« 山陰本線(浜田近辺)撮影旅行・3-4日目 | トップページ | 救急車街道 »

2009年10月28日 (水)

山陰本線・浜田近辺撮影結果ご報告

自分の失敗だの撮影地荒らし屋だのと色々あった山陰本線撮影旅行のフィルムが上がってきた。いつものように、私の勝手なコメントと共にご覧頂ければと思い、本日の記事の開始である。

あ、そうそう、例の某横インからは、帰ってきたら留守電が入っていた。内容として「モーニングコールは確かに鳴っていたが、ホテル側が説明した『10分間鳴り続ける』は誤りであった。30秒間鳴り30秒間停止する、を5回繰り返すだけで、10分間ではなかった。その点はお詫び申し上げる」とのことだった。5分間、それも連続して鳴らないのであれば、起き切れなかった可能性は否めない。私もある程度は納得できたのであった。

さて、余談はおいて、ご覧頂くとしよう。

Img386s

オーソドックスな写真だが、ガイド本などに全く頼っていない割には、まあまあの景色なのでアップすることにした。元々は石見津田駅から徒歩20分ほどのガイド本に載っていた場所へ行こうとしたら、たまたま踏み切りの音がして、振り向いたらこんな景色だったので急いで撮ったというものだ。だから私にしては珍しく三脚を構えず手撮りしてある。石見津田駅から5分ほど益田寄りへ歩いた所にて。

Img387

「汽車はまだ来んかのぉ」とでも言っていそうなお婆ちゃん。ホームの端にちんまり座った姿があまりにも絵になっていたので、勝手に撮らせて頂いた。勝手に撮らせて頂いたくらいなので、お婆ちゃんのプライバシーも考慮して、撮影した駅名は内緒としておこう。

Img388

かの、宇田郷の鉄橋。本来、ここは紀行文にも書いたように夕景を逆側から撮るのが「お定まり」だが、海側から撮ったのでは、これが一番「ポピュラーでない」撮り方かなと思い、アップしておく。24mmの広角レンズのお世話になっている。須佐~宇田郷にて。

Img389

宇田郷の鉄橋からの帰りは、これも紀行文で書いた通り夕刻になってしまった。まだ、空に赤味が残っている頃、ちょっと絵になりそうな踏切を見つけたので、空の色が変わらぬ内にと撮ったもの。踏切のとっつけ道路には、また暇そうなネコが寛いでいたのだが、私が血相を変えて踏み切りへ向かっていくので、ネコは慌てて線路端へ逃げていってしまった。済まぬことをしたと思う。須佐~宇田郷にて。

Img390s

紀行文3日目の記事で、「三保三隅付近で先ずは腕慣らし」と書いたものの一枚。逆S字を描く線路が何ともいい雰囲気だったので、望遠レンズを構えた。これは200mmで撮っているが、線路のカーブをより強調するために300mmで撮った方がよかったかなと、今になって思っている。折居~三保三隅にて。

Img391

あれだけ色々書いたから、「ほのぽのSAN-IN」の写真を載せぬ訳には行かないだろう。私はこんなアングルで撮った。線路際の草で少し足元が隠れてしまっているので「一級品」ではないが、さっきこの写真をいつものプリント屋で焼いてもらったら、親爺さんが「いいロケーションだね」と言ってくれた。同業者が集まるのも頷ける。区間としては周布~折居になる。

Img392

雑踏の折居の後は、一人でのんびりと久代(くしろ)の駅付近にいた。絵にし難い処であったが、私の辞書には「困った時には広角レンズ」との文字があるので、これまた24mmのお世話になっている。これだけ広々と空を入れる構図は如何なものだろうか。尚、走っているのは例の“スーパーローカル特急”こと「Sまつかぜ12号」である。

Img393

最終日に、「お○○台通信」にある場所に辿り着けず、代わりに俯瞰した岡見の駅。こんな感じで望まれる。三脚を構えていたら、たまたまウォーキングの老夫婦が通りかかり「あら、列車が見えるのね。いい場所よね」と言っておられたから、悪い場所ではなかろう。駅から歩いて5分程度の場所だから、手頃でもある。

今回は、ロケーションのいい所が多かったので、自画自賛になるが結構気に入った写真が多く撮れた。また、天候にも恵まれ、少なくとも雨には一度も降られていない。

色々あったが「結果良ければ全て良し」の言葉を借用しておこう。

|

« 山陰本線(浜田近辺)撮影旅行・3-4日目 | トップページ | 救急車街道 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
どれも素晴らしい写真ですね~
空気感が伝わってきます。
3枚目の鉄橋と後から2番目の写真は特にお気に入りです。
空が広い写真って良いなあと思います。
最後の俯瞰写真もいいですね。野焼き?の煙がアクセントになっていますね。

投稿: vanagon714 | 2009年10月28日 (水) 23時16分

長閑でいい景色ですね~。
空の青と海の青がいいですね~。
明日お座敷から、☆を飲みながら眺望を楽しみたいと思います。

投稿: N市のT | 2009年10月30日 (金) 06時19分

海・山 共に 秋の青ですね、ギラギラしていないですもね。
4枚目はこの狭い中に家が建っていて、レイアウトの一部を見ているようですね。

投稿: suzuran6 | 2009年10月30日 (金) 09時37分

>vanagon714さんへ
稚拙な写真ですが、気に入って頂けるものがあって嬉しく思います。
3枚目は、やはり鉄道写真ファンの「聖地」とさえ呼ばれる『宇田郷鉄橋』ですから、いい場所だと思います。鉄道写真ガイドには大抵載っていますね。
この時期、野焼きは本当にあちこちで見かけました。苦し紛れの写真にアクセントを付けてくれたのであれば、感謝しなければいけませんね(苦笑)。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年10月30日 (金) 16時50分

>N市のTさんへ
今回は「できるだけ海を多く撮って来よう」と頭の中でイメージを抱いておりました。それなりの所が多く見つかってよかったと思います。
また、秋は空が大変高くなりますので、青さが際立ちますね。

明日のご旅行、好天とご無事をお祈りしております。

投稿: N市のTさんへ | 2009年10月30日 (金) 17時26分

>suzuran6さんへ
秋の景色は心が落ち着きますね。仰るように、様々な色がギラギラしておらず、温厚な色合いになっているからでしょうね。
のんびり写真を撮るには絶好の季節ですね。

>4枚目はこの狭い中……
申し訳ありません。5枚目のことでしょうか? 
そうでしたら、私も気付かなかったことですが、狭いレイアウトにちんまりと家が佇んでいて、模型的ですよね。中学時代に親に模型を取り上げられてしまって以来(汗)、模型はやっていないので、中々そういう目で風景を眺められないのです。そういう目をお持ちのことを羨ましく思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2009年10月30日 (金) 17時28分

すみません、どこを見ているのでしょう‥5枚目と8枚目の事です。

投稿: suzuran6 | 2009年10月31日 (土) 14時45分

>suzuran6さんへ
お返事有難うございます。判りました。
他の方も言われていますが、8枚目はこじんまりとした集落が鉄路の秋を彩ってくれていると思います。
偶然とは言えいい場所が見つかったものだと、嬉しく思っております  (^ ^)

投稿: suzuran6さんへ | 2009年11月 1日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31977670

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰本線・浜田近辺撮影結果ご報告:

« 山陰本線(浜田近辺)撮影旅行・3-4日目 | トップページ | 救急車街道 »