« キハ52 122と私 | トップページ | 塩浜貨物線撮影旅行 »

2009年12月12日 (土)

排気ガスの『にほい』

Dscn5398

車から出る排気ガス。
殊に私たちが運転する大型車は、ディーゼルエンジンのものが多いから、粒子状物質も大量に出て大気汚染の元凶のように言われることもある。

ところが、だ。私はこの排気ガスの臭いが、小さい頃から大好きなのだ。

随分変な奴と思われるだろうが、例えば小さい頃、父が車で出勤しようとする時に私はわざわざ排気ガスの出る車の後ろ側へ行って父を見送っていた。ある時に母が気付いて「そこは汚いガスが出るから、やめなさい」と言ったことがあるが、私は聞かなかった。

私たちのご幼少の砌は、ガソリンに触媒の鉛が入っているのが当たり前で(昭和50年代に、有鉛ガソリンは公害対策で販売中止になった)、排気ガスの臭いは今よりもいい臭いに思えた。鉛入りのガスを好んで吸っているのだから、煙草を吸うよりよほど有害かも知れぬ。ガソリンに限らず、灯油ストーブの燃える臭いも好きだった。でも何と言っても一番好きなのは、バスなどのディーゼルエンジン車の排気ガスだった。

そんな私を見て、小学1年の頃だったか、四日市喘息などが社会問題化し始めた時に、上級生が私に嫌味を垂れた。「ほぉ~、オマエそんなに排気ガスが好きなのォ。四日市へ行ってスモッグを全部吸ってくれるのかよォ。あ~りが~とねぇ~」。
かなり辛辣な言葉ではあるが、排気ガスの臭いが好きなのは事実なので、私は何も言い返せなかった。

よくよく考えてみると、排気ガスと共通する臭いとして、シンナーの臭いがある。私はこれまた小さい頃から、油性マジックの臭いも大好きだった。シンナーもガソリン類も、引火性の物質であることには変わりがない。だから、それらの臭いが好きだったのであろう。

現在でも、自分が乗務するバスを運行前点検でぐるりと一周見て回る時、排気ガスの出口辺りで一旦停止してしまう。最近の新しいバスはDPDや尿素水のお蔭で臭いが変わってしまっているので余り立ち止まらない。古いバスほど立ち止まる時間は長い。

でも、小学生になる前からシンナーの臭いも好きだったなんて、ちょっと私はアブナイ奴であることも否定できませんなぁ。

後記:リニモ1号さんのご指摘により、記事アップ後、一部記事文面を書き換えました。ご指摘頂いたリニモ1号さんには、心よりお礼申し上げます。

|

« キハ52 122と私 | トップページ | 塩浜貨物線撮影旅行 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

昔日野REが黒煙をモクモクと吐きながら爆音を立てて走って行ったのを思い出します。当時の自宅は名東区(猪高・大森営業所)、通っていた高校は瑞穂区(御器所営業所)というふうで日野車はお馴染みでした…。


P.S.今の日本の自動車用ガソリンはレギュラーガソリンもハイオクガソリンも無鉛です。有鉛ガソリンはセスナ等のレシプロエンジンの飛行機用にあるのみです。
実は私が乗っている車も高性能なエンジンを積んでいるわけではないですが、エンジンの構造上(直噴ガソリンエンジン)ハイオクガソリン仕様だったりします…。

投稿: リニモ1号 | 2009年12月12日 (土) 22時33分

>リニモ1号さんへ
まずは、ご指摘有難うございました。当該箇所の文面は一部手直しして再アップ致しました。

ところで、リニモ1号さんも「日野エリア」のご出身なんですね。
私も小学2年まで守山区に、以降は現在の地に住み着いております。当時はI高車庫の前身の天白車庫Hヶ丘分所が守山区・千種区(現在の名東区を含む)をカバーしていましたので、引っ越す前も後も、Hヶ丘分所エリアのままでした。その後、高校は植田一本松、大学は樋入が最寄停留所の学校に通いましたので、またまたI高車庫エリア。結局、私もずっと「日野エリア」で過ごしました。
そして、遂にはI高車庫へ就職。現在、I高も他車庫同様、いすゞやらUDやらが入っておりますが、今一納得できない気分のまま仕事しています。

Hで始まる社内番号の車も残りあと僅か。いい『にほい』の排気ガスも、間もなく吸えなくなりそうです。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年12月12日 (土) 23時38分

乗り物の匂いって苦手な人も多いとは思いますが私は好きです。
気動車に乗るときの排気ガスの匂いや軽油の匂いなど、けっこう好きですね~
昔のバスも乗り込んだ瞬間の、あの独特な排気ガスとオイルとペンキの混ざったような
匂いが好きでした。
連絡船とかフェリーの、船舶系の匂いもまた良いですね~
重油の匂いなのか排気ガスの匂いなのか定かではありませんが
思い出すとたまりませんね(笑)

投稿: vanagon714 | 2009年12月13日 (日) 09時57分

私もシンナーのにおいが好きでした。でもよくない使い方はしていません!!
ただ、シンナーの臭いを嗅いだ(吸ってはいません、あくまでも塗装など‥)あとには鼻が詰まり、鼻水が出る為に(体質?)真剣に脳みそが溶けていると信じており、恐れてはおりましたが‥

投稿: suzuran6 | 2009年12月13日 (日) 10時00分

REで煙をモクモクさせて走っていたのは私です。
おさかなさんも某オレンジイエローのバスでモクモクさせていたのではありませんか?

私も子供の頃からSLの煙の匂いやディーゼルの排ガスの匂いが好きでした。
札幌には路面Dがあったので電車とは違う味わいがあり、油と排ガスの入り混じった匂いが好きで、電車を見送ってDが来るのを待って母親を手こずらせたものです。

エンジンのメーカーや車種によっても匂いが違ったり、同じ型式の気動車でも地域によって若干匂いが違ったりで味わいがあります。

乗り物好きな方は、見るだけでなく、音や匂い等、五官を使って楽しんでおられますね~。

投稿: N市のT | 2009年12月13日 (日) 13時11分

>vanagon714さんへ
同感!であります。
私は船舶の経験が後年までありませんでしたので、もっぱら気動車とバスの臭いを楽しんでいましたが、どちらもあの軽油系の臭いと床の油の臭い(昔は板張りでしたものね)、それに塗装の臭いが混ざって独特の車内臭がありましたね。あれ、堪らなく好きでした。
小学生の頃は、バスに乗っただけであの臭いにやられて「オェッ」とやっちゃう人がいましたが、そういう人の気持ちが全く理解できなかったのは他ならぬ私です……。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年12月13日 (日) 21時19分

>suzuran6さんへ
まあ、シンナーの臭いを良くない方面で使っておられた方は、多分このブログなど読まれていないでしょう。
以前私が考えた下らないネタで「アンパンをやっていて警察に捕まった、ドジなアン○ンマン」というのがありますが、これは、や○せたかしさんからお叱りを受けても文句が言えませんね。
ともあれ、アンパンをすると脳が溶けるとは、わたしも子供の頃よくよく親に言われたものです。それぐらい、油性マジックのキャップをよく開けていました。やはり私が一番危険人物ですね (^ ^;;;;

投稿: suzuran6さんへ | 2009年12月13日 (日) 21時29分

>N市のTさんへ
よくご存知で(苦笑)……。
そうです。私のバスのスタートは、オレンジとイエローの某学校の日野REでした。乗ったのは1年だけなんですが、バックミラーで見ていると、黒煙が写っていて、「古い車はたまらんなあ」と思っていたものです。
今の職場の研修所へ行ったら、またREが2台いたので「うわっ、またこれで練習かよ」とか思ったり(笑)。

札幌の路面Dは知りませんでした。定山渓鉄道ではなくしてですか? 
何しろ、音・臭い・座り心地・そして風景と、ほぼ五感を駆使して“気動車旅”を楽しんでいますね。「味」だけは判りませんが。

投稿: N市のTさんへ | 2009年12月13日 (日) 22時11分

定山渓鉄道にもDはありましたが、旧千歳線経由で札幌駅まで乗り入れていたので路面扱いではなかったと思います。

札幌市営の路面Dは新琴似方面が当初電化していなかったので走っていたのです。
電化後は廃車になったり電車に改造されたりしました。

味はテーブルに★を乗っけてプシュッといくのですよbeer

投稿: N市のT | 2009年12月13日 (日) 22時58分

うは~
おさかなさんもあの排気ガスが好きでしたか。。。
実は私もでした(^^)
小学校の頃、学校帰りにあった自動車整備工場。
ここでよく車のエンジンをかけっぱなしにして、なにやら検査をしていたようですが
私はそのマフラーから出る排気ガスをよく吸ってました(^^;)
今考えると、とっても危険な行為ですが、
あの匂い(?)、味(?)、刺激(?)がたまらず好きだったのよね(^^;)

投稿: まる | 2009年12月13日 (日) 23時31分

>N市のTさんへ
路面鉄道にDがあったとは、初めて知りましたねー。
昔、M鉄の瀬戸線にガソリンカーを改造して電車になった車両ってのはありましたが、路面バージョンもあったのですね。

味……★……よっく判りました(爆)。

投稿: N市のTさんへ | 2009年12月13日 (日) 23時45分

>まるさんへ
お~、こちらではお久し振りです。
相変わらずこんなことばかり書いてます~。

ところで、へー、まるさんもあの臭い、好きだったんですか。ちょっと意外でしたね。特に鉄マニアでもバスマニアでもないまるさんまでもが……。
子供の頃って、男子は車に興味を持つ子も多いから、排気ガスもついでに好きになっちゃうってパターンは結構あったかも知れませんね。
独特の臭いで、多少刺激臭でもあるから、好きになるとクセになっちゃうのかも? 何れにせよ、同士がいて嬉しい限りです。

投稿: まるさんへ | 2009年12月13日 (日) 23時52分

はい、私は10年ほど前までK駅~I小・中学校(ちなみにI小・中学校の卒業生です)に至る坂の途中に住んでいました。黒煙モクモクの日野REに限らず他のバスもエンジンを唸らせながら坂を上っていました…。

高校時代はまだ地下鉄桜通線が野並まで開業していなかったこともあり、G営業所(現・分所)、N尾営業所、N並営業所、N野営業所(現在は廃止)のバスで通学していました。したがって通学で4メーカー全部のバス(いすゞは当時改築中のJ心のバスがN野とN並に疎開していたため)に乗ったことがあります。

投稿: リニモ1号 | 2009年12月16日 (水) 14時28分

こんばんは。ご無沙汰してます。
REの煙モクモク、エンジンカリカリ音と共に良かったですねぇ。
82号系統の右回り(しかなかった)でRE音には萌えました。REとRCではエンジン音が全然違いましたからね。

最近は排ガス規制が厳しく、黒煙が見えてはいけないらしいですね。
最新のKV(LV)234N2は全く黒煙も見えなければ、通常時は嫌な臭いがしません。
ただDPD作動時は焦げ臭いですね。一生懸命燃やしているのでしょう。
DPD作動時にアクセル踏むと排気ブレーキ解除音みたいなのが出ますが、あの音好きなのでしょっちゅう「シュッパッ」と鳴らしています(笑)

投稿: 企4 | 2009年12月16日 (水) 23時12分

>リニモ1号さんへ
ほほー、あそこの坂の途中にお住まいでしたか。
あの坂はかなり急なので、今時のバスでもかなりエンジンをふかさないと登っていきません。NNの非尿素車(私共の車庫には3台在籍)でK社11を担当させられると、「D」レンジではあの坂をマトモに登ってくれません。「2」まで落とさないとダメですね。NNの非尿素車って、凄くパワーが弱いんですよ。

学生時代に4社のバスに乗られたのは羨ましいですね。
そう云えば私が高校2年の頃に、老松・北・熱田が相次いで廃所になり、その煽りで一時期I車庫にもふそうが来たことがありました。私は基本的に自転車通学でしたが、雨の日だけはバスでして、その日にたまたまふそうが来ると、物珍しくて嬉しかった記憶がありますね。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年12月17日 (木) 21時01分

>企4さんへ
お久し振りです。
現在の幹H1号系統の元祖である82号系統、それも、後からできた循環路線は、当初右回りしかなかったですね。私は学生時代、今の町田橋停近くでアルバイトをしておりまして、たまにですがわざわざバスに乗って帰ることもありました。右回りだと長い時間バスに乗っておられるので……。
RCになってからは、エンジンが随分静かになりましたね。初めてRCに乗った時は、「何か日野らしくないなあ」と思いましたよ。

現在のDPD付き、私はあの発進時の「シュッバッ」音が逆に好かないのです。なので、DPD作動中はなるべく止まらないような運転を心がけています。あの焦げ臭いにおいも、今一好きになれませんね。

投稿: 企4さんへ | 2009年12月17日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/32584326

この記事へのトラックバック一覧です: 排気ガスの『にほい』:

« キハ52 122と私 | トップページ | 塩浜貨物線撮影旅行 »