« 尿素水排ガス浄化バスの注意点など | トップページ | 謹啓 »

2010年3月10日 (水)

東京のちょっと昔の写真2点

Dscn5729

私は「整理整頓」に関しては誠に不得手で、不要なものでも捨てずについつい「とっておいて」しまう。

こと、写真に関しては益々その傾向が強く、自分でお金を出して焼いてもらった鉄道のカラープリントは、全て捨てずにとってある。その愚かしい結果が、上の小箱に溜められているプリントたちだ。
あの箱は高さが20cm近くあるから、何枚のプリントがあの中に眠っているかは、想像するだけでもかなりだなぁと、我ながらに思う。

そんな不要写真を何気なく眺めていたら、面白いものが2枚ほど発掘されたので、ちょっとご覧頂こうと思いついた。どちらも東京の所謂「国電」の写真である。

Img483103

水色の103系で、方向幕は「大宮」。つまり京浜東北線の写真だ。1982年3月・横浜にての撮影らしいから、よく私が他の方へのブログコメントで書いている「初渡道」の帰途に撮ったものらしい。名古屋にも水色の103系は存在したが、高運転台で正面窓下に銀ラインの入った車両は名古屋では見られなかったので、物珍しくて撮ったものだと思う。

京浜東北線では103系のあとを継いだ209系も、過日、全車が運用から離れたそうだ。つまり、2世代前の車両ということになる。ステンレス剥き出しでない車両に、何となく温かみを感じるのは私だけだろうか。

Img482201205

こちらの写真は東京駅から神田方を向けて撮ったもの。1991年1月の撮影と記録してある。発車していく山手線電車は205系、中央線は201系で、この光景も現在は見ることが出来ない。
単に205系と201系の並びなら、新宿近辺やJR西の範疇で、現在も見られる可能性はあるかも知れない。だが、このカラーリングでと限定してしまうと、現在では不可能になる。

アルバムに貼るまでもないからとて、雑多に段ボール箱に入れてある写真たちだが、漁ってみると懐かしみが湧くものも多い。

少なくともブログのネタにはなってくれたので、「感謝」、である。

|

« 尿素水排ガス浄化バスの注意点など | トップページ | 謹啓 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

懐かしい電車です!私が横浜にいたのは小学校二年生までですが、その当時京浜東北線に低運転台の103系はいたものの、中間封じ込め(当時京浜東北線の103系は、大半が分割編成だった覚えがあります)でした。
今思うとATC導入時に主に高運転台の先頭車を新車で投入、編成の組み替えをした結果先頭車はATC対応の高運転台車、中間車はATC非対応の低運転台車になり、余剰分は名古屋の中央線をはじめとする他線区に転出したのではないでしょうか。

投稿: リニモ1号 | 2010年3月10日 (水) 19時01分

こんばんは。
103系はまさしく「国電」という顔ですね。
101系から段々と正面窓が上がって、次はどうなるのかと思ったら
201系でガラッと顔つきが変わりました。
個人的には101系の長閑な顔つきが一番好きです。
103系は何度も乗りましたが撮影していないのが今になってみれば
ちょっと残念です。

投稿: vanagon714 | 2010年3月10日 (水) 20時15分

当時としては邪魔者で、物置やダンボールの中に入れてしまってあったものも、今となっては貴重なものになっている場合がありますね。
写真類は懐かしいものがたくさんありますね~。
これが結構ブログネタになるのですね~。

投稿: N市のT | 2010年3月10日 (水) 20時30分

>リニモ1号さんへ
そうそう、リニモ1号さんは横浜にお住まいだったんでしたね。それも、根岸線沿線とのことでしたから、京浜東北線の103系には色々と思い出もお持ちでしょう。
仰せのように103系当時の京浜東北線は、中間で“分断”されていましたね。私の記憶が正しければ6+4だったと思います。
名古屋地区へ103系が来た経緯も、お書きの通りだと思います。
殆どの車両が「京浜東北線出身者」でしたので、中央線ながら名古屋口はラインカラーがブルーになりました。一部に山手線の出身者もおり、転属後暫くはブルーとウグイスが混色で走っていましたね。

投稿: リニモ1号さんへ | 2010年3月10日 (水) 22時11分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私も物心ついた時に見覚えた「国電」は103系でしたので、一番「国電っぽい顔」に思えます。今から思うと、もっと古参の101系があり、仰せのように103系より「長閑な」顔つきでしたね。
名古屋には101系は入りませんでしたが、高校1年の時に初めて一人で大阪へ出掛け、その折に京橋駅(片町線)や天王寺駅(関西線)で見かけました。ネガは残っていますから、機会があればそれらもアップしてみたいと思っています。
103系高運転台の次は、ブラックフェイスの201系へと進化してしまいましたね。201系の地下鉄バージョン(?)・203系の後、無塗装車両の205系へと進化していきました。
今時の国電の顔は、N市のTさんのお言葉をお借りすれば、さしずめ「昆虫系」ですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年3月10日 (水) 22時26分

>N市のTさんへ
魚澄庵に移り住んで、かれこれ6年になろうとしています。
「移住」当時は綺麗で広かった私の居部屋が、最近段々立て込んできてしまいました。これはイカン、とばかりに、最近家にいる時は整理作業を中心にしています。
そんな折に出てきたのが、今回の写真たちです。
当時としては何気ないつもりで撮ったものばかりですが、今となっては貴重な資料になっていますね(笑)。
かなり色々発掘していますので、今後暫く、似たような記事が出るかも知れません(苦笑)。

投稿: N市のTさんへ | 2010年3月10日 (水) 22時33分

103系 懐かしいです。
上京したての頃は、101系103系と少しの201系ばかりでした。
赤・黄色・水色・黄緑色、どこかに行くのにも、赤い電車の次は黄色に乗り換え‥等の説明を受けるととてもわかりやすく「東京ってわかりやすいなぁ」と感動していました。
‥今や、205系でさえ懐かしさを感じてしまいます。(郊外では走ってますが‥)
まだまだ、「魚澄庵」にはお宝が眠っていそうですので、発掘をお待ち(楽しみに)しております。

投稿: suzuran6 | 2010年3月11日 (木) 21時59分

>suzuran6さんへ
名古屋からも103系が消えて久しいので、自分で撮ったものにも懐かしさを感じてしまいます。
suzuran6さんが上京された頃は、そういう状況だったのですね。
東京近辺では201系が風前の灯で、205系でも初期型は埼京線や南武線などの郊外で見られるだけになりました。ラインカラーが残されているのは、田舎ネズミの私にも有難く思います。
学生時代以降、結構上京する機会が増えています。関東圏も含めて懐かしい写真を発掘しております。徐々に“お宝”を公開していこうと思っていますので、お楽しみに (^ ^)

投稿: suzuran6さんへ | 2010年3月11日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/33712041

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のちょっと昔の写真2点:

« 尿素水排ガス浄化バスの注意点など | トップページ | 謹啓 »