、ぼんやりしていると手を差し出したところにレバーがなくて、焦ることがあります。こんなのが堂々と路線バス運転手をやっているのですから、名古屋の街は大変危険なのではと、邪推しております(苦笑)。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年4月10日 (土) 22時00分

>リニモ1号さんへ
車番からもお判り頂いているようですが、N並からの移籍車です。N並にUDが入るのが当たり前、と云う時代に入った車ですね。
私にとっては大変馴染みの薄い車種でありますが、プロである限り、どんな車種であろうと乗りこなさなければいけません。乗客として乗っていた時には気付かないことばかりでしたが、かくも乗り難いとは想像外でした。
〉N古野(30の一部)
現在の職場に入った当初は、これを担当していました。リニモ1号さんのお年から逆算すると、私が運転したバスに乗って頂いたことがあるかも知れませんね。

投稿: リニモ1号さんへ | 2010年4月10日 (土) 22時12分

>幹星丘2一利用者さんへ
この車両は、幹H丘1系統と幹I社1系統での限定使用となりますので、今年度内はHヶ丘で見られる機会が多くなると思います。
自分が客として乗っている際には確かに「プシュッ」とチェンジの音が聞こえたのですが、運転席に座ると全く聞こえません。エンジンから最も遠い位置に座り、尚且つ遮光幕で音も遮断されますので、聞き辛くなるのでしょうね。
八都県市に指定されていない場所の事業者さんは、今は評判云々で車を選んでいる場合ではないのでは、と思います。長引く不況で、少しでも安い車なら、メーカーを選んでいる余裕はないように思いますが、如何でしょうか。

投稿: 幹星丘2一利用者さんへ | 2010年4月10日 (土) 22時27分

こんばんは。
この前はありがとうございました。


そちらにもついに民生が稼動しはじめましたね。
N尾に行った3台は早くも右ミラーが通常のアームに変えられてしまったようです。
こちらなんて初期のノンステですらこの形です。

日野も昭和59年の棒シフト車まではこの形状だったので懐かしく感じませんか?(笑)

自宅から民生エンジンが聞けるとは思ってもみませんでした。
可愛がってあげてくださいbus

投稿: 企4 | 2010年4月12日 (月) 21時18分

はじめまして、Shuttle7と申します。
まさか野並からこんなのが来るとは思いませんでしたねぇ。
まあ、UDと富士重ファンの私にとっては嬉しい限りですが(笑)

利用客の私から見て、UDは比較的良い車に見えたんですが、やはり欠点の一つや二つはあるものなんですね。
でも、趣味者である私にとっては、そんな一つ一つの欠点も、UD車らしく見えてきて良いと思います。
運転士さんの立場から見ると、笑い事じゃ済みませんが…(^^;

投稿: Shuttle7 | 2010年4月12日 (月) 21時25分

>企4さんへ
こんばんは。こちらこそ楽しい時間を有難うございました。
私共の車庫へ、その昔いすゞの富士ボディが来た時は、1ヶ月くらいでミラーが運転席脇へ付け替えられました。皆が「運転しづらい」との要望を出したもので。
今回は、どうなるかな……。職制次第だとの話ですが。
昭和59年の棒チェンジには、私は殆ど乗務の機会がありませんでした。まあ、その昔にスクールバスでREに乗っていた当時は確かにこの形でしたが、今は窓際ミラーに慣れてしまったのでどうも不都合ですね。
貴宅のお近くを幹H丘1が走っているのですね。
少なくとも年度内は、民生サウンドをお届けすることになると思います。

投稿: 企4さんへ | 2010年4月12日 (月) 23時35分

>Shuttle7さんへ
はじめまして。
コメント頂き有難うございます。
本当に思わぬ車種が、N並からやって来ました。昨年末からそんな噂は立っていたのですが。
ファンの方から見れば、UDらしさを出した最後の車両と言ってもいいかと思います。エンジンの音も、その昔の2サイクル時代とは打って変わって静かなものに変わりましたが、音程に雰囲気だけは残っているなと思います。
私もお蔭様(?)で、ツーステに関しても4メーカー全ての乗務経験アリ、と云うことになりました。早く体が慣れてくれれば……とも思いますが、他の3メーカーとは異なる点が多いと思います。
慣れた頃に、「今年度」が終わってしまうかも、です(苦笑)。

投稿: Shuttle7さんへ | 2010年4月12日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/34140427

この記事へのトラックバック一覧です: ツーステUDがやって来た:

« 小田原近辺撮影旅行結果ご報告 | トップページ | さくらちる »