« 関東圏撮影紀行(2・3日目) | トップページ | 夜行バス銀座と乗り心地など »

2009年8月23日 (日)

川越線等関東圏撮影結果ご報告

「時間がない」と偉そうなことを申し上げたら、とある方から「時間とは作り出すものだ。『時間がない』は言い訳に過ぎぬ」との厳しいお言葉を頂戴した。そう言われてしまうと言い返せるほどの語彙力もないので、時間を作って、先日の関東圏での撮影結果を9枚ほどご報告がてら紹介させて頂こうと思う。

Img352

編成写真的なものに過ぎないが、近い将来、一気の全廃が発表された203系電車。記録として、また記念として、撮影しておいた。嘗てはこの形式が103系の1200番台を駆逐した訳だから、いつかはその逆の立場に立たされる時がやって来る。「代々木上原」の方向幕も、今に思い出話となってしまうのであろう。列車の背景は、東京都と千葉県の県境・荒川橋梁。金町駅より松戸方面を向けて。

Img353531

亀有駅からやや金町寄りで撮影したもの。広角レンズでマンションの高さや空を強調して撮ってみた。電線が少々鬱陶しいが、私の腕ではこのフレーミングが限度だ。また、列車の躍動感を出すために、敢えて60分の1秒のスローシャッターで撮影してある。

Img354

“表敬訪問”した隅田川貨物駅での映像。輻輳した線路が集まる部分で、おっちゃんたちが路盤工事をしていたので、その様子を。写真を撮る側は自由人だからいいけれど、この炎天下での土木作業は、体に堪えるだろう。お疲れ様との気持ちも込めての一枚。

Img3551

もう15年以上前、横浜線を撮ったことがある。その時にここでも撮影をしているのだが、撮影を終えて最寄の大口駅へ戻ったら、夕日が真っ赤に電車と乗客を染めていた。感動的な色で、それ以来もう一度ここへ来て、夕暁に染められたハマ線の電車を撮りたかった。昨年も来たが、日が沈む時に雲が出てしまい写真にならなかった。そんな訳で自分なりに思いの篭った写真ではある。尚、下の道路は、かの国道1号線。東神奈川~大口にて。

Img356

抽象的な写真だが。今や山手線や京浜東北線などと並んで、JRの大通勤路線として名を馳せる「埼京線」。その方向幕と、「女性専用車」のステッカーが如何にも都会らしく思えてシャッターを切った。LEDの方向幕なので、シャッター速度は30分の1秒まで落としている。こう云う時、マニュアル撮影できるカメラはいいなと思う。今年3月に開業した西大宮駅にて。

Img357

南古谷駅のホーム端から、指扇方面(上り方)を向け、200mmレンズに1.4倍のテレコンを付けて撮影したもの。拡大して頂くと判りやすいが、右側に写っているのは川越の電車区で、そのために駅付近の配線も少々複雑になっている。またWEB上だと判り難いかも知れないが、プリント写真を見て、この10両編成の埼京(川越)線電車は僅か3つのパンタグラフで稼動しているのだな、と変なことに感心してしまっている。

Img358

元はと言えば、カーブを切ってやってくる電車を撮る目的で望遠レンズを構えたのだが、そして実際にその電車も撮っているが、こちらの写真の方が「絵」になるような気がするので、敢えてこちらをご紹介する。タイトルを付けるなら、平凡だけど「かえり道」かな。尚、彼女らのプライバシーもあるので、撮影地点は内緒にしておく。

Img359

大船駅付近の、「貨物列車のお立ち台」で、貨物列車までには時間があるので暇つぶしに撮った。まあ、私はハト写真の専門家(?)となりつつあるので、こんなお遊びもお許し頂こう。私の想像では「オイ、兄貴、横須賀線が走っていくぜ」「オッ、本当だなぁ」との会話が交わされているような気がしてならないのであるが。戸塚~大船にて。

Img360

お待たせ致しました。これが「大船駅付近の東海道貨物線お立ち台」からの映像です。幸い、大型車両による足元(陸橋)の振動はなく、俯瞰写真として成立しているようだ。東海道線を走る231系電車が、都会としての彩を添えてくれたように思う。貨物線なので、区間としては「横浜羽沢~相模貨物ターミナル」が正しい書き方かな(笑)。場所は、上のハトの写真と全く同じ所で構えているけれど。

3日間・3本のフィルムを駆け足でご紹介してきた。これ以上ご紹介しても却ってくどくなってしまうだろうから、この辺りで収めさせて頂こう。「時間がない」との言い訳もあることだし(再び・笑)。

|

« 関東圏撮影紀行(2・3日目) | トップページ | 夜行バス銀座と乗り心地など »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

時間を作っての「お立ち台通信」ありがとうございます。
忙しい中、時間に制約がありUPするのもなかなか大変ですね。
おさかなさんの成果を楽しみに見ているおじさんもいますので、よろしくお願いしますよ~。

投稿: N市のT | 2009年8月24日 (月) 21時13分

>N市のTさんへ
今のところ、「時間がない」状況の出口は見えていませんが、何とか「成果発表」くらいはしたいものだと思っております。
自分の撮った写真は、どうしても他人様に見てもらいたくなるものです。
こんな写真しか撮って来れませんが、それでも楽しみにして下さっている方があるなら嬉しい限りです。

年齢的にも無理は利かなくなってきていますが、自分なりに工夫して、ブログにしても撮影旅行にしても、その為の「時間」を作っていきたいものだと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2009年8月24日 (月) 23時24分

こんばんは。
ヤードの入り組んだ線路、いつ見てもワクワクしますね。
踏切の女子高生も絵になりますね~
長閑な雰囲気が伝わってきます。
最後の写真、まるでNゲージの都会風レイアウトのようですね。
線路の多さに圧倒されます。

投稿: vanagon714 | 2009年8月25日 (火) 23時59分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
日本一の貨物駅、隅田川は本当に線路が輻輳していて、線路を見ているだけでも楽しいですね。ここ何年か、上京する度に足を向けてしまっています。

でも、都会と思って決め付けていると、あの女子高生の写真のような所も案外近くにあったりするので、そこがまた面白いのだと思います。住みたいとは思いませんが、訪問者として傍観するには、それなりのアイテムが揃っている所、それが首都圏なのかなと思っています。

最後の写真、自分はこの目で見てきたので気付きませんでしたが、言われてみれば模型のレイアウトの雰囲気がありますね。「鉄道ファン」のネットの新着ニュースで、東海道筋で何か面白い貨物が走ると、よくここでの写真が載っています。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年8月27日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31073212

この記事へのトラックバック一覧です: 川越線等関東圏撮影結果ご報告:

« 関東圏撮影紀行(2・3日目) | トップページ | 夜行バス銀座と乗り心地など »