« 同士への合図 | トップページ | カセットのCD化、遅々として進まず »

2009年11月28日 (土)

九州だなぁと思うトキ

Dscn5344

私の旅行は、いつも書いているようにJRに偏っている。旧・国鉄のファンであるので致し方ないけれど、それが故に私鉄に関して知らないことも当然数多い。
殊に、関東圏や関西圏など鉄道が密集する地域の私鉄に疎いのは、鉄中心のブログを書く者として知識不足に過ぎる面があるだろう。

そう云う人間が書いているブログであることを念頭に置いて、この記事はお読み頂きたいのだが。

上に掲出した写真は、JR九州の普通列車車内で撮影したもの。見慣れないマークと思う方も多いかと思うが、注意書きにあるように「床への腰掛けお断り」のシールである。

私たちの世代から見ると、電車の床に直接腰掛ける行為など非常識極まりないことのように思うのだが(その昔、国鉄全盛期に満員列車で床に新聞を敷いて座ったというのとは、全く別の話である)、今時の中高生の方から言わせると別段珍しい行為ではないらしいのだ。車内に限らず、駅のホームで車座に座っている高校生は男女を問わずよく目にする光景になった。

冬季に雪の降る地域では、冬は床が極端に汚れたり濡れたりするから、如何な高校生と言えどもこういう行為は少ないと思う。逆に暖かい地域ほど、この行為はよく見受けられるだろうと思う。

いつ頃から始まった慣習か定かではないけれど、列車がワンマン化されて車掌による車内巡回が行われなくなってきてから増えた行為であろうことは想像できる。私の記憶で一番古いのは、平成になる直前の小浜線撮影時ではないだろうか。

だが、一般常識を兼ね備えた方なら誰でもお判りのように、この行為は大変迷惑である。それもわざわざ出入り口付近を狙って床座りをしてくれるから、乗り降りする方からはハタ迷惑この上ない行為だ。だが、そういう方たちから注意を受けても彼らはこの行為を全く止めない。それでとうとう登場してしまった情けないシールである。

このシール、私はJR九州でしか見たことがない。先程書いたように、関東・関西の私鉄では、乗ったことがないから貼られているかどうかは判らない。時期的にいつ頃からかと云うことも、はっきり記憶にない。5年以上になることは確かだが、私も最近、記憶力の減退が著しいから、もっと前からだろうなと思ってはいる。

何しろ、九州へ来て、普通列車に乗ると、このシールを目にする。そして「ああ、九州に来たな」と思うのである。変な物で「パブロフの犬」的思考をしてしまう訳だが、やはりこの行為は、九州で最も頻繁に行われているのだろうか。

尚、九州を非難するつもりの記事ではないので、そこだけは誤解のないようにお願い致します。

|

« 同士への合図 | トップページ | カセットのCD化、遅々として進まず »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

私の知っている東京の私鉄では、そんなに空いている路線はありません。床に座りでもしたら、踏んづけられ、蹴飛ばされ大変な事になると思います。
乗車率との関連性もあるものと思われます。

投稿: suzuran6 | 2009年11月29日 (日) 17時45分

>suzuran6さんへ
なるほど、言われてみれば関東などの私鉄では、乗車率が違いますよね。床に座り込むようなスペースはないですよね。そこまで考えが及びませんでした。
そうなるとやはり、九州程度の乗車率だと……と云う話になってきますね。博多の前後を除けば、床に座れるだけのスペースは十分にありますから。

投稿: suzuran6さんへ | 2009年11月29日 (日) 22時38分

こんばんは。
床すわり、北海道ではあまり見かけない光景ですね。
昔、長距離列車が混雑しているとき、デッキに新聞紙を敷いて
座っている人を見かけました。
特急で座席を回して向かい合わせにしている、背もたれのスキマに
潜り込んで寝るという兵の話を聞いたこともあります。
網棚に寝るという話は聞いたことがありますが目撃したことはありません。
ちょっと話がズレてしまいましたね・・・(^^;;;

投稿: vanagon714 | 2009年11月30日 (月) 22時01分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
そう、国鉄の全盛期には、長距離列車で床に新聞を敷いて座るのは珍しい行為ではなかったようですよね。私も、小学生の頃、山陰線でその光景を見たことがあります。
でも、今時の学生さんたちは、新聞を敷かずに床に直座りですから、見るからに不潔そうに思えてしまうんですよね。まあ、男子高校生の制服に清潔さを求めること自体が間違いかもしれませんが  (^ ^;;;
睡眠方法も色々あるようですね。網棚って、人間が載っても壊れないものなんでしょうか? ちょっと気になったりします。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年12月 1日 (火) 00時10分

けっこう地方に行くと床に座り込んでいる学生を見かけますね。
JR北でもマナー向上のための添乗を行っているようで、最近「座り込み」が多くなっているようです。
邪魔ですよね~。

昔の夜行列車は座れなかったので、床に新聞を敷いて寝袋に入って寝た事があります。これは良く眠れます。「爆睡」というやつですね。
網棚に上って寝ているのも居ました。
これらを「C寝台」とか「D寝台」なんて言って笑っていました。

投稿: N市のT | 2009年12月 3日 (木) 16時35分

>N市のTさんへ
地方ほど、登下校時でも列車内は空いていますから、座り込みは多くなるかも知れませんね。JR北でも、雪の季節でなければ床は濡れていませんから、座り込みは有り得ますね。

新聞紙を敷いての長距離列車は、昔の定番だったようですからこの際はいいとしまして、やはり「網棚の上に乗って寝る」方があったのですね。考えてみればスキーのリュックやスキー板なども網棚に載せていましたから、あれは丈夫なんですね。落っこちた人はいないのでしょうか?
それにしてもC寝台・D寝台の言葉は知りませんでした(笑)。

投稿: N市のTさんへ | 2009年12月 3日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/32406038

この記事へのトラックバック一覧です: 九州だなぁと思うトキ:

« 同士への合図 | トップページ | カセットのCD化、遅々として進まず »