« ゾロ目の日に敬意を表して | トップページ | 魚澄庵ぱそこん今昔物語 »

2010年2月26日 (金)

中央西線の70系電車

Img44870

何れの写真も30年以上前に、ハーフサイズカメラのPEN-EEで撮影したものから掘り起こしたので、画像の悪い点はお見逃し頂くとして。

中学生になり、ある程度の遠出などが自由に出来るようになってからは、自宅の最寄の国鉄駅・千種(ちくさ)から行動を始めるケースが多かった。千種から名古屋までは中央西線に乗るのだが、その際よくお世話になったのが、この70系電車である。
直流専用の所謂「旧型国電」なので、交流電化区間にお住まいの方には馴染みの薄い車両だと思うけれど、まあ、そこは適当にスルーしてやってくださいな。

私が中学生の当時(1976年~78年辺り)は、中央西線の普通電車に乗ると、大抵はこの70系か、73系と呼ばれる通勤型の旧型国電だった。113系も当時既に走っていたが、大抵は快速列車に充当されていて、滅多に乗ることは出来ない車両だった記憶がある。30年ちょっと前だと、113系でさえ高嶺の花的な存在だったのだ。

Img46076

70系の先頭車・クハ76型。名古屋地区では、先頭車はこのクハ76型しか配置はなかった(他地区ではクハ75、クハ77という形式も存在した)。大方の車両は、正面窓がHゴム化されていたけれど、この車両は珍しくそれが為されていない。今となっては貴重な写真だなあと、撮影した本人でも思っている。

俗に言われる“湘南型”と、ほぼ同じ型だ。塗り分けラインも全く一緒。製造当初は横須賀線で使用されており、その色のまま名古屋地区でも使用されていた。「スカ色、スカ型」の元祖である。

前述した113系などは名古屋地区では原則として湘南色だったから、中央西線や名古屋駅でやって来る車両を眺めていると、スカ色だったり湘南色だったりと統一が取れていない時代だった。当時の名古屋地区は、殆ど「東京のお古」の車両しか配属されていなかったから、その影響だろう。

Img46176

先頭車・クハ76のサイド。運転席後ろの窓に、タブレット受け損じ用の格子が付けられている。70系が中央西線に投入された1960年代後半頃は、高蔵寺か多治見より先が単線区間だった筈なので、その対策で、あとから付けられたものだと思う。

Img46170

当時の私にしては珍しく、車内の写真まで撮ってあるのでご紹介しよう。電動車・モハ70の車内で、何と言っても特徴的なのは扉前に設けられた「つかみ棒」だろう。今から思えば最も人が集まる部分に邪魔な物がついている気がするが、当時はこれでもお客が捌けたものらしい。ニス塗りの車内や灰皿にも時代を感じるなあ……。

因みにこの当時の中央西線は、昼間だと1時間に2本程度しか普通列車の設定がない。ラッシュ時でやっと4~6本と云う具合だ。もうこの頃には振り子式電車の特急「しなの」が1時間に1本は走っていたのに、普通列車は散々な有様だった。如何に当時の国鉄が、名古屋地区では利用されていなかったかを裏付けるような数字だと思う。

Img46875100

最後に、お見苦しいついでにもう一枚。

70系電車の中に組み込まれてはいるが、車両形式・番号としては「サハ85 103」と記録してある。書籍等の資料を見ても間違いはないようなので、そのまま記しておこう。
ややこしい話だが、「湘南型電車のグリーン車・サロ85を格下げして普通車化し、尚且つ70系に合わせて3扉化して塗装も変更した車両」ということになる。ご覧になり辛いとは思うが、中央の扉だけ少し幅広なのがお判り頂けるだろうか。それが増設した扉である。

グリーン車の格下げ・普通車化は、気動車などでも例があるが、こんな旧型電車でも既にそういう改造はあったようだ。実際、この車両に乗ってみると、車内は「何でこんなに座席のシートがフカフカなの?」と思うような、豪華設備だった。座席だけは、グリーン車のものをほぼそのまま活用していた、と手元の資料にもある。今にして思えば、もっとこの車両を選んで乗っておくべきだったなあと、少々後悔が残る。他にも、70系サロの格下げ改造車で、サハ75(名古屋地区の車は100番代車・同じく3扉化改造)と云う形式もあった。

中央西線を走る70系は、私が物心ついた頃には神領電車区に配置された車ばかりで運用されていた。
ここに掲載した写真は全て1978年に撮影したものだが、1980年の車両配置表では、もう神領電車区の項から70系電車が消えてしまっている。1979年に私が高校へ入って、校則の厳しい学校で揉まれている間に、廃車の運命を辿ったらしい。サヨナラ運転などの記事も、新聞では気付かなかった。廃止記念乗車券の話も聞いていない。

私が「鉄」の写真を本格的に撮り始めた1980年には、中央線の普通列車も113系ばかりになっていた。意外にひっそりした最期だったな、と個人的には思っている。

尚、何分、昔の車両の話題なので、古い資料などを参考にしながらできるだけ正確を期すようには努めたつもりだが、記事中に誤りがあるかも知れない。
お気付きの方はどんどんご指摘頂ければ、執筆者としても幸甚に存じます。

***

※お詫びと訂正:Tの糞爺様から、「タブレット除けの保護棒は中央西線では使われなかった」ことと、「この車両の名古屋地区での廃止時期は1978年12月である」旨、ご指摘を頂きました。ここにお詫びして訂正致します。同様には厚くお礼申し上げます。

|

« ゾロ目の日に敬意を表して | トップページ | 魚澄庵ぱそこん今昔物語 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
貴重な写真ですね~
正直、70系などの旧性能電車はまったく未知の世界です。
正面2枚窓流線型は塗り分けも含めて湘南電車以来の流行ですね。
実に旨いデザインだなあと思います。
最後のサロ改造普通車は向かい合わせの座席でしょうか?
窓のピッチが広いのでもしかして583系のような座席だったのでしょうかね?

投稿: vanagon714 | 2010年2月27日 (土) 19時53分

呼ばれたような気がして出てきました。
4歳のときから12年間この電車にお世話になりました、ウチにもオリンパスペンで撮ったピンボケ写真が何枚か残っています、初期のニス塗りの車両と全金の300番台の落差が大きかったですね。
3枚目の写真ですが、名古屋-瑞浪間、瑞浪-中津川間とも電化と同時に複線化もされているので神領電車区の70系電車がタブレットを使用したことは無いと思います。
運転席後ろの保護棒は「山スカ」の特徴ですから、三鷹電車区から転属してきた車両ではないでしょうか。
サハ75,85も懐かしいですね、いつもこの車両を選んで乗っていました、ただ柱が邪魔で外が見えにくいのが難点でした。
神領の70系は1978年12月にさよなら運転をしていますから、これらの写真は引退直前に撮影したということになりますね、代わりにやってきた113-2000もすでに廃車され、後ろに写っている○坂屋もまもなく解体されるということで、時の流れは早いですねー

投稿: Tの糞爺 | 2010年2月27日 (土) 20時19分

私には全く縁も所縁もありません。
vanagon714さんと同様「未知の世界」ですwobbly
この頃は711系しか地元にはありませんでしたからねtrain

お二人さんはM坂屋の解体で面倒な事になりますね。
ご愁傷様ですweep

投稿: N市のT | 2010年2月27日 (土) 21時57分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
交流電化の専門地域にお住まいのvanagon714さんからコメント頂けて、大変嬉しく思っています。「旧型国電」は直流電車にしか存在しませんから、コメントゼロも覚悟して書いた記事でして…… (^ ^;;;
湘南型とあの塗り分けは、気動車にまで波及しましたよね。キハユニ16だったかと思いますが。当時としては、最先端のデザインだったのでしょう。今でも湘南型電車は“伝説の車両”と言われるくらいですものね。
サロ改造普通車は、相向き合いの座席でした。仰せの通り、583系の昼間の姿と酷似しています。ただ、扉を新設した部分だけは同じ座席を横手向きに置いて、「セミクロスシート」に無理矢理していましたね。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年2月27日 (土) 21時59分

>Tの糞爺さんへ
こちらでは、はじめまして。コメント頂き有難うございます。
お察しの通り、お呼びしたので、ここでのご登場は誠に意義あることであります。
色々とご指摘等、有難うございます。本文末尾に訂正文を入れようと思います。私も身近な路線ながら結構知らないことが多くて、記事を書く段階になって少々慌てふためいていた次第です。
サロ格下げの改造車は、本当に良い座席でしたね。私は乗車区間が短かったので、窓の柱にまでは気付きませんでした。言われてみれば、シートピッチの割には窓の幅が小さく、柱が気になったものと思われます。
正式な引退時期も知りませんで、ご教授頂き助かりました。1978年12月ですと、私共は高校受験の直前でしたから、新聞記事などにも気付かなかったのでしょうね。
置き換えの113系も名古屋地区からは消えてしまい、○坂屋も解体目前、本当に時代の推移は早いものです。ご本人のお言葉を敢えてお借りするなら、私も糞爺呼ばわりされるのは時間の問題かと思われます。

投稿: Tの糞爺さんへ | 2010年2月27日 (土) 22時19分

>N市のTさんへ
縁も所縁もない車両の記事にコメント頂き有難うございます m(_ _)m
そうですよね~、そちら方面では711が限度ですよね。bullettrain

それにしても
>M坂屋の解体で面倒な事になりますね
は、全く以ってトホホでございます。crying
M駅17系統をどこかの車庫に押し付けた某車庫が、恨めしゅう存じます(どっちにしても、K幹バスがありますが……) bus signaler down cake(←最後は自分でも意味不明になっております)。   

投稿: N市のTさんへ | 2010年2月27日 (土) 22時35分

1999年春~2001年春まで鶴舞にある専門学校に通っていました。
最寄り駅が星ヶ丘な為、地下鉄で鶴舞まで行くより千種で乗り換えた方が早い(但し高い!)という事で1年程はJRに乗り継いで行きました。

当時313系が登場しておらず朝のラッシュは103系の10両が走っており、1区間だけであるもののわざわざこの列車で通っていました。7両+3両の6M4Tでしたが、60キロ過ぎた後の加速は悪かったですね。

これらの運用も313系の登場とともに無くなりました。
美濃太田に103系が保存(放置?)されているみたいですね。

投稿: 企4 | 2010年3月 1日 (月) 21時22分

この当時、北海道民は、国鉄の事を「汽車」と呼んでおり、電車は、函館市電・札幌市電(定山渓鉄道もあったが、どちらかと言うと汽車)などが電車でした‥今でもその名残はありそうです。
確かに711系は走ってはいましたが‥
実は私も70系は縁もゆかりも無い‥いや、新潟でこの仲間に出合ったのです。色こそ新潟色ですが、しっかりと??チョットだけ??縁はあった様です。

投稿: suzuran6 | 2010年3月 2日 (火) 08時10分

>企4さんへ
70系・73系を置き換えたのが113系・103系だった訳ですが、その113・103系も淘汰されて久しいですね。
名古屋に来た103系も、京浜東北線や横浜線のお古でしたので、登場当初はブルーとウグイス色が混色で走っていました。ブルーに統一された後に、民営化で徐々にJR東海カラーになっていきましたね。企4さんが乗られていたのは、後者の混色時代くらいだったのかなと思います(違っていたら、済みません)。
民営化後に投入された311・313系に比べると、103系の加速は悪かったですよね。カルダンの音を「ウィーン」と唸らせて走っていたのが、今では懐かしくさえ思えます(JR西の地区へ行けば、今でも現役ですが……)。
最近、美濃太田の方へもめっきり行っていないので、あの車庫にどんな車両が留置されているのかは知らずにおりました。国道沿いには、新しく出来る博物館行きの車両がかなりの両数がシートを被せられて留置されていましたが、103系まであそこに置いてあるのは知りませんでした。てっきり、もう全車が浜松で解体されたと思っていました。博物館入りの車両リストに103系は入っていないので、何の目的で留置されているのでしょうね?

投稿: 企4さんへ | 2010年3月 2日 (火) 22時29分

>suzuran6さんへ
実は、この記事を書いた背景には、以前suzuran6さんが東北旅行の合間に新潟で70系電車を見られた、と書かれていたこともあるのです。
新潟地区では、仰せのように塗装も異なり、また他の旧型車両と混成で走っていたらしいですが、間違いなく存在していました。あの記事の写真を拝見した時に、大変懐かしい思いをしたものです。
交流電化区間でお若い頃を過ごされた方などには、馴染みの薄い車両だと覚悟の上で書きましたが、車両図鑑などで見られたことがあれば、との思いもありました。

私が初めて渡道した時に、泊めて頂いた先の方が、やはり国鉄のことを「汽車、汽車」と呼ばれていました。札幌近郊の電化区間は、今でもその頃のままで、「汽車らしさ」の趣が濃く残っている地域だと思います。711系電車も車内へ入れば「汽車らしい」座席配置ですしね。流石に731系は「電車らしい」と思いますが。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年3月 2日 (火) 22時48分

私が名古屋の名東区に転入して来たのは1984年です。その頃中央線、と言えば113・103系ばかりでした。私は名古屋に来る前は根岸線沿線に住んでいたので水色の103系はごく当たり前の存在でした。まさか名古屋に来ても水色の103系が見れるとは思いませんでした。

関係ない話になりますが、名東区の高針台中学校出身の浅田真央が銀メダルを取りましたね。

投稿: リニモ1号 | 2010年3月 4日 (木) 15時18分

>リニモ1号さんへ
……そうですか。1984年、ですね。
仰せの通り、その当時70系電車は既になく、103系・113系の天下の時代でしたね。どこにでもある「湘南カラー」と「水色103系」の、最もつまらない時代だったとも思います。
名古屋の103系は、大半が京浜東北線のお古ですので、ラインカラーもごく自然に水色になりました。ことによると、リニモ1号さんが根岸線で乗られた車両に、名古屋で再会されているかも知れませんね。

私は色々なことに疎いので、浅田真央選手が高針台中学の出身と云うことも知りませんでした。ご存知のように、高針台中学は、私共の母校・I中学から分離・独立した学校ですから、そんな凄い人が間近にいたことに、吃驚しています。

投稿: リニモ1号さんへ | 2010年3月 4日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/33543830

この記事へのトラックバック一覧です: 中央西線の70系電車:

« ゾロ目の日に敬意を表して | トップページ | 魚澄庵ぱそこん今昔物語 »