« 春の珍客 | トップページ | ツーステUDがやって来た »

2010年4月 4日 (日)

小田原近辺撮影旅行結果ご報告

過日こちらで書いた、東海道本線の写真が上がってきた。少しご報告が遅くなってしまったが、いつものように駄作のオンパレードにお付き合い頂ければと思う。

Img485185

何しろここをトップに撮りに行ったので、ここからお載せしなければ話が始まらないだろう。紀行文にも書いたように曇天で、海の色が冴えないのが残念だ。写真は国鉄最終期に作られた185系電車の「踊り子」号。基本的には113系などと同様の制御方式なので、走り去るモーター音が心地よかった。根府川~真鶴にて。

Img486
三流鉄道写真家として、誰しもが撮る写真だけでは満足いかないので、「困った時の広角頼り」等と言いながら、24mmの広角レンズで同じ場所から撮影してみた。空が晴れ渡っていれば多少はモノになりそうだが、モノにならなかったのは天気の所為だと言って誤魔化しておこう。

Img487233
早川駅から「徒歩20分」と書かれていて、実際には40分かかってしまったという撮影地にて。左側の桜が満開であれば曇天なりに絵になったと思うのだが、色々と条件が厳しかったようだ。ただ、現在のところ東海道筋で1編成しか存在しない233系が来てくれたのは、嬉しかった。早川~根府川にて。

Img488
東海道本線でありながら、無人の駅があることを今回初めて知ったのだが、根府川とともにこの早川駅も時間限定で無人駅になってしまうらしい(Suica導入の影響が大きいかと思われる)。確かに乗降客は少ないようで、寒い夕刻のホームには人影が見当たらなかった。

Img489
鴨宮付近で、紀行文には書かなかった撮影ポイント。小さな流れがいい具合にカーブしていたので、勝手に「絵になる」と思い込んで撮ったもの。スローシャッターで、列車を敢えて流してある。根府川の鉄橋は誰が撮ってもああなるから別として、個人的には今回はこの写真が一番気に入っている。流れは地図によると「酒匂堰」と呼ぶそうな。国府津~鴨宮にて。

Img490
神奈中バスで出掛けた相模貨物ターミナルでのショット。この古めかしい標識は、国鉄時代からのものなのでは……と思って撮影しておいた。JRになってからでももう20年以上経つから、真偽の程は判らない。ともあれ、見る者の目を引き寄せる存在であることは確かだ。

Img491
同じく相模貨物ターミナルにて。コンテナが置かれて、路面もアスファルトで埋め戻してあるが、以前は間違いなくここにもレールが敷かれていたようだ。屋根のある部分の真下だから、駅扱いの貨物があった当時は、ここで手積み手卸の作業が行われていたのではと拝察する。貨物の衰退は寂しいが、こうした「遺構探し」も結構面白いものである。

Img492
一目瞭然だが、今回行った中では最東になる茅ヶ崎駅。若者に人気の地名を強調しようと、また広角レンズのお世話になっている。地面に据え置きの駅名標がないから、こんな形の写真になってしまったが、「若者に人気の地名」の駅は存外ホームの梁などが古めかしいことも、この写真からお判り頂けるかと思う。湘南カラーの113系がある時代に撮っておけばよかったなと思う写真ではある。

***

天候にはそっぽを向かれ、寒さも加わって、納得のいかない写真が多かった。

もっとも天候が良くたって、撮影者の腕が腕だから、どちらにしても大して変わりがないかな……  (^ ^;;;    

|

« 春の珍客 | トップページ | ツーステUDがやって来た »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
185系懐かしいですね~
一度だけ乗車したような記憶がありますが・・・曖昧です。
それにしても電化区間での撮影は難しいですよね。
鉄橋を渡る写真も一発勝負ですね。
東海道線もいつか時間をかけてゆっくり見て回りたいです。

投稿: vanagon714 | 2010年4月 4日 (日) 22時12分

185系登場時には、それまでに国鉄車両には無かった、斜めのラインで「うぉっ!」と驚いたものです。先日高崎で別の塗装のお仲間にお会いしました。阪急・京阪などの特別料金のかからない特急車両と同等と感じられ、私の心の中では特急車両とは認識されていません。
私は『駅』が好きな様です。4枚目のホームの写真がお気に入りです。

投稿: suzuran6 | 2010年4月 5日 (月) 08時37分

フィルムカメラの良さを改めて感じさせられる写真ですね。


で、川の写真ですが「酒匂堰」ということは、酒匂川でしょうか?

私は実は小学生の頃からこの川を知っています。
というのは、当時旭川市の小学校で採用されていた社会科の
教科書にこの川が出てきたんです(たしか「自分の住む町を
詳しく知ろう」みたいな趣旨の内容)。
「へーこれで「さかわ」と読むんだ、」と思ったものです。

あと早川駅ですが、確か去年の1月時点で自動改札機は
なかったです。suicaのリーダーはついていました。
無人駅になる時間帯があるんですね。

投稿: 幹星丘2一利用者 | 2010年4月 5日 (月) 20時57分

>vanagon714さんへ
最近は通信用のケーブルが無闇矢鱈と電柱に垂らされており、架線と相俟って電化区間の撮影が難しくなりました。
ある程度目立たないケーブルについては「ご容赦下さい」みたいな気持ちで写真を撮っています。やっぱ、ハエタタキの時代の方がよかったですね。
185系電車も国鉄時代のものですから、いつまで走ってくれるかは判りません。東海道線をお楽しみがてら、ご乗車の機会があるといいですね。
因みに宮脇俊三さんの著書で、東海道線のこの区間を「ローカル線」と間違えられた方がある件が書かれています。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年4月 6日 (火) 01時24分

>suzuran6さんへ
東京口に185系0番台が登場した当時は、国鉄離れした塗装が話題を呼びましたよね。
ただ内容は仰せのようにお粗末で、2扉・押し倒し式の転換シート(登場当初)など、「国鉄特急」の伝統を打ち破る車両として、こちらの意味でも話題になりましたね。
その後は「新幹線リレー号」のために200番台まで登場する始末で……。現在でも「新特急」としての使用が多いようですが、口の悪い人に言わせると「ぼったくり特急」に相当するようです。
『駅』の表情は私も好きです。今回は色々な面で余裕がなく、駅の風景を余り写せられませんでしたが、次回以降、またあんな写真を撮ってみたいと思っています。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年4月 6日 (火) 01時40分

>幹星丘2一利用者さんへ
酒匂を「さかわ」と呼ぶのは、幹星丘2一利用者さんのコメントで初めて知りました。私の持っている地図では「酒匂川」ではなく「酒匂堰」と書かれているので、敢えてそのままの書き方をしておきました。小川なのだから「酒匂川」で構わないと思うのですが、詳しいことはよく判りません。

早川駅は、先日降り立った際にはICカード読み取り機が設置されていました(自動改札もあったような記憶です。詳しくは忘れました)。駅員さんは委託らしい方が時間を区切って窓口に立たれているようで、駅員のいる時間が細かく張り出されており、それ以外の時間は「自由にお通り下さい」の形になっていましたね。
これでは、suzuran6さんへのコメントで書いたような「ローカル線」と勘違いされても、仕方ありませんね。

投稿: 幹星丘2一利用者さんへ | 2010年4月 6日 (火) 01時52分

風光明媚で良い所ですね~。
私もいつか行ってみようと思っている所です。

投稿: N市のT | 2010年4月 7日 (水) 16時28分

>N市のTさんへ
根府川の鉄橋は、東海道線でも最も有名なものですよね。「風光明媚」のお言葉通りです。
これで天気さえ良ければ文句なしだったのですが、今回は残念ながらそっぽを向かれてしまいました。
東京から近い割には、意外とのんびり出来る地域で、私的にもおススメです。

投稿: N市のTさんへ | 2010年4月 7日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/34073787

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原近辺撮影旅行結果ご報告:

« 春の珍客 | トップページ | ツーステUDがやって来た »