« 佐賀駅前のバス見たまんま | トップページ | おさかなの休日 »

2009年11月22日 (日)

長崎・佐世保線撮影結果ご報告

先日も書いたように、スキャナーが少し機嫌を悪くしてしまっているので、今日はちょっとご機嫌を伺いながらフィルムのスキャンをしてみた。勿論、今日一日ずっとそればかりしていた訳ではないが、ともあれ読み込めた画像を遅まきながらご紹介していこうと思う。

Img395

撮影初日に、祐徳バスに乗って出掛けた長崎線・多良~肥前大浦の撮影地での映像。今回の中ではこれが一番のお気に入りで、このあとは碌でもない写真しか並んでいないけれど、ここは結構有名な撮影地のようなので、お気に入りが撮れて当たり前と云う条件のようだ。因みに参考にしたサイトにはタテ位置の写真が紹介されていたが、私はどうもヨコ位置の写真の方が好みで、また「白いかもめ」よりはハイパーサルーンの方が好きなこともあり、敢えてこの写真をご紹介しておく。

Img397

「適度に鄙びている」点からは、ここ以上の場所を見つけられなかったが、駅自体が鄙びている永尾駅から少し武雄温泉寄りに移動した所から撮ったもの。この辺り、全体の雰囲気はいいのだが、列車を入れて構図を作ろうとすると中々思うようなアングルが作れなかった。雰囲気に合う構図作りの難しさをつくづく感じた場所でもある。尚、走っている車両はこれもハイパーサルーンの特急「みどり」である。

Img396

Img398

駅の雰囲気としては抜群の永尾駅での写真を2枚ほど。上の写真は、駅舎の反対側のホームから自由に駅裏へ出られるので、そこから葉を落とした柿を配して撮ってみたもの。ローカルらしさと晩秋が同居していて、私的には大変気に入った場所だった。一方下は、ご覧の通りの待合室。待合室の椅子が全て木造りで、またその椅子が適度に外の光を反射させているので、何とかそれを生かそうと思いながら撮ったもの。手入れは行き届いているものの、昔の風情をなくしていない駅の表情を感じ取って頂ければ嬉しいのであるが……。

Img399

これは撮影紀行文の方でも、写真入りでご紹介した場所。右側の楠か何かの高木(こうぼく)が車窓から大変気になったので、赴いてみた所だ。本来なら、当の高木にもっと近付いて、木の高さを強調できるような撮り方をしたかったのであるが、木の付近はご覧の通り耕地となっているので、このアングルが限度であった。北方~高橋にて。

Img400817

上有田駅から三間坂寄りを望むと、嫌でもこの隧道が眼前に立ちはだかっている。場所を色々移動して三脚を構えてみたのだが、結果的に最も気に入ったアングルはこれだった。これ、実はホームの中途半端な位置から構えていて、列車が短い編成でなければ確実に乗降客の迷惑になってしまう場所なのである。普通列車の短編成・ワンマン化に対して良い心情は持っていないけれど、逆にそれらに助けられた一枚でもある。

Img401

先程の上有田駅で撮影中に、同業者から「『さくら』狙いですか?」と声を掛けられたことは紀行文の中でも書いたが、これがその臨時の『さくら』。運転されることも知らなかったから尻追い撮影になっていることも、紀行文の通り。左側の小さな氏神様か何かの祠が絵になりそうで、こういうアングルで三脚を構えてしまっていたのだ。列車側面は完全逆光で、画像ソフトで加工しまくっている。ある意味これも、玉砕写真だろうか。尚、紀行文中では24系客車と書いているが、実際には14系客車の誤りであった。永尾~三間坂にて。

4日間写真を撮って、たったこれだけ? と尋ねられそうだが、たったこれだけなのである。
撮影意欲は十分にあったし、フィルムが不足していた訳でもない。なのに、何か自分の中で歯車が上手く噛み合わずに、結果として36枚撮りフィルムを2本消化しただけなのだ。列車本数が案外少ないことも、言い訳として付け加えられるだろうか。言い訳を連ねても仕方ないけれど、何しろ予想していたよりは成果が出なかったなとの思いはある。

でも、帰りの切符でちゃんと自分なりにガス抜きはしてきているので、その点は心配御無用である。

|

« 佐賀駅前のバス見たまんま | トップページ | おさかなの休日 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

長閑でいい景色ですね~。
ハイパーサルーンは色合い的には地味ですね。
やはり国鉄色はいいですね~。

投稿: N市のT | 2009年11月23日 (月) 20時57分

>N市のTさんへ
自分の好みとして、「長閑な所」を選びたがる傾向があると思います。こう云った所に、カチッとした白の「かもめ」はあまり来て欲しくないのです。で、地味な色のハイパーサルーンの写真が多くなっています。
でも、DE+ブルトレは国鉄らしくて、最もしっくり来る色合いですよね。

投稿: N市のTさんへ | 2009年11月23日 (月) 22時32分

やはり九州はいいなあと改めて感じました~
ほんと長閑でいいですね。
ハイパーサルーン、独特の塗装のせいか2枚目の写真は短い車両が
たくさん並んで見えました(笑)
一瞬タルゴかなと思いました。
14系客車も懐かしいですね~

投稿: vanagon714 | 2009年11月24日 (火) 20時27分

永尾駅、駅ですねぇ。それは駅ですから、と言われればそのままですが。そのまま、蒸気牽引の列車が来てもピッタリの雰囲気です。日に何本も無い列車をボゥッと本でも読みながら待っている事ができそうですね。

投稿: suzuran6 | 2009年11月26日 (木) 17時03分

>suzuran6さんへ
仰せの意味、よく判ります。永尾駅は、最近降り立った駅では最高のヒット駅だったと思います。
「駅」と言うよりも「驛」と書いた方が相応しいくらいですね。
私もこの駅なら、一日中いても退屈しないと思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2009年11月26日 (木) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/32314051

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎・佐世保線撮影結果ご報告:

« 佐賀駅前のバス見たまんま | トップページ | おさかなの休日 »