« 宗谷本線の雄、スーパー宗谷 | トップページ | ヤモリ復活 »

2009年8月 7日 (金)

夏の午後、冬の早朝

Dscn4892_4

一昨日写した写真。とあるバスの終点の転回場(バス待機所)から眺めた風景だ。

暑そうな青空に入道雲なんかが浮かんでて、夏本番の雰囲気。

ここの終点では、大抵の場合、短いながらも停車時間があって、ちょっと一息つける所である。私は個人的にこの路線の仕事が好きなので、ここへやって来るとヤレヤレと云う気分でいつも眼前の景色を眺めている。

ところで、同じ場所からほぼ同じ角度で撮った冬の早朝の写真があるから、それも載せてみる。

Dscn4083

この転回場では、バスは東に頭を向けて停車することになるので、日の出前の写真だと空が白んでいく様子がお判り頂けると思う。

それにしても、同じ場所でも季節と時間を違えると、こうも雰囲気が変わるのかなあと思う。葉をつけていない木のシルエットは、見ただけでちょっと寒さを感じてしまうし、明るくない手前の景色は眼前に何があるのか判らないので、ちょっとした不安感さえ与えてしまう。

私達はここの終点に行き慣れているから不安にはならないけれど、不安との表現が不適当なら、一種の荘厳ささえ感じてしまうのだ。

同じ場所の同じアングルを、かくも違う景色にしてしまうとは、お日様にしても季節にしても、大した力だなと思う。地球の自転だとか、地軸が23度傾いているとか、そんな科学的なご説明はどうでもいい。単純に、お日様と季節に感謝しているだけのことなのだ。

今は夏の盛りだから暑くて堪らないことが多いけれど、そうかと言って寒い毎日ばかりでも気が滅入るだろう。程々の周期で暑い寒いがやって来る自然の力って凄いとさえ思う。

日本と云う、温帯に生まれたからこそ経験できる景色の変化。

眺められることを幸せだと思う。

|

« 宗谷本線の雄、スーパー宗谷 | トップページ | ヤモリ復活 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

季節と時間が変わると同じ場所でも雰囲気が変わるものですね。
葉の落ちた木を見ると晩秋から冬という季節感が伝わってきます。

こちらで同じような場面を想像すると夏は上の写真と同じ、
冬は雪が積もって凍てついた感じになりそうです。
暑くても夏がいいなあと思う次第です(^^)

投稿: vanagon714 | 2009年8月 7日 (金) 21時58分

今日の昼間はちょっと暑かったですね。
暑さに弱いT爺さんが「暑くて寝れん!」とぼやいていました。

季節や時間が違うと同じ場所でも雰囲気が違いますね。
「定点比較」で色々な違いが分かりますね。

投稿: N市のT | 2009年8月 7日 (金) 22時23分

>vanagon714さんへ
道内の冬だと、雪が欠かせない「アイテム」になりますよね。
仮に「冬」の方の写真が北海道のものなら、積もった雪がバス停の屋根などにシルエットとして写るでしょう。

やはり雪は厄介者との思いが強いでしょうね。
暑くても雪がない夏を好まれるご心情、判るような気がします。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年8月 7日 (金) 23時27分

>N市のTさんへ
今日はお休みでしたので、10時半頃まで布団にいましたが、暑さで目が覚めました。
昼間は結構暑かったですね。特に日が照りだした15時くらいが一番暑く感じました。

T爺さんの家の寝室には、クーラーはないのでしょうか?
私は寝室と居部屋だけはクーラーをつけてます。寝られなくて、安全運転に差支えがあってもいけないと思いますので。

さておき、定点比較は色々なことが判って面白いですね。
たまたま、冬に撮った画像を思い出したので、夏空の写真と共にアップしてみた次第です。
空気の透明感から、空の雰囲気まで、何もかも違って面白いと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2009年8月 7日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30871178

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の午後、冬の早朝:

« 宗谷本線の雄、スーパー宗谷 | トップページ | ヤモリ復活 »