« 203系電車第1編成・僅かな誉れ | トップページ | 厳しいですなあ »

2009年10月16日 (金)

激辛食事大会

Dscn5159

このお店、辛い物好きには結構有名になっていて、様々なサイトにも登場しているようなので実名のまま出しちゃうことにする。

エリア的には、今回は私がN市のTさんのエリアを侵食したことになるのかな。何しろこんな中華料理屋があって、その気のある人にはかなり辛い食べ物を出してくれるらしいのだ。昨日サイトで探索したところ、麻婆豆腐と担々麺が激辛系の東西横綱らしい。

だいたい何でここへ行くことになったか、それを少しだけ記しておくと。

私が辛い物好きであることは、このブログでは書いている。一方職場でも、カレーのC壱番屋で最も辛いカレーに更に唐辛子スパイスをしこたまかけて平気で食べるので、一部の人の間でだが辛い物好きは知られている。それを聞きつけた職場の同じ組(班)のⅠ君が「おさかなさん、港区の方にこんな店があるんですけど」と話しかけてきてくれたのが、そもそものきっかけである。

当初4~5人で、との予定であったが、私の組にはそこまで辛い物好きはいないらしく、皆に参加を拒否されてしまった。で、結局、話を持ってきたⅠ君と私の二人きりで行くことになった。因みに当のⅠ君も「僕は別に辛い物好きじゃないですから、おさかなさん、存分に食べて下さい」と言うのだ。まあ、嫌いじゃないし、噂の店がどれくらいのものなのか挑戦したい気持ちも湧いてきて、二人でもいいから行ってみようということになった。

さて、店は、午前11時半を過ぎると常時行列との事だったが、私たちが着いたのは夕方5時半過ぎと中途半端な時間だったので、並ぶこともなく簡単に席にありつけた。

餃子やナスの味噌炒めなども、辛いのが苦手な人には結構辛く感じるらしい。が、これらはⅠ君と共にいとも簡単にクリア。別に、辛くも何ともない。じゃあ、本番に行きますか(何か淫靡なニュアンスですな、この言葉)となって、私は西の横綱・担々麺を注文。因みに「別に辛い物好きじゃない」Ⅰ君は炒飯で上手に逃避する。

サイトでも予習はしておいたけれど、出てきた担々麺はこういうもの。

Dscn5160

麺のスープは唐辛子そのものの色をしている。これは、挑戦意欲を煽る。

早速一口食べてみる。辛いのか出来立てで熱いのか、どっちか判らぬ。ただ、普通のラーメンのようにすすろうとするといとも簡単にむせ返ったから、やっぱりかなり辛いようだ。カレーに唐辛子スパイスどころの味ではない。益々挑戦意欲が刺激される。

Ⅰ君と喋りながら食べていたので、そこまでシビアにはならなかったけれど、普段の食事よりは時間がかかったと思う。何分かかったかも計っていないから判らない。何しろ、

Dscn5161

無事、完食できた。ただ、辛いものを食べて汗を書いたことが殆どない私でも、最後は汗を拭いて食べた。やっぱり相当なものだったみたいだ。私の隣に座った大柄なあんちゃん二人組も同じものを注文したが、「マジで苦しいっす。頭が痛いっすよ」とか言いながら、途中放棄してしまったようである。

食べ終えた直後は、お腹の辺りがホカホカ暖かかったけれど、食べ終えて2時間の今、いつもと同じ状態に戻っている。ただ、サイトによると「翌日、お尻が大変」とあるので、まだ油断は禁物である。大変になっても大丈夫なように、明日は指定休務日である。

かくして、取り敢えずは「第一の挑戦」が終止符となった。

次回は東の正横綱、麻婆豆腐を注文しようと言いながら、Ⅰ君の車で家まで送ってもらった。

次回が楽しみではあるが、その前に私が明日の朝になって息絶えていたら、こう云う事情ですので、お読み頂いた皆様、宜しくお願い致します(笑)。

|

« 203系電車第1編成・僅かな誉れ | トップページ | 厳しいですなあ »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

これは辛そうな色の坦々麺ですね~
辛いものが苦手な私は見ているだけで汗が出てきそうです(^^;;;
次回ご来道の際は辛いお店調べてご案内したいと思います。
ちなみに私はチャーハンが大好きです(^^)

投稿: vanagon714 | 2009年10月16日 (金) 23時36分

>vanagon714さんへ
流石に有名店だけあって、中々の辛さの担々麺でした。あれだけラー油で真っ赤なスープも久し振りに見ました。
渡道の暁には、ノーマル味のお店で十分でございます  (^ ^;;;
チャーハン、私も好きですよ。ただ、辛い物好きとして、折角こういうお店へ行ったので挑戦してみました。これはこれで、楽しかったと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年10月17日 (土) 18時13分

江別に行きつけの中華料理屋さんがあるので今度ご案内しますね(^^)
激辛ではありませんが、そこそこ美味しいお店かと思います。
私はいつもそこでチャーハン薄味と注文してしまいます。

投稿: vanagon714 | 2009年10月17日 (土) 22時01分

その後、胃~小腸~大腸~下水道‥大丈夫でしたか?私は『世界の〇〇ちゃん』の手羽先程度が限界です。C壱番屋でもいつも、普通の普通です‥。

投稿: suzuran6 | 2009年10月18日 (日) 13時24分

>vanagon714さんへ
ご厚情に感謝します m(_ _)m
激辛では非ずとも、中華系の料理は好きな物が多い私であります。
次回渡道の際には、是非宜しくお願い致します。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年10月18日 (日) 19時27分

>suzuran6さんへ
その後でありますが、意外と何事もなく終わりました。
勿論、下水道のお世話にはなっていますが、ごく普通にお世話になっただけで、どこかのサイトで読んだ「翌日お尻大変」には至らなかったようです。ご心配頂き有難うございます。
『世界の○○ちゃん』、私も一度だけ行ったことがありますが、あの手羽先は結構スパイシーですよね。
また、C壱番屋はかなり頻繁に通っており、普段から「3辛」を注文しています。
さかなの分際で唐辛子系が好きな、変な奴であります。 (^ ^ゞ

投稿: suzuran6さんへ | 2009年10月18日 (日) 19時40分

私のエリアですね~。
しかし、私は激辛は苦手なので行った事がありません。
スープの色を見ただけで、お腹が痛くなりそうです。
職場の隣のC壱番屋でも「普通」のやつしか注文出来ませんね~。

投稿: N市のT | 2009年10月18日 (日) 19時58分

>N市のTさんへ
Tさんが一時的に居られたM車庫の裏手のような所ですので、完全にTさんエリアを侵食していますね。
ただ、このお店、激辛系ばかりではないようで、他のメニューも結構評判のようですよ。
私も以前はC壱番屋の普通で十分辛いと思っていました。
自分でもいつからこんな激辛好きになったのか、はっきり記憶がありません。ただ、N古野時代には既にC壱番屋で3辛ばかり食べていた記憶がありますから、30歳になる前に激辛人生を歩みだしているようです。  (^ ^;;;

投稿: N市のTさんへ | 2009年10月18日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31811389

この記事へのトラックバック一覧です: 激辛食事大会:

« 203系電車第1編成・僅かな誉れ | トップページ | 厳しいですなあ »