« 夏の午後、冬の早朝 | トップページ | 長い、長い坂道 »

2009年8月 9日 (日)

ヤモリ復活

7月11日の記事で書いて、翌日絶命してしまった我が家の居候のヤモリ。

アイツが天国へ旅立ってから、確かに私の周りでは碌なことが起こらなかった。

勇んで出掛けた四国への撮影旅行はここでも書いた通りの事態となったし、我が家で初めてのゴキブリは発生するし、パソコンのプリンターは2台とも相次いで故障するし……。

やっぱりアイツが守ってくれていたんだなあとちょっと気落ちしていた今日、出勤しようと玄関を出ると、足元から小っちゃい生物がチョロチョロと逃げ出すのが見えた。

「あっ、ヤモリだ♪」

そうなのだ。まだ子供で大きさは4センチ程度しかないが、間違いなくヤモリだった。

嬉しくなって出勤時間に遅れてでも写真を撮ってブログネタにしてやろうと、チビヤモリを追いかけ、何とか撮影に成功した。それが、コイツ。

Dscn4898

あんまり小っちゃいから、マクロモードで撮ってある。周りの小石や草の葉っぱから、大きさはご推察頂けると思う。

7月12日に絶命したヤモリは、随分長いこと我が家に居候していた。たまには、どこから入ったのか家の中まで入り込んでしまったことも何度かあり、その都度、表へ出してやってきた。ヤモリが元々そう云うものなのか、奴がそういう性格だったのか、捕まえて外へ出そうとすると、今度は勝手に私の手の中で寛いでいて、「これ、手から離れなさい」と言わないと逃げていかないことさえあった。妙に人懐こい奴のように私は思っていた。

奴の死後、きちんと土葬してやったことも書いたけれど、奴は自分の余命が短いことを知ってか知らずか、ちゃんと子孫を遺してくれていたようである。そして、チビヤモリは親の言いつけをちゃんと守って、我が家へ居候……してくれるんだろうね?

何にせよ、目出度い。私はチビヤモリをきちんと守るようにしてやるから、チビもちゃんと魚澄庵を守ってくれよ。

そんな今日、仕事を終えて帰ってくると、「パソコンプリンターの1台が修理不能なので、修理代金で同等最新機種の新品とお取替えします」と留守電が入っていた。

まずは一つ、チビが役割を果たしてくれたかなと、留守電の声を聞きながら苦笑した。

これで、「タイのタタリ」にも遭わなくて済みそうだ。

(スミマセン、最後の一文だけ、超ローカルネタです。)

|

« 夏の午後、冬の早朝 | トップページ | 長い、長い坂道 »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

ヤモリも世代交代ですね~。
しっかりと守ってもらって下さいよ。
先代が崩御された隙にタイが泳いだものと思われます。
これで一安心ですね。

投稿: N市のT | 2009年8月10日 (月) 11時30分

>N市のTさんへ
気分的な問題でしょうけれど、こう云う奴が身近に居てくれると、何となく気の慰めになります。
まだまだ小っこい「守り神」ですが、早く育ってしっかり守ってもらいたいものですね。
僅かな隙に、まさしく鯛に泳がれました(苦笑)。

投稿: N市のTさんへ | 2009年8月10日 (月) 22時18分

こんばんは。
ヤモリ復活おめでとうございます。
家の守り神が戻ってきて何よりですね~(^^)
是非大事にしてあげてくださいね。

投稿: vanagon714 | 2009年8月13日 (木) 19時39分

>vanagon714さんへ
まだ小さな頼りない奴ですが、復活してくれてホッとしています。
親を可愛がってやったので、きっとあの親なりに、気を遣ってくれたのでしょう(と云うことに無理矢理しておきましょう)。
チビなりにきっと頑張ってくれると思っていますので、大切にしてやりたいと思います。  (^ ^)

投稿: vanagon714さんへ | 2009年8月13日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30897619

この記事へのトラックバック一覧です: ヤモリ復活:

« 夏の午後、冬の早朝 | トップページ | 長い、長い坂道 »