« 夜行バス銀座と乗り心地など | トップページ | 納得のいかない話 »

2009年8月31日 (月)

当所の絶滅危惧種・V8キュービック

Dscn4899s5401

私たちの営業所に所属する、唯一両のツーステいすゞキュービックである。社内番号はS-540。

私たちの職場では現在、急ピッチでノンステップ化が推進されており、ツーステの存在自体が珍しくなっている。新車の搬入は年に一度しかないけれど、兎に角その新車が入る度にツーステ車は呆気なく廃車の運命をたどっている。

現在、私たちの営業所では、大型ツーステ車は2路線だけでの限定運行となっている。然も、ツーステ車は、この車以外は日野のブルーリボンだから、V8車の「ズドドドド……」と云う野太い音を楽しめる機会は、誠に稀なことといってよい。

先日、珍しく2度ほど乗務する機会があった。折角なので、運転席パネルの写真なども撮っておいた。

Dscn4901s5402

年式は平成10年なので、パネルデザインもそれ程古くは感じない。だが、今時の「エルガ」に比べると、ちょっとアナログっぽい部分も目に付く。

また、この車、エルガに比して冷房の風が運転席へ届きにくい。この車は他営業所からの転属車なので、新車当時のことはよく知らないが、それでも新車の頃は「涼しい車両」と好評だった筈である。それが今では「暑い車両」の仲間入りをしてしまっている。V8だから走りは大変良いけれど、細かい部分では既に私たちの不評を買うような状態となってしまっている。

年式から言って、今年度には早々と廃車の運命にある筈だ(廃車延長措置がかかれば話は別だが)。勿体無い話ではあるが、アイドリングストップ以外に「環境に優しい機構」がついていないから、8都県市の排ガス規制で廃車になる可能性の方が強いように思われる。

新車の搬入は、大体、毎年12月~2月頃に行われる。

それまでにあと何回乗務できるかなと、いつもそう思いながら、いすゞ独特のちょっと重たいハンドルを回している。

|

« 夜行バス銀座と乗り心地など | トップページ | 納得のいかない話 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

S-540の新製配置は今はなき港営業所ですね~。
3ドア最終版でしたね。
もはや廃車とは勿体無い話しですよね~。
地方に行けばまだまだ出目金キュービックが走っていますからね。

キュービックの暑いのは今始まった事ではありません。
フロントガラスの傾斜が、ちょうど太陽の光に当たって運転席にモロに来ます。
吹き出し口の温度は測ったら他のメーカーと同じだと言っていました。

投稿: N市のT | 2009年8月31日 (月) 22時15分

>N市のTさんへ
S-540、私共の営業所にはI西からの移籍だったので、新製配置を知りませんでした。港が初めだったんですか!
仰せの通り、3ドア最終版で、それでいて側窓が逆T字窓なのも珍しい車体ですよね。

キュービックの傾斜窓は、デザイン的には好きになれないのですが、「暑さをモロに運転席へ運ぶ」と云う、とんでもない役割も果たしていたのですね。
バスらしくないワイパー形状といい、外見は決して好きになれませんが、「V8」と「意外にも操作しやすいチェンジ」で、運転席に座ると気分が変わる車です。
第2のお勤め先は見つかるでしょうかね。

投稿: N市のTさんへ | 2009年8月31日 (月) 23時25分

こんばんは。

こちらの車庫は川崎のLVと富士重工のLV両方あります。
港にいたLVはギア操作がしやすいようにとギアに棒が付け足されておりギアチェンジしやすいですね。

川崎顔でのV8エンジンは違和感ないですが、富士重顔でのV8は少し違和感があります。

運転席クーラーの噴出し口が遠い(高い)ので暑いですが、客室はこの年式の割には冷えが良いです。

回送時にS-509のオートグリスを1往復させたらクラッチの高さが変わってしまいました。

グリスとクラッチは関係ないと思いますが・・・

それ以来怖いのでグリスは一切触っていません(笑)

投稿: 企4 | 2009年9月 1日 (火) 20時42分

平成10年式で早くも引退ですか?
3ドア車というのも希少ですね。
ノンステップが主流の今ではありえない扉配置ですね。

こちらには純粋なキュービックV8はありません。
富士重工車体のV8車が数台ありますが・・・
そう思っていたら土曜日にキュービック・CNGに乗車しました。
CNGはエンジン音が全然違いますがいちおうV8ですね。

投稿: vanagon714 | 2009年9月 1日 (火) 21時18分

>企4さんへ
こんばんは。
いすゞ、殊にキュービックは、冷房吹き出し口が運転席から遠いですね。あれがエルガ相当の位置にあれば、もう少し涼しいと思います。
運転手が暑いからと、冷房を強めにしていると、お客さんが冷房吹き出し口を閉じたりしておられる姿がルームミラーで見えてしまい、ちょっと申し訳ない気になります。

グリスタとクラッチは無関係の筈ですけれどね~。
車両構造に詳しくないので、その辺りははっきりしたコメントが出来ません。ゴメンナサイです。

投稿: 企4さんへ | 2009年9月 1日 (火) 23時57分

>vanagon714さんへ
もう、廃車になっていますが、私たちの職場へ試験的にノンステ車を入れた時は、3扉のノンステをふそうが納入しています。
後部の座席が向かい合わせになったり、最後部扉も引戸式になるなど、かなり無理矢理作ったような車体になっていました。

キュービックのCNGは、確かノンステ車にしかなかったような……。
他の営業所、それも私たちから余り縁のない営業所にキュービックが多く配置されているので、市の中心部などに出た時しか目にする機会がありません。
詳細が判りましたら、また、記事かコメントを書きます。 m_ _m

企4さんも書いておられますが、私共の職場にも、他車庫にならV8いすゞ+富士重の組み合わせがあります。尤もそれらも、風前の灯ですが。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年9月 2日 (水) 00時09分

素人が口出しするのも恐縮ですが、キュービックのデザインはフランスのバスを真似たデザインらしいですね。
この窓の傾斜が暑さを誘発するとは初めて知りました。北海道より緯度の高いフランスでは窓の傾斜は問題ないんでしょうが…。

投稿: リニモ1号 | 2009年9月 2日 (水) 22時29分

>リニモ1号さんへ
素人が云々……、別に気になさらないで下さい。
私だって、運転免許を持っているというだけのことで、車体やメカに関しては何も知りませんから。こんなのが、よく運転手やってるな、くらいの人間です。

ところで、フランスのバスを意識したデザインとのこと。これまた全く存じませんでした。
以前、キュービックの広告に「どこの街にも似合う・愛される」と云った謳い文句がありましたけれど、世界的にも通用するデザインを目指したということなのでしょうね。
窓の傾斜、確かに運転席では陽の当たる面積も増えますし、暑さを誘発する要因になり得ると思います。運転席って、最近の車はよくなりましたけれど、以前はお客さんが思っておられるほど涼しくない例が多くありました……。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年9月 2日 (水) 23時47分

今日バイクでS-540の後ろを走ったんですが、やっぱりV8って迫力ありますよね!
話は変わりますが、都営バスにV8エンジンを積んだ初期型エルガの部分ノンステップ車があるみたいですね。

投稿: リニモ1号 | 2009年10月29日 (木) 15時46分

>リニモ1号さんへ
私もつい先日、S-540に乗務の機会がありました。
仰るように、本当、他の車とは一味違う重みがありますね。自分のアクセリングであの「ズドドド……」音が制御できるのは、嬉しいことでもあります。
V8の初期型エルガ、私は今のところお目にかかったことがありません。今度上京の機会があったら、注意して見てみようと思います。情報を有難うございました。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年10月30日 (金) 16時57分

はじめまして~
何年越しものレスですみませんが、キュービックの初代P-の場合、運転席パネルの左右に空気の吹き出し口があったと思うのですが、あれは冷房に繋がっていたのでしょうか?それとも外気導入だけ?位置的に冷房につなぐのは無理があると思ってるんですけどね・・

投稿: 獣 | 2015年8月28日 (金) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31179708

この記事へのトラックバック一覧です: 当所の絶滅危惧種・V8キュービック:

« 夜行バス銀座と乗り心地など | トップページ | 納得のいかない話 »