« 上信電鉄往復記~雪達磨になる前に | トップページ | 運転席より春異変の観察 »

2010年4月22日 (木)

横川支線撮影結果ご報告

Img4933
先日書いた、信越本線(横川支線)のフィルムが上がってきた。いつものように愚作にお付き合い頂ければと思う。

上の写真は、横川駅の情景。右側の線路は一応、鉄道文化村へとつながっている。ホームの位置関係から察するに、嘗ては駅の3番線として使用されていた線路らしい。現在では架線が撤去されてしまっているから、事実上廃線跡と同様だろう。

Img494115
同じく横川駅でのカット。ホームへ入線する115系。跨線橋まで写したいと欲張った結果、手前の邪魔なものまで写り込んでしまった。柵越えの写真はこれが限度だったのだ。因みに左側の邪魔物は、意図して入れているもので、車止め。

Img4951
横川での写真をもう一枚。現在の横川支線は、高崎-横川の往復列車ばかりで、上野まで乗り入れる直通列車はない。昔の標識をそのまま使用している辺りが、何とも泣かせる。「高崎」の文字も古めかしくていい感じだ。

Img496
窓口で切符を買い求めるおっさんの、コート姿が何ともキマッているように感じたので写した一枚。4月の写真なのにコート姿とは、と言われればそれもそうである。ご本人の承諾もなしに勝手に写したものなので、撮影場所は内緒にしておこう。

Img497
真島満秀さんの、全くのマネごと。遮断機って、通常はまっすぐ上を向いているか、そうでなければ竿を下ろして横向きになっているのが当たり前である。ある意味「斜めを向けている瞬間」って貴重なものじゃなかろうかと思って写してみた。列車の来る“予感”を感じて頂ければ嬉しいのだが、これでは気分が消化不良になる方もおみえかも知れない。それで、

Img498115_4
ちゃんと列車の走行写真もアップしておきます(汗)。列車の速度感を強調するために、敢えて60分の1秒のスローシャッターで列車をブラしてある。2枚とも、西松井田~横川の「製糸踏切」にて。

Img499
ご覧頂けばお判りのように、製糸踏切での別カット。旅行記で書いた踏切脇のラックレールと、115系との組み合わせ。115系自体はラックレールと無縁の車両であるから、「過去」と「今」を対比させてみようと思って、こんな写真を撮ってみた。同じく西松井田~横川にて。

Img500
4月17日限定で運行された、快速「碓氷」号。どんな車両で運転されるかなと半分期待していたが、国鉄特急色が来てくれたので、ついでにアップしておくとする。菜の花と雪の組み合わせも、そうそう見られるものではなかろうし。松井田にて。

Img501
やっと晴れた3日目に、妙義山の山々と共に115系を。妙義山の「本山」は右端に欠けている山のことらしいが、どちらみち雲で頂上が隠れてしまっているので、この状態のまま掲載しておくとする。実映像では、逆光のために列車が潰れてしまっているので、大幅に明るさを修正してある。また、画面右4分の1くらいの辺りに、縦に読み取りエラーの線が入ってしまっているのが目立つけれど(他の一部写真にも有)、スキャナーが謀反を故障を起こしてしまったようなので、近々修理に出す予定。

Img502
磯部駅にあった17.5キロのキロポスト。ホームには落花盛んなソメイヨシノの花びらも舞っており、中々いい雰囲気であった。キロポストそのものが、ちょっとナナメになっているのもご愛嬌かと思う。

Img503
ホームで帰りの電車を待ちがてら、何か写す題材はないかなと思っていたら、こんな風景を見つけたので。タイトルを、と言われれば、盗作になるけれど「青空のかけら」とするだろう。これを見つけたお蔭で、フィルムをちょうど使い切ることが出来た。磯部駅にて。

***

旅行記の方で、亜鉛鉱石を運ぶ「安中貨物」のことなども書いたけれど、その写真は見事に玉砕していた。

撮影した時点では得々としているのだが、結果を見ると、いつもと何の代わり栄えもしない写真ばかりである。「恥さらし」も程々にしておこう。

お付き合い頂きまして、有難うございました。

|

« 上信電鉄往復記~雪達磨になる前に | トップページ | 運転席より春異変の観察 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

電車といい、駅の様子といい、国鉄時代にタイムスリップしたような感じがしますね。

投稿: N市のT | 2010年4月22日 (木) 18時50分

3枚目が一番気に入りました。
雪こそ積もっていますが、写真としては何気に「暖かさ」を感じます。変な気候ではありますが、春が写っているのですかね?

投稿: suzuran6 | 2010年4月22日 (木) 21時08分

>N市のTさんへ
たまたま掲載した写真が、国鉄カラーのものばかりになりましたので、「国鉄っぽい」臭いがお届けできたかと思います。
稀に107系と云う電車も入りますが、全体的には「古き良き時代」を思わせるものが多い沿線のように感じました。

投稿: N市のTさんへ | 2010年4月22日 (木) 23時03分

>suzuran6さんへ
3枚目はsuzuran6さんがお好きな「駅系」の写真ですね。
寒かろうが何だろうが、自分なりに春を探して写してみたものが多かったように思います。
本当に妙な気候ではありましたが、画面から「春」を感じて頂ければ、大変嬉しく存じます。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年4月22日 (木) 23時08分

こんばんは。
竿が降りかけた踏切の写真がなんともいえませんね。
列車が通過中の写真とあわせて、踏み切り待ちでワクワクする
気分が味わえました(^^)
快速「碓氷」号は国鉄色183系ですね。
昔乗車した「あさま」と同じで懐かしいです。

投稿: vanagon714 | 2010年4月22日 (木) 23時32分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
動画をアップする頭脳を持ち合わせないので、「単品写真の連続」で動きを表現しております (^ ^;;;
全くのマネごとなのですが、これはこれで一つの表情になるかなと思っています。
国鉄色が来てくれたのは嬉しかったですね。
私はこのカラーの時代の「あさま」には乗れずじまいでした。
横軽を通過するときは、いつも115系ばかりでした。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年4月23日 (金) 23時20分

こんにちは。
3枚目はたまらない写真ですね。
こういうのを見ると心が洗われます。
あらためて感じたのは、首都圏を少し離れると
意外と「国鉄」や「昭和」が多く残っている、と
いうことです。
これはとても嬉しいことです。
時代の流れは仕方ないにしても、少しでも
長く活躍して、その光景を残してほしいです。

投稿: happy_thursday | 2010年4月24日 (土) 11時40分

>happy thursdayさんへ
駅の隅々まで目を通すと、意外にも昭和が多く残っていますね。
高崎駅はすっかり近代化していますが、一駅離れると国鉄の匂いが濃くなる気がします。
私も昭和生まれの国鉄世代なので、こうしたものを見つけると嬉しくなり、ついつい余分にシャッターを切ってしまいます。
国鉄カラーが最後まで残るのは、意外と首都圏から近い場所になるのかも知れませんね。私も末永く活躍して欲しいと願っています。

投稿: happy thursdayさんへ | 2010年4月24日 (土) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/34337512

この記事へのトラックバック一覧です: 横川支線撮影結果ご報告:

« 上信電鉄往復記~雪達磨になる前に | トップページ | 運転席より春異変の観察 »