« さくらちる | トップページ | 信越本線・横川支線撮影旅行(2・3日目) »

2010年4月15日 (木)

信越本線・横川支線撮影旅行(1日目)

先月の小田原方面への旅行の際、今回の旅行の切符を平塚駅で作ってもらった。

乗車券は名古屋市内→(信)横川なのだが、東京までを新幹線・そこから先を在来線で打ち出してもらったところ、マルスの経由口座には存在しないものだった。高崎までは新幹線で来るのが常識らしい。ともあれ経路入力をしてもらったら、今度は高崎から先が進まなくなってしまった。
窓口のお姉さんが慌てて時刻表を繰っているので「画面を見せてください」と頼むと、確かに高崎より先に「信越本線」の項目がない。画面にもう一度目を通すと「横川支線」なるものがあり、これが信越本線を示すものらしい。それを入力してもらったら、ちゃんと(信)横川までの切符が発行された。人騒がせと言うか、ややこしい業界用語を作ったものだと思う。

その切符類を携えて、今日の朝9時半過ぎに名古屋を旅立った。

先程も書いたように東京までは新幹線だが、車内では見事に爆睡していた。目を覚ましたのは
①車内検札が来た時
②新横浜到着のアナウンスが入った時
だけで、品川まで全く記憶がない。昨晩寝たのも遅かったし、日頃の疲れがたまっているのだろう。

東京から上野まで京浜東北線に乗り、上野からは予定よりも一本早い直通の高崎行きに乗る。高崎へ着いたのは、13時42分。目指す横川支線はここが始発である。

Dscn5856115
ここまではステンレスの車両だった。高崎まで来ると、湘南カラーの115系を拝める。ホッとする。この湘南カラーで、ロケハンを兼ねて終点の横川まで行くことにする。

横川は、碓氷峠の本線がある時代、確か1997年の夏に訪れて以来だ。その時は信越線の眼鏡橋などを撮影した後、歩いて横川までおりて行った。当然、横川機関区も稼動していて、機関区の様子なども撮影した記憶がある。

それにしてもあれから13年の月日が経つとは、早いものだとつくづく思う。

久し振りに降り立った横川駅は、すっかり様子が変わってしまっていた。貧弱な駅ホームに昔日の面影はない。でも駅前に出ると

Dscn5861
峠の釜飯の駅弁屋さんは健在だ。因みにこのお弁当屋さんの前にはめられている側溝の蓋は、ラックピニオン当時のレールを裁断したものである。

横川からとんぼ返りはしたくないので、電車を一本見送る。約1時間の余裕があるから、変貌した横川駅付近を探索したいと思う。

機関区の跡は「鉄道文化村」になっている。これは紙上の知識として知っているが、雨降りの平日とて観光客は殆どいない。何とも侘しい情景だ。嘗ての機関区の本屋と思うのだが

Dscn5868
観光鉄道の向こうに辛うじてその姿が窺えた。あ、私はケチなので、有料の鉄道文化村へは入らないで、外から撮影するだけである。観光目的の施設には、興味が湧かない性分だ。

その、外から撮った一枚。保存村の隅に、峠を往来したEF63が姿を留めている。

Dscn5869ef6311
「横川機関区」を示す「横」の区名札は、何ともいいものだ。線路はもう分断されているので、この機関車が本線を行き来することはないのだろう。少し、物悲しい。

小雨が降ったり止んだりする中、適当に散策して、あっという間に1時間を過ごす。駅の外から高崎へ向ける電車の入線を撮影したら、急いで駅構内へ戻る。この電車を逃すと、次は40分近く待たねばならない。

もう一度、横川へ来ることがあるかどうか判らないから、記念に一枚撮影しておく。

Dscn5874
以前来た時は、同じ115系でもスカ色の車両だった。当時の車両は長野の流れだった。線路が分断されてはどうしようもない。115系が来るだけでも有難く思わなければ。

この後、磯部と群馬八幡で降りて、簡単に駅撮りする。群馬八幡で降りたのは、鉱石を運ぶことで有名な「安中貨物(5781列車)」を撮るためである。暗くなってしまったから、どんな写りになっているかは判らない。

寒いし天気も良くないので、夕刻6時早々に高崎の宿へ帰った。

|

« さくらちる | トップページ | 信越本線・横川支線撮影旅行(2・3日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
115の湘南色にFE63を見ると昭和の国鉄の匂いがプンプンしますね。
横川も碓氷峠廃止前にTの糞爺さんと行って以来ご無沙汰なので、また行ってみたいです。

投稿: N市のT | 2010年4月16日 (金) 06時20分

先日、伊勢崎に日帰り出張の際に、115系湘南色を見た時にはしげしげと見つめてしまいました。いいですよね~
以前出張で「あさま」を利用していた頃、横川停車⇒釜飯購入⇒エアを抜いたゴトンゴトンと言う乗り心地を楽しみながら⇒釜飯を喰らう‥を思い出します。

投稿: suzuran6 | 2010年4月16日 (金) 13時10分

>N市のTさんへ
現在の「横川支線」は、かなり昭和の雰囲気が残っていますよ。たまに107系も入りますが、こちらも一応は国鉄型車両ですものね。
EF63はついつい見入ってしまいました。「10年一昔」ですから、もう「昔のもの」と呼んでもいいでしょう。
派手さはありませんが、今の横川近辺も結構いいものだと思います。
是非、T爺さんを拉致して再訪なさってみてください。

投稿: N市のTさんへ | 2010年4月16日 (金) 21時15分

>suzuran6さんへ
車両全体に塗装をまとっているものを見ると、ホッとしますよね。
特に、見慣れた湘南カラーなどは心が休まり、都会から抜け出した気分になれますね。
高崎の駅で「伊勢崎」行きの電車を見た時に、以前のsuzuran6さんのブログ記事を思い出しました。
189系などの横軽協調車両では、仰せのようにこの区間だけ極端に乗り心地が悪化しましたね。私はそう何度も通った訳ではありませんが、下から突き上げるような振動は懐かしく思います (^ ^)

投稿: suzuran6さんへ | 2010年4月16日 (金) 21時25分

こんばんは。
横軽は80年代に一度だけ「あさま」で通過したことがあります。
たぶんそのときにはEF63のお世話になっていると思うのですが、
なんといってもあの急勾配を登る印象が強烈でした。
湘南カラーの115系もいい感じですね。

投稿: vanagon714 | 2010年4月18日 (日) 21時17分

>vanagon714さんへ
一度だけのご経験だと、余計強く印象に残るのではと思います。
開放は兎も角、連結にはある程度の時間を要してしまうので、一々止まっては「ガクン」と連結の振動を味わって……等々、普段には慣れない事柄が多かったのではとご推察致します。
横軽の線路は遠くから見ても、明らかに「傾斜がある」と思えました。
今は貴重となった湘南カラーですが、高崎辺りでは当たり前のように来るので、不思議な気分になります (^ ^)

投稿: vanagon714さんへ | 2010年4月18日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/34242577

この記事へのトラックバック一覧です: 信越本線・横川支線撮影旅行(1日目):

« さくらちる | トップページ | 信越本線・横川支線撮影旅行(2・3日目) »