« ふそうの視野拡大窓 | トップページ | 初秋の中央西線(中津川以北)撮影紀行(2・3日目) »

2009年9月10日 (木)

初秋の中央西線(中津川以北)撮影紀行(1日目)

1日目(9月10日)

身近なはずの中央西線だが、撮りに出たのは桜の時期に一度あるだけ。3連休を作れたから、少しブラブラしてみようと思う。

朝一番のバスに乗り、地下鉄に乗り継ぎ、JR千種駅発6時57分の中津川行き快速に悠々間に合う。ただ、これに乗れないと中津川から先の普通列車は極めて本数が少ないから、大切な列車である。

神領の電車区、多治見駅を見たまでは覚えている。眠いのでここから先は目をつむった。どうせ終点まで行くのだから、中津川に着けば否応なしに目が覚める。

覚める、筈だった。

「この電車は、8時17分発、快速列車の名古屋行きです」との女性車掌の声で目が覚めてみると、電車には誰も乗っていない。あれ?と思いながら腕時計を見ると8時12分。あれれ、とうに終点に着いちゃって、えーと塩尻方面の乗り継ぎ列車は何時発だったっけ?

駅のLEDを見ると

Dscn4988

直ぐ接続するはずの南木曽行きの時刻が書いてない。慌てて持参の時刻表を見ると、私の乗ってきた電車は8時05分に中津川に着いており、その4分後には南木曽行きが出てしまっているのだ。終点に着いてもなお、7分間、爆睡していたらしい。

がちょーん。

思い返すと、寝過ごして接続列車に遅れたことは今までなかった。この頃旅行では失敗が続いている。歳だろうか、それとも疲れがたまっているのだろうか。

第一の撮影目的地は直ぐ次の落合川駅付近だから、タクシーでも駆ろうかとも思ったが、最近何かと出費が続いている。金を捨てるようなものだと思えてきて、次の10時10分発まで待つことにした。その代わり、落合川駅付近の撮影は諦めることに。

癪であり、暇でもあるので、駅前に発着する北恵那バスの写真でも撮ってみる。

Dscn4986

元々は鉄道会社で「北恵那交通」と名乗っていたはずだが、いつの間にか社名もバスの塗装も変わってしまっている。

さて、ダラダラ待って10時10分の松本行きの時刻になった。落合川をとばすとなると、次はどこで降りようか。南木曽かその次の駅だったかに、駅前に貯木場のあった所がある覚えだ。そこで降りよう。

野尻駅に進入する手前で、見覚えのある貯木場を見つけ、急いで荷を抱えて電車を降りる。貯木場には木曽ヒノキが一杯に積まれているから、これと電車を絡めて撮ろう。

Dscn4991

然し意に反して、貯木場は道路から殆ど見えない場所に位置していた。一枚だけ特急「しなの」と共に撮ってみたが、とても絵にならない。
結局、残りの時間は「お立ち台通信」に掲載してある場所で撮影しただけ。ちょっと味気ない。

気を取り直し、12時半過ぎの電車で上松(あげまつ)へ向かう。ここは名勝・寝覚ノ床に程近く、前回撮りに来た時は雨で泣く泣く引き上げたから、今度は間違いない撮影場所が待っている。幸い今日は好天だ。

こんな場所。

Dscn4993

カメラには、かの「サンニッパ」を取り付けている。それでも余分なものが写り込んでしまうくらいの場所で、それだけがちょっと難点かな。
ここで、15時40分頃の下り普通電車まで粘る。まあ、のんびりしに来たのだから、あれこれ撮り急いでも仕様がない。

次の下りは、この上松が始発で、16時25分に出る。これで予約してある宿の最寄り駅・村井まで行くと、結構いい時間になる。中途半端な一日になってしまったが、宿でゆっくりしよう。

村井は、塩尻市内の駅だが、特に大きな駅でもない。宿も純粋なビジネスホテルではなく「健康ランド」を兼ねている。これもまた、何か中途半端である。おまけにチェックインして判ったのだが、部屋にバスはなく、1階の健康ランドの大浴場を使うシステムになっている。

何から何まで中途半端なまま、今日は過ぎてしまった気がする。

どうも落ち着かぬ。

|

« ふそうの視野拡大窓 | トップページ | 初秋の中央西線(中津川以北)撮影紀行(2・3日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

寝付きの悪いおさかなさんが寝過ごしてしまうとは完全にタイのタタリですね~。落合川にきっとタイが泳いでいたのでしょうね~。
遠方でやらかしたのではないので諦めもつきますね。
いつでもリベンジ出来ますからね。

大浴場付宿だとゆっくり風呂に入れるのでいいですね~。
朝も入りたくなりますね~。
私はこの手の宿が大好きです。
鹿屋の大平温泉がこのパターンでした。宿泊者は浴衣でフリーパスで夜と朝の2回入りました。

投稿: N市のT | 2009年9月10日 (木) 22時29分

こんばんは。
寝過ごしてしまったのは悔しいですね。
電車やバスの振動は心地よいのでウトウトしてしまいますね。

貯木場は絵になります。
線路が遠かったのは残念ですね。
昔は線路の傍にあってトラやトキなどに積んでいたのでしょうか?

投稿: vanagon714 | 2009年9月11日 (金) 22時18分

>N市のTさんへ
タイも泳いでいたと思いますし、おさかなも夢遊していたと思います。
列車の中では比較的良く寝付く方です。振動が体にマッチしているのでしょう。また鉄道に乗っているときが一番精神的にリラックスしていると思いますし。

今回はビジネスホテルのつもりで泊まったので、大浴場はちょっと想定外でした。温泉宿なら好きなのですが、所謂「スーパー銭湯」に近いもので、私はあまりこの手のものが好きではないのです。
人が多過ぎるのと、カルキの臭いで落ち着けないんですよねー。
まあ、人それぞれ好みがありますし、2泊するとこう云う風呂にも少しは慣れますから、これはこれで良しとしましょう。

投稿: N市のTさんへ | 2009年9月11日 (金) 22時36分

>vanagon714さんへ
こんばんは。

列車の振動は誠に私の精神状態にマッチするようです。
ただ終点に着いてなお、寝続けたのは今回が……2度目です(1度目は寝台車だったので、車内整備のおっさんが起こしてくれました)。
今回諦めた撮影地は名古屋から日帰り圏内ですので、近い内にリベンジしようと思います。

野尻駅の貯木場、もう少し道路がいい場所を通っていたらと少し残念です。
駅に隣接しての貯木場になっていましたし、昔の構内跡と思われるスペースが貯木場方面へ不自然に残っていましたから、車扱いがあった頃はチキなどで材木の扱いもしていたと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年9月11日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31320855

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の中央西線(中津川以北)撮影紀行(1日目):

« ふそうの視野拡大窓 | トップページ | 初秋の中央西線(中津川以北)撮影紀行(2・3日目) »