« 清水沢再々訪記 | トップページ | 懐かしのバス塗装・我が職場編 »

2010年2月 3日 (水)

札幌近辺撮影結果ご報告

本文に入る前に。

2010年も明けたばかりと思っていたら、もう今日は節分でありまして。
節分の日には「丸かじり寿司」を食べるとは、いつ頃から出来た風習かはっきり覚えていないけれど、私がトラックの運ちゃんをやめた20年位前からかなぁ。トラック運転手当時、コンビニへも配達に行っていたのだが、まだ「丸かじり寿司」の宣伝はしていなかった覚えだ。

今日は仕事が休みなので、先程近所のスーパーへ昼食を買いに出たら、出来合いの惣菜コーナーは丸かじり寿司で埋め尽くされていた。まあ、別に「開運・極太巻き」をかじろうという気にもならないので、普通の鉄火巻きをと思ったら、こちらも細巻きながら切れ目が入れてなかった。

Dscn5655_2

あくまで今日は「巻き寿司は丸かじりしなさい」ということらしい。
ささやかな細い幸せでいいから、後でかじることにしようと思う。

さて、やっと本文に入る。と前置きが長かったですね。

先月も書いたようにスキャナーの調子が悪く、一部画像でお見苦しい部分があることはお許し下され。また画像の読み込みにもたいそうな時間がかかってしまい、昨日は半日が潰されてしまった(昨日もお休みだった)。スキャン用のソフトをインストールし直したら、状況は劇的に改善された。もっと早く、再インストールに気付くべきだった。

では、今度こそ本当に画像のアップに移ろう。

Img420

これはvanagon714さんにお連れ頂いた有名撮影地・「厚別のカーブ」での1コマ。200mmのレンズを付けて手持ちで撮影しているが、少し無理をしてでも三脚を立て、300mmで撮影すべきだったなと思っている。画面右下の鉄骨か何かが、ちょっとざわざわしてしまって目障りなのが残念だ。スラントノーズが残っている内で尚且つ雪のない時期に、再チャレンジしたい場所だ。

Img4211085

これもvanagon714さんにお連れ頂いた場所。江別駅直ぐ北側の、千歳川橋梁である。橋のガードが高いので、こうしたタテ撮りでも結構面白いアングルになるのではないかと思っている。列車は時刻から、1085レだと思う。区間としては江別~豊幌になる(とvanagonさんに教えて頂いた)。

Img4221080

ここもvanagon714さんにお世話になった場所。時刻的にもうすぐDD51重連の貨物(1080レ)が来る筈だからと、ここではちょっと我儘を言って粘らせて頂いた。vanagonさんには「厚別のカーブより、ここの方がいいですね」とお話していたが、1枚目の写真(註:鉄火巻きの写真のことではない)と比較してお判り頂けたでしょうか? 尚、重連であることを明確にしたいため、セオリー通りの撮り方よりほんの一瞬だが早めにシャッターを切っている。これも区間は江別~豊幌。

Img423201

ここからは単独行動で撮影した、札沼線の映像。「旅日記」で書いたように、札幌から最初に乗車したのはあいの里公園行きの201系だったのだが、終点の一つ手前・あいの里教育大で私の車両の客は全て降りてしまい、私一人がポツンと残された。折角のロングシート201系も、これでは真価が発揮できないなと思いつつ撮った。と同時にあいの里公園止まりの列車が多いことも、納得できた。1555D車内にて。

Img424201

あいの里公園で列車を降り、振り向いたら高圧鉄塔が目に付いた。見ようによっては邪魔者だけど、これも一つの撮影アイテムにしてしまえば面白いかと思って、こんな構図にしてみた。タテ撮り写真は、私は気分が乗っている時は結構多用する。先程もタテ写真をお見せしたが、多分件のheart01♪効果がここでも発揮されているのだろう(←まだ言ってるよ、このオヤジ)。区間はあいの里教育大~あいの里公園。

Img425

今回の玉砕モノを。一番の撮影地と思って勇んで出掛けた石狩川橋梁。ご覧のようにトラス部分が延長されて、全く使い物にならなかった。またトラス部分には防風シェイドも併設されて、益々玉砕の度合いが高まっている。まさしく「天皇陛下万歳」である。あいの里公園~石狩太美にて。

Img426

この日はまだ吹雪いていなかったけれど、撮影から数日前に札幌はドカ雪だったそうで。その後始末のような感じで、石狩当別駅では除雪作業が行われていた。ここは旅客列車が走る本線ではなく、保線作業車などが出入りする側線部分である。

Img427201

ここも旅行記の方で書いた、「吹雪かれつつパトカーに監視されつつ」、撮ったという奴である。このアングルの時は吹雪はほぼ止んでいたが、私の後方に、パトカーは後ろを向けて停まっていた。拡大してご覧頂くと、多少ピントが甘いのにお気付きの方もあるかと思う。シャッターを切るのが一瞬早かったようだ。それにしてもPDCが撮りたいのに、201系ばかり来るのはどうしたことか。石狩太美~石狩当別にて。

Img428

夕方、薄暗くなってきたので敢えて露出アンダー気味で撮った写真。これぐらいの暗さの時に、去り行くテールライトと云うのは何かとても情緒があるように私は感じる。色温度の加減で画面がどうしても青っぽくなる訳だが、その中に赤い点が2つだけチョンとあると、切なささえ感じてしまう。拓北~あいの里教育大にて。

Img4296

3両が基本の札沼線だが、朝夕のラッシュ時にはそれを2つ繋げて6両での運転などもある。もうラッシュ時間は過ぎていたが、ラッシュの返しの列車なので6両での運転となっているらしい。札幌自動車道を跨ぐために高架の線路が更に一段盛り上がっている。長い編成だと芋虫みたいに車体を盛り上げられるので、面白い場所だ。新川~新琴似にて。

Img430pdc

この辺りからいよいよ「吹雪に凍える」シリーズが始まる。この列車も定刻より5分ほど遅れていて、私はホームの端から寒い手を擦り合わせて列車を待っていた。列車を待つ人は他にもいたのだが、皆、右手の防風ドアの中で待っておられる。根性よく外で列車を待っていたのは、この男性一人であった。新川にて。

Img431

ここではもう既に、かなり凍えている。こんな吹雪なのに、小さい子供を連れて出かけなければならない用事があるとは、大変なことだと思う。子供も特に嫌がる風はなかった。北国の方の根性を見せ付けられた思いがする。と言うより、これが北国の日常なのだろう。太平にて。

Img432

この写真に至っては、一体何を撮ろうとしたのか自分でもはっきり覚えていない。何しろ列車に雪がこびりついて、あまりに凄い形相になっていたので、冷たさで痺れかけた指でシャッターを押したように思う。流石にこの時は手袋をはめているが、手袋一枚ではもはや乗り切れる冷たさではなかった。百合が原にて。

Img433

有人駅の篠路に着いて、ヤレヤレと一段落つけてから撮影したレチさんとお客の1カット。ただ、まだ体も精神力も完全には復帰していない。私の悪い癖、「シャッターのある右側が下に傾いている」写真になっている。まあ、これも自身の記録かと思い、載せておくことにする。

Img434pdc

反対ホームに移って、もう少しだけ駅の風景を。ご覧のように真っタテの駅名標にも吹雪によって雪がこびりついている。ここへ着いてから雪は徐々に収まってきたが、まだ風はかなり強く冷たく、「この列車は10分遅れ」とメモ帳に書いてとある。また、寒さが原因かどうか、この日比較的多用した広角の24mmレンズは、この写真を以ってピントが動かないようになってしまった。現在、修理のためカメラ屋さんに出張中……。

最後にタイが泳いだ嫌いはあるが(済みません、この部分、地域ネタです)、寒い中でもシャッターを切るだけは切ったから、その甲斐はあったかなと思っている。

また、初め3枚の写真に関しては既に記したようにvanagon714さんに大変お世話になった。改めて御礼申し上げる次第である。

こんな、札幌近辺の冬景色でありました。

(尚、冒頭の鉄火巻きは、これを書いている間に「まるかじり」しました・笑)。

|

« 清水沢再々訪記 | トップページ | 懐かしのバス塗装・我が職場編 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

今日帰宅したら「丸かじり」が置いてありました。
このところ良い事がサッパリなく、北陸でも玉砕してタイが泳いでいるので、ここでタタリを一掃したいところです。

雪景色の列車はいいですね~。
今年は行けませんでしたが、来年は「T爺さんと行く常紋ツアー」に参加しましょう!

投稿: N市のT | 2010年2月 3日 (水) 21時49分

10枚目の後姿の写真、いいですねぇ。
雪煙を上げている201系(9枚目)もいいなぁ。
201系の迫力ある音がせまってきそうです。
確かにPDCもいいのですが201系も邪険にしないで下さい(笑)
雪まみれのPDCはまるでキハ22みたいで思わず、エッ?と魅入ってしましました。

‥ちなみに、巻寿司も「縦」ですね。

投稿: suzuran6 | 2010年2月 3日 (水) 21時56分

>N市のTさんへ
Tさんの営業所も新人さんがもう直ぐ本務になられると思います。人数的には少なくとも、ちょっとはお忙しい毎日に貢献できないでしょうか? ことによると、それがきっかけでタイが水槽から逃げ出すかも知れませんよ(代わりに水槽には、この「おさかな」が泳がせて頂こうかと思います)。
冗談はさておき、丸かじりでタタリが一掃されることをお祈りします。

雪景色は普段絵にならない所でも絵になるので、ある意味「雪に助けられた」写真が何枚かあります。
でも、雪の風情は独特のものがあって、我慢して撮った甲斐があるとも思えますね。
来年は、是非「T爺さん拉致ツアー・常紋と流氷の旅」に参加させて下さい。因みにT爺さんに「いつ頃行きます?」と尋ねたら「あっちで定住するんじゃないの?」と言われてしまいました。しっかり読まれてます(大汗)。

投稿: N市のTさんへ | 2010年2月 3日 (水) 22時36分

>suzuran6さんへ
9枚目、自画自賛で申し訳ありませんが、個人的にも割と気に入っている一枚です。トボトボと遠くへ向けて走り去っていく様子が、何となく自分の好みに合っているようです。
201系、邪険にしてしまい済みません  (^ ^;;;
PDCびいき、と云うか、電化が完成したらPDCはほぼ全廃ではないかと思うのです。201系はまだまだ活躍が続きますよね。それで、出来ることならPDCの写真を多く撮りたいと、そういうことであります。
結局の所、雪まみれの日の写真は、何系でもいいような写真のオンパレードですね。

それにしても、鉄火巻きの写真で私の現在の心境を読まれるとは鋭い所を突かれてしまいました(爆・♪)。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年2月 3日 (水) 22時48分

改めて撮影旅行お疲れ様でした。
ご一緒した日は暖かくて撮影日和でしたね~
もう少しのんびり撮影できればよかったですかね?
冬ならではの特設お立ち台もあって楽しかったですね(^^)
札沼線方面では一転して過酷な状況で苦労されたかと思いますが、
厳しい冬の一面が写真から伝わってきます。
ちなみに今日は何年ぶりかの強い寒気で最高気温がマイナス10℃くらいでした。
今夜も凍てつきそうです。
暖冬ではありませんね(^^;;;;

投稿: vanagon714 | 2010年2月 3日 (水) 23時01分

T爺さんは涼しい顔をしていますが、我々のブログを隅々までチェックしています。
しばらく会っていなくても行動を把握して且今後の予測までしています。
たまに会うと、人生経験の大先輩ですからズバッと痛いところを突いて来ますからね(笑)

来年は是非「T爺さんと行く極寒常紋ツアー」を実施し、生田原温泉ノースキングで温泉に入って一杯やりながらT爺さんのお話を聞きたいですね。

投稿: N市のT | 2010年2月 4日 (木) 11時36分

>vanagon714さんへ
こちらこそ、改めて「有難うございました」であります。
車でしか回れないような所も回って頂き、大変感謝しております。
撮影は、ちょうどいい加減だったと思います。それに、あれ以上撮影していたら、きっとめぐちゃんにお会いできなかったと思いますから  (^ ^)

ご一緒している間は本当にいい日和でしたが、札沼線の2日目(26日)は本州の人間には中々出来ない体験をさせて頂きました。
でも、何でもいいから兎に角シャッターを切っていました。それだけの甲斐はあったと勝手に思っております。
昨日・今日と道内は再び大変な冷え込みと伺っております。北見では20度を割り込んだとか。
暖冬予報も見事に外れておりますので、どうぞお風邪など召されぬようにご自愛なさって下さい。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年2月 5日 (金) 00時59分

>N市のTさんへ
T爺さん、そうなんですよ。
しっかり一語一句チェックされています。
こちらも判っているので、ここで罵詈雑言を浴びせていますが、涼しい顔でズバッと核心を突かれます。恐るべし、です。人生経験では敵いませんから(笑)。

是非是非、来シーズンは「T爺さん拉致企画・極寒の常紋トンネルにT爺さんを埋め込んでこようツアー」(何か段々ツアー名称がエスカレートしてますね)を実現し、spaで人生の極意をご教授願いたいものです。

投稿: N市のTさんへ | 2010年2月 5日 (金) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/33235403

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌近辺撮影結果ご報告:

« 清水沢再々訪記 | トップページ | 懐かしのバス塗装・我が職場編 »