« 私にとっての台風18号~955hPaの遺恨 | トップページ | 激辛食事大会 »

2009年10月12日 (月)

203系電車第1編成・僅かな誉れ

Dscn4941jr203

常磐緩行線と東京メトロ千代田線を直通するJRの203系電車。

東京へは何度か出掛けているけれど、常磐線の系統の路線は長い間撮影しないままであった。別段、取り立てて理由はないのだが、東京へ通うようになって撮り始めたのが中央・総武線の系統だったものだから、何となくそこから始めて、次に東海道・東北線の系統を、とやっている内に常磐線の系統は後回しになってしまった。

ここ3年ばかり、上京すると隅田川の貨物駅を撮影するようになって、自然と常磐線にも足を向けるようになった。それでやっと、常磐緩行線の203系の写真も撮るようになってきたのだ。

昨年も常磐線を撮影しているけれど、今年の8月に上京した際も、常磐線のシーンは色々と撮ってきた。JR車両は207系900番代や209系1000番代も走っているが、中心となるのはこの203系である。

2回の上京で比較的ゆっくりと203系と付き合わせてもらって、たまたま気付いたのが1番編成(現在では松戸車両センターの「マト51編成」と呼ぶらしいが)だけ、車両への車番標記が違うこと。

Dscn4940tc2031

機関車などのように、銘板にきちんと車番が書いてある。 他の編成は、黒ペンキで車体に直に書いてあるだけで、これは1番編成だけの限定仕様である。ほんの些細な誉れと言っても良かろう。

203系は、1982年にこの第1編成だけが試験的に作られた。試作の900番代はなく、この1番車を含む編成が量産編成を作る前の試作的な役割を果たした。そのため、車番表示も他の編成と異なることとなったようだ。

来年に向けて、新しい233系電車の製作が既に決定していると聞く。この独特のアルミ合金電車が見られるのはいつまでかと心配ではあるが、昭和と国鉄の匂いを残した車両が、一日でも長く活躍してくれることを祈る次第である。

|

« 私にとっての台風18号~955hPaの遺恨 | トップページ | 激辛食事大会 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
203系電車、私はほとんど馴染みがないのですが
やはりトップナンバーはカッコいいですね。
しかも第一編成のみプレート付とは特別扱いですね。

営団地下鉄直通の国電といえば103系1000番台あたりが真っ先に思い浮かびます。
正面に非常口が付いて運転席窓の角度が水平方向に変わったことで、
同じ103系でも顔の雰囲気が違うなあと当時思いました。
私の頭の中はどうもその頃から更新されていないようです(笑)

投稿: vanagon714 | 2009年10月12日 (月) 23時57分

こんにちわ
私が上京した頃の、営団‥メトロに乗り入れの国鉄‥JR車両はたまに会うと、重量感・安定感を感じたものでした、今は、両者の仕様が歩み寄ってきた様な雰囲気であまり違いが感じられません。東西線の利用が多く103系1000・1200に出会う機会が多くそう感じたのかもしれません。車番標記に関しては、201系の初期車が(何処までかはしりません)切り抜き文字でピカピカ『特急並み‥』と感じたのを覚えています。

投稿: suzuran6 | 2009年10月13日 (火) 12時50分

vanagon714さんへ
こんばんは。
203系はJR車両でありながら、実際にJR線を走るのは常磐線の北千住~取手間だけで、大変「JRらしくない」車両だと思います。東京も限られた地域の方しか、馴染みのない車両でしょうね。
ただ、逆にそれだからこそ対面してみると「稀少車両」みたいに印象に残る車両のように思います。
メトロ(元営団)乗り入れ車両としては、先輩格の東西線用に以前は301系と云うのがいましたね。これを少し進化させたものが103系1000番代となったようですが、何れにせよここで培われたノウハウが203系に生かされているようです。
トップナンバーは、たまたま出会って車番標記を見たら他車両と異なっていたので、慌ててコンデジで撮りました。「○○○-1」となっているのは、私も格好良く思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年10月14日 (水) 00時25分

>suzuran6さんへ
こんばんは。
301系に始まる国鉄型の営団(メトロ)乗り入れ車両は、103系1000・1200番代でも営団側には迷惑な面があったとか。suzuran6さんが「安定性」と書かれているのは、多分車両重量が営団車両より重いために生まれた副産物だったと思われますが、これが電力を食うなどの事情も相俟って、営団から駆逐される理由になったそうです。
そして、生まれたのが203系だったということで。
そんなことから、恐らく203系や現在の東西線用の209系800番代は、乗り心地が営団車両と似通っているのだと思います。

そうそう、201系の初期車は切り抜き車番標記でしたね。私も、仰るように「特急みたいだな」と思ったものです。今後、特急車両を除けば、こうした豪華な仕様の車両はまず輩出されないでしょうね。

投稿: suzuran6さんへ | 2009年10月14日 (水) 00時40分

国鉄車両は営団にとっては迷惑かも知れませんが、風格があっていいですよね。
JRになってからは何か安っぽくなりましたね。

投稿: N市のT | 2009年10月14日 (水) 10時38分

>N市のTさんへ
この203系は103系の諸問題をかなり解決した車両とのことで、後に作られた207系900番台も、多少スタイルや仕様が203系に似ていますね。結局はその207系900番台が、国鉄型としては最後の「営団乗り入れ車両」になってしまったようです。
今時の209系1000番代や、800番代は、何か安っぽさが拭い去れませんね。
国鉄崇拝と言われようが、やはり国鉄型車両には風格がありましたよね。同感です。

投稿: N市のTさんへ | 2009年10月14日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31760175

この記事へのトラックバック一覧です: 203系電車第1編成・僅かな誉れ:

» フランスメトロ [乗り方]
フランスメトロ [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 02時03分

« 私にとっての台風18号~955hPaの遺恨 | トップページ | 激辛食事大会 »