« 庵主敬白 | トップページ | 春の珍客 »

2010年3月29日 (月)

東海道本線小田原近辺撮影旅行

3月28日(1日目)

Dscn5791

鉄道好きの方なら、この景色に「見覚えがあるなあ」と思われる向きが多いのではなかろうか。

雑誌などによく載る場所で、東海道線の根府川駅から直ぐそばにある。通称「根府川の鉄橋」、正式には「白糸川橋梁」といわれる鉄橋だ。

有名な撮影地だから長いこと行きたいと思っていたのだが、この度やっと重い腰を上げることになった。

朝9時半頃の新幹線で熱海まで。熱海は新幹線にしては珍しく、通過線とホームの乗降線を兼ねている駅なので、ホームには列車の扉位置に合わせて仕切り扉が設けられている。それはいいのだが、その仕切り扉には

Dscn5788

こんな絵が……。もう0系新幹線などないのだが、「この形」が「新幹線」を表していることは誰しも判るだろう。改めて0系新幹線の偉大さを感じる。

さて、話が横へそれたが、ここから在来線に乗り換えて更に東京方へ行くと、3つ目が目指す根府川駅である。すぐに接続する普通電車で、根府川までは15分。駅から撮影地までは「徒歩約15分」と撮影ガイドにある。

途中からは農道に入り目的地へは少々迷ったけれど、うねうねした小道を進むうちに「見覚えのある景色」が目の前に広がった。

少しの間、居つきたいので、三脚を立てたい。然し狭い農道だし、先程、軽トラと行き会ったばかりである。お邪魔にならないように必死で脚をセットする。

Dscn5790

カメラが前に傾いているように見えるが、「ように」ではなく、実際に前に傾いている。お邪魔にならないように脚を立てるなら、この形が限度だ。

現在は橋梁に防風フェンスが張られているので、下り列車限定の撮影地と言っていいだろう。東京近郊だから列車本数が多いように思いがちだが、ちょっと手前の小田原で終点になってしまう列車が多く、それに加えて「下り限定」と言っていると、思いの外、列車はやって来ない。結局2時間近く、ここに居座ってしまった。

根府川駅へ戻って、普通列車で次の早川まで行き、すぐに降りる。

駅前のターミナルとラーメン屋の取り合わせは、何か見たことがあるなと思う。記憶を掘り返したら、何年か前にここからバスで別の撮影地へ向かったことがあったことを思い出した。今回は「徒歩で20分ほど」の撮影地へ行くだけだ。

春休みの日曜日で渋滞の国道を尻目に、さっき撮影した根府川方面へ逆行する。目印になる集落までかなり歩いたように思う。やっとその集落を抜けて、撮影地へ向かう細道が姿を現した。

当の撮影地付近の情景。

Dscn5796

先程の根府川付近もそうだったが、ミカンの木が目に付く。考えてみれば「湘南カラー」のオレンジと緑は、ミカンの実と葉を基にしたカラーリングである。そして、私が居る場所そのものが「湘南地区」だ。直流電化区間の象徴カラーとなった真っ只中に、今、私は居るのであった。

もっとも私の背後には

Dscn5797

こんな石碑も建っていたりする。平和そうな場所なのに、源頼朝さんは、ここで物騒なことをしていたんだねえ。

写真でお判りの通りの曇天で、おまけに風が吹き付けて寒い。1時間ばかりいただけで、撤収を決める。

帰り道、ゆっくり見ていると結構

Dscn5799

こうしたものがある。何れも無人だ。信用方式で成り立っているものが、まだまだ残っているようで嬉しい。

早川駅まで、帰途は時間を計ってみたら、40分かかっていた。撮影ガイドの「徒歩約20分」とは何を基準にして書いたのか、さっぱり判らぬ。

小田原駅近くのビジネスホテルへ、17時早々に投宿。雨に降られなかったのだけは僥倖だった。

3月29日(2日目)

ここの所、寝不足の日が続いているので、朝はチェックアウトギリギリの9時50分頃まで宿に居た。それでもまだ寝たりないような気がして、欠伸をしながら小田原駅へ向かう。

小田原から、昨日と逆の東京方面へ向けて歩を進める。と言っても、次の鴨宮で降りてしまう。ここも撮影地ガイドで知った場所だが「徒歩約15分」とある。昨日と違い、ちゃんと15分くらいで目的の陸橋へ辿り着いた。

Dscn5804

足柄(あしがら)の山々を背景にした場所だ。金太郎さんは、あそこで修行していたらしい。晴れれば富士山も見えるとの由だけれど、言わずもがな、の天気である。

少し撮影しただけでずらかり、駅を3つほど飛ばして平塚で降りる。駅前からは下調べしておいた「神奈中バス」に乗って、古花水(ふるはなみず)なるバス停で降りる。ここのすぐ近くに、「相模貨物ターミナル」駅がある筈なのだ。

持参の地図に沿って歩いていくと、ホームセンターの駐車場の向こうにコンテナが見えてきた。

Dscn5812

道なりに歩いていったら、迷うことなく貨物ターミナルの入口に到着。東海道の筋では結構重要な貨物駅だが、駅はどん突きの形で設けられており、おまけにどん突きの向こうは車道を挟んで川になっている。写真はかなり撮りづらい。

大体が、貨物駅は写真を撮るために設けられているのではないのだから、止むを得ない。少しでも絵になりそうな場所を求めて右往左往する内に、とうとう雨が降り出した。

通り雨のような中途半端な雨で、降るかと思うと止み、止んだかと思うとまた降ってくる。傘が面倒なので、止み間を縫うように撮影し、降り出すと線路の陸橋下へ隠れる。まるで鬼ごっこみたいだ。そんなことを繰り返しながら、ある程度は貨物駅らしい写真も撮れたように思う。

Dscn5810

その昔はトラック運転手だった時代もあるから、荷役の風景を見るとちょっと胸が疼く。コンテナを移動させるリフトのエンジン音を聞くだけでも、懐かしい気分になる。気がついたら1時間以上を過ごしていた。

急いで神奈中バスの停留所に戻り、5分も待たないでバスの客となる。来る時は「後乗り前降り」だったのに、今度のバスは「前乗り前降り」になっている。バス停にもそれらしい表示はあったけれど、何しろ、余所者には紛らわしいバスだなあと思う。いや、他人のことは言えない。私たちも「基幹バス」に限ってだが、乗降方式が異なっている。

駅前で遅い昼食を済ませ、再度、東京方面への1つ目の茅ヶ崎で降りる。「湘南」のメッカとして、歌にも歌われている地名である。尤も私はヤングな湘南には関係ない。ここからは相模線というローカルな(?)通勤路線が分岐しているので、その分岐風景を撮りたいだけである。

2枚撮ったら、フィルムが終わった。当の相模線は、埼京線などと同じ205系が走っているが、相模線独特の500番台が専属として配置されている。

Dscn5816205

見ていると乗りたくなってしまうが、帰りの新幹線の時刻が近付いている。キリのいい所で帰らなければ、明日からの仕事にも障ってしまう。

相模線の電車に心の中でバイバイをして、今度は小田原を目指して「戻り」にかかる。新幹線の指定券は小田原からのものが取ってある。

天気が芳しくなくて、今一つ、気分の乗り切らない撮影だった。とは言え、名撮影地など長年訪れたい場所もクリアした。程々で我慢しておかなければ、足柄山の金太郎さんから、今度は雷を落とされるかも知れぬ。

そんな次第で、今回の撮影旅行は「了」としておこう。

|

« 庵主敬白 | トップページ | 春の珍客 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^o^)/
いいなぁ、またまた旅に出たのねぇ(*^_^*)
北の地はいまだに雪とか言う白いものが空から落ちてきてます(>_<)
今年の冬将軍は帰るとこないみたい(?)です、だからといって何も北海道にいなくても…って感じです(-.-;)

そうそう今週末にいつもの場所でプチ合コン?があるみたいです(^O^)

投稿: W | 2010年3月30日 (火) 07時25分

昨日おとといは寒かったでしょうね。こちらは昨日強風でした。
まず東海道線には最近横須賀線から転用された車があり、方向幕なのかLEDなのかで違いがわかります。
小田原に泊まられ翌日は茅ケ崎へも寄られたとのことですが、私はこちらに移住してから必ず1月3日にH根駅伝のため前日夜に小田原に泊まり、3日には小田原駅前と茅ヶ崎(ここでT光K夫氏に会える)、あと1か所(今年は横浜駅前)で観戦しています。

あと、神奈中バスに乗車されたことについてです。中乗り前降り方式と前乗り前降り方式両方に乗られたとのことですが、これは平塚駅発着の路線を有するある営業所が現在
神奈中で唯一中乗り前降り方式を採用しており、それ以外の営業所は原則後払いの場合前乗り前降り(整理券発券機や乗車カードリーダーも前扉付近にある)だからです。
神奈川の場合、S模鉄道バスやH根登山鉄道バスも多区間路線は前乗り前降り方式が採用されています。
また湘南地区の神奈中バスは、町田・八王子地区から転属してきたワンステップ車が多数おり、車は古いがナンバープレートだけは新しいという現象がちらほら見られます。
東京都からノンステップ車導入のため多額の補助金を交付されているかららしいですが。

長文失礼しました。

投稿: 幹星丘2一利用者 | 2010年3月30日 (火) 18時17分

こんばんは。出撃お疲れ様です。
1枚目の鉄橋、たしかに見覚えがありますね。
雑誌で見たEF65の引くブルトレの写真が思い浮かびます。
狭い農道に斜面の畑と石垣はいい雰囲気ですね~
歴史の深さを感じさせる佇まいです。
それにしても雪が無くて羨ましいですね。

投稿: vanagon714 | 2010年3月30日 (火) 22時29分

>Wさんへ
そうなのです。また、遊びに出ちゃいました。
寒い寒いと文句を言っていても、所詮本州には変わりありません。
雪は流石に平地では見受けられません。ただ、帰りの新幹線から、間近のそれ程高くない山で、山頂の木々が雪を纏っている姿を見ました。内地でも、3月下旬にあれほどの場所で冠雪を見るのはちょっと珍しいですね。そんな寒さでしたよ。

あの場所で、また、プチ合コンがあるのですか!! 仕事を放っぽりだして、そちらへ行っちゃおうかなぁ……。ん?、ひょっとして合コンのゲストはN市のTさんですか?

投稿: Wさんへ | 2010年3月31日 (水) 00時29分

>幹星丘2一利用者さんへ
東京口の東海道線は、結構車両のバラエティに富んでいますね。現在は211系と231系がメインのようですが、他の形式もちょくちょく見かけました。
シャッターを切る瞬間は結構「真剣勝負」をしているので、方向幕の違いまでは見ている余裕がありませんでした。フィルムが上がってきたら、その辺りもじっくり観察しなおしてみようと思っています。

神奈中バスは、ご解説を伺っても余所者に判り難いことに代わりはありません。私は名古屋人なので、「平29系統」と「平43系統」がどこの営業所で担当しているかまでは、判らないのです。私もたまたま名古屋のバスの運ちゃんと云うだけで、他社のバスの乗降方式を全て覚える余裕までは残念ながら持ち合わせておりません。
料金が異なる区間があるのなら、初めからM鉄のように「中乗り前降り」に統一してくれれば、よほど助かるのだが……と思います。大体、前乗り前降りにするのなら、初めから中扉の存在自体が、不要のものとも思います(嘗て東京都内で中扉を使っていたからだ、とお叱りを受けそうですが・汗)。

投稿: 幹星丘2一利用者さんへ | 2010年3月31日 (水) 00時50分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
仰せのように、1枚目の鉄橋は是非ともブルトレの写真が雑誌などに掲載されていました。
現実にはあのような狭い農道からとなる訳ですが、石積みの段々畑は趣があって心が和みますね。日本の原風景の一つと言えるでしょう。
Wさんにも言われてしまいましたが、確かに雪は……ございません。
H海道とはかなり緯度の差があるのだなと、つくづく思い知らされます。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年3月31日 (水) 00時59分

比較的近くにいらしてたんですね。
すんごく 寒くありませんでしたか?
今年は特別に変ですね。29日などは朝に雪がちらついていました。
小田原あたりはかなり東京の田舎方面とは気温が違いますが‥
暖かくなったら、のんびりと小田原あたりで景色でも眺めてみたくなってきました。
まずは、今回の作品が出来上がるのを楽しみにお待ちしております。

投稿: suzuran6 | 2010年3月31日 (水) 12時45分

>suzuran6さんへ
最も東で茅ヶ崎まで行きましたので(切符は大船までにしてありましたが、時間切れで諦めました)、かなりお近くまで伺ったのではと想像しております。
寒さですが「すんごく」寒かったですよ。普段より厚着の上にスキー用ヤッケを羽織っていましたが、まだ不足でした (^ ^;;;
今年の春は気温が全く読めません。18日に開花宣言した桜が、まだ3分咲き程度で寒風に枝を震わせています。異常気象の影響でしょうか。
フィルムは4月1日午後に上がる予定です。時間が許し次第、結果ご報告を致しますね。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年3月31日 (水) 21時45分

私の職場の取引先にJR東海の関連会社がありますが、それに関するマニュアルのイラストが300系です。あと名古屋高速の「名古屋駅」の案内標示が700系です。こんな細かいところでも着々と“世代交代”が進んでいるのですね…。

投稿: リニモ1号 | 2010年4月 1日 (木) 07時54分

再び失礼します。
大船までの切符使われたんですか、「名古屋市内」発着なら大船を
境に運賃変わりますよね。私もかつて横浜市内まで行ったときに
大船で区切って切符使ったことあるからわかります。

さて、神奈中バスについてですが、現在でも多区間路線では
エリアによらず始発地からの運賃(つまり「券なし」)適用
停留所だけは全て中扉から乗車する方式でした。失礼しました。
なお、路線によっては平日朝だけ自己申告運賃先払い制(K速1や
昔のK川11と同じ)を適用しており、京王バスにもそういう
パターンがあるようです。

投稿: 幹星丘2一利用者 | 2010年4月 1日 (木) 18時58分

>リニモ1号さんへ
私が見ている範囲では、「新幹線」を表現するのに0系を用いている例が非常に多いように思います。
でも……300系や700系も登場しているのですね。
名古屋高速は自分で運転して入る機会がありませんので、全くノーマークでした(汗)。情報有難うございます。

投稿: リニモ1号さんへ | 2010年4月 1日 (木) 23時07分

>幹星丘2一利用者さんへ
乗車券を大船までにしたのは、実は大船に知り合いがいるからなんです。大船を境に運賃が変わることは、幹星丘2一利用者さんのコメントで初めて知りました。時間の都合などから、結局その知り合いとは合えず仕舞いだったのですが。

神奈中バスの件、少し理解できました。
自己申告制は、ラッシュ時などは運転手サイドで一々全ての乗客の行先を把握しきれないからだと思います。神奈中バスも、朝夕はかなりのお客様が予想されます。そこから「お客様の言うことを信用します」の態度になっているのでしょうね。

投稿: 幹星丘2一利用者さんへ | 2010年4月 1日 (木) 23時12分

私が北へ潜入していた時に小田原界隈に来ていたのですね。
小田原と随分気候が違いました。
29日の新千歳空港の気温はマイナス8度と機内放送されていてビックリしました。
空港から実家までレンタカーで行きましたが、路地に入ると日陰の部分に雪が残っていて圧雪になっていました。
今年は春が少し遅いようです。

投稿: N市のT | 2010年4月 7日 (水) 16時06分

>N市のTさんへ
そ~なんです。私は私でコッソリ出掛けておりました。
小田原がいくら寒いといっても、北海道には敵いません。
ただ、風が強く冷たく、「それなりに」寒さは感じました。
名古屋でもそうですが、全国的に春が遅いように感じます。
(因みに昨日は今年初めての冷房をかけましたが、今日はまた暖房に逆戻りです)。

投稿: N市のTさんへ | 2010年4月 7日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/33993659

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道本線小田原近辺撮影旅行:

« 庵主敬白 | トップページ | 春の珍客 »