« 川越線等関東圏撮影結果ご報告 | トップページ | 当所の絶滅危惧種・V8キュービック »

2009年8月30日 (日)

夜行バス銀座と乗り心地など

過日、8月16日深夜に出発した関東圏の撮影旅行。「撮影紀行」でも書いたように、私としては初めて夜行バス「ドリーム号」での上京となった。

普段乗り慣れない名古屋駅バスターミナルの模様も含めて、色々書いていこうと思う。

少し早めに家を出たので、私が名駅BTに着いたのは22時半頃だったが、既に別の夜行バスが乗車バースに入っていた。いっとう目立ったのはこれ。

Dscn4918dr

私が乗車予定の「ドリーム号」の廉価版・「青春ドリームなごや号」。盆期間の最終日と云うこともあって、増車両1両も応援に来ていた。

Dscn4919dr2

次々と乗り込む人たち。チラリと見える車内は、やはり4列シートのようである。

少し遅れて入ってきたのが

Dscn4921f

TDR経由・西船橋行きの「ファンタジアなごや号」。これも、増車両として京成バスの車両が別バースに入っていた。以上の4台は、何れも22時40分発。

次に私の待合椅子の前に入ってきたのが、四国は松山へ向かう「オリーブ号」。車体に水色と黄色の独特の帯が入っているので、四国の車両であることはすぐ判る。

Dscn4924

これの数分後に入ってきたのが、山陽道経由で広島へ向かう

Dscn4926

「セレナーデ号」。セレナーデも増車両が運転され、そちらは共同運行する両備バスの車両が別バースに入っていた。オリーブ号とセレナーデ号は、何れも23時00分の発車。

Dscn4930

セレナーデの1号車、同の2号車(上の写真で左隅に見えている車両)、オリーブ号の順に発車していった。車両の動きが随分慌しく、「バス銀座」みたいだなと思う。

Dscn4931dr2

同じ23時発だが、岐阜始発の「ドリームなごや2号」は、1号車が岐阜市内の花火大会の影響で、5分ほど遅れて入ってきた。これも増車両の2号車があり、増車両は名古屋始発で運転された関係から、1号車より先の、「オリーブ号」の直後に発車している。僅かな客を名古屋で拾い、慌しく発車していった。

さて、いよいよ次は、私が乗る「ドリームなごや4号」の入車となる。「レディーファースト」なのだろうか、最初に入ってきたのは女性専用車両の

Dscn4933ladydr

こちらだった。少し待った後、「ドリーム4号」が、1号車・増の2号車の順で到着。私の指定席は増車両の2号車だから、車が着くまでちょっと勿体ぶらされたような気がする。

Dscn4935dr4

ナンバープレートの数字からして、平成15年式の車のようだ。因みに1号車の方が、2年程、年式が新しい車両と見受けられる。席は指定されているから、慌てて乗り込むことはない。ちょっと観察してから、車内へ入ろう。

Dscn4937dr4ak

最も意外だったのは、スーパーハイデッカーが来るだろうと思っていたら、ご覧の通りダブルデッカー車だったこと。どうにも私は基礎知識が足りな過ぎるようだ。1階部分は「プレミアムシート」とのステッカーが張ってあった。あとで時刻表を調べてみたら、確かに「追加料金1200円」で1階席にも乗れるとのこと。益々下調べが足りないようだ。車種は写真の通り「エアロキング」と書いてあるから、ふそうのエアロキングなのだろう。どうも、夜行バスに関しては不勉強なことが多過ぎる。

さて、ところで肝心な私の座席だが、以前JRバスに勤めていた同僚らに聞くと「増車両だと、僕らがいた頃は、4列シートで運転していましたけれどね。今はどうなったのかなぁ」と非常に不安を煽るようなことを言われてしまった。外見は1号車も増2号車も変わらないが、年式が古い分、施設の貧弱な車両なのかも知れない。これでは、何のために正規の「ドリーム号」に乗るのか判らなくなってしまう。

ドキドキしながら手荷物を預けて、車内へ入る。

Dscn4938dr4

おめでとうございます。無事3列でした。私に「4列シートかも」と、のたまった同僚は、帰ってきたら首でも絞めておこうと思う。

ここから先は、映像がないので、ダラダラした文章を書いていくが。

案内放送によると、トイレはついているが、三ケ日と足柄でトイレ休憩をするとのこと。また、時刻表に書かれていない東京の霞ヶ関でも降車扱いをし、到着時刻は東京駅到着の15分前・5時55分を予定しているとのことだった。

23時30分、1号車と共に定刻の発車となるが、直ぐに寝られる訳もない。名古屋インターまでは外を眺めていようと(幸い窓側席だった)、ぴったり閉められたカーテンを無理にこじ開けた。名古屋インターまでの経路も見ておきたかった。

名古屋近辺の人にしか判り辛い書き方になってしまうけれど、経路もこれまた意外なものだったので、簡略して書いておこう。

名駅→(桜通)→桜通大津→(大津通)→錦通大津→(錦通)→新千種橋西→千郷町→(広小路筋)→名古屋インター

昼行のハイウェイバスを考えれば納得できる経路だが、大津で錦通へ入るのは栄のバスターミナル・オアシス21を経由するため、また新千種橋西で広小路の筋へ入るのは、JRの千種駅を経由するためだろう。以前は栄を通らなかったから、夜行バスも別ルートで千種駅を通過していたと思われるが、何れにしても千種駅前を通るのは国鉄時代の名残りだと思われる。

また、広小路筋をそのままインター方面に向かうと、普段の私たちの仕事場・Hヶ丘も否応なしに通る。見慣れた風景も、深夜の二階建てバスから眺めると恐ろしいほど閑散としていて、こんな所で仕事をしている自分が怖くなる。

さて、インターチェンジも過ぎたから寝ようとカーテンを閉めたのだが、足元に大きなカメラバックを置いているので、いくらリクライニングしても足が伸ばせず窮屈だ。思いの外、シートピッチは広くない。結果としてこの「足元窮屈」が原因で、三ケ日休息所まで寝付かれない羽目となった。

三ケ日は、サービスエリアに入るものと思っていたら、インターチェンジを出てすぐの、JRバス乗務員休息所での休憩であった。「類似のバスが多数停まっておりますので、お間違えのない様、バスへお戻り下さい」のアナウンスが入る。外へ出てみるとバスマニアの私でも納得が行くくらい、似た車両が寄り固まっている。先に発車した青春ドリーム号、ドリームなごや2号、レディースドリームなどである。殆どが増号車を運転しているのでバスの台数も多く、ナンバープレートをしっかり覚えておかなければ、私でも間違えそうなくらいである。

手洗いへ行き、発車は1時55分だということでまだ時間があるので、少し足元を何とかしようと考える。何のことはない、自分の座席の下へカメラバックを押し込めることが出来たので、これで足元問題は解決した。今度こそ、「ドリーム」したい。

そして、三ケ日を出たら本当に直ぐに寝付いたようだ。足柄の休憩も、霞ヶ関の到着も知らない。気付いたら、「有難うございました。東京駅日本橋口へ到着です」と大きな音声でアナウンスが入っていた。盆の渋滞でバスが遅れることを期待していたのたが、定刻6時10分にはバスを退去せざるを得なくなった。呆気なく「ドリーム号」の旅は終わった。

寝呆けたまま、暫くは駅コンコースのベンチに座っていたが、どうにも眠くて堪らない。取り敢えず日暮里へ向かうつもりだったから、山手線の外回り電車で遠回りして行こうと云う気になった。渋谷も新宿も知らずに眠っていたが、西日暮里のアナウンスが聞こえてもまだ眠い。

結局降りるのが面倒になり、更にもう1周してからやっと日暮里で降りた。既に8時46分になっていた。

|

« 川越線等関東圏撮影結果ご報告 | トップページ | 当所の絶滅危惧種・V8キュービック »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

若い頃は何回か乗りましたが、50のおじさんは最近全然利用していません。
バスでも良く寝れますが、やはり列車の方が疲れが少ないような気がします。

名古屋駅のバスターミナルも夜行バスのオンパレードですね。見ていて楽しそうです。

サービスエリアでの休憩では、これだけたくさんのバスがあったら、おばさんはバスは皆同じにみえるようなので、絶対間違える人がいるでしょうね。

投稿: N市のT | 2009年8月30日 (日) 20時45分

>N市のTさんへ
率直に申し上げて、列車の方が寝付きもいいし、疲れも少ないと思いましたね。シートピッチが最も問題かなと思います。昔、北海道の「快速・ミッドナイト」でリクライニング車に乗りましたけれど、よく眠れたものでした。

名古屋駅ターミナルであれだけ来たバスの内、東京へ向かうもの全てが三ケ日では集結していましたので、一人や二人は間違えた人もいたでしょうね。特に、バスに興味のない女性の方などは。

投稿: N市のTさんへ | 2009年8月30日 (日) 22時28分

こんばんは。
名古屋始発の夜行バスはすごい本数なのですね。
2階建バスがこんなに沢山使われているのも驚きです。
3列シートは左右に余裕がある分、前後は狭いのかもしれませんね。
1階プレミアムシートは広いのでしょうかね?

活気溢れるバスターミナルはいいですよね。
大坂時代、梅田から乗車した4連行ドリーム号を思い出しました。

投稿: vanagon714 | 2009年9月 1日 (火) 20時02分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私が乗車したのはJRのバスターミナルですから、JR系列の夜行バスしか来ていません。この他にM鉄系の夜行がM鉄のバスセンターから九州や東北などに足を延ばしていますので、それも含めればかなりの本数が出ていることになるでしょうね。

お盆時期の増便が多かったこともありますが、私も思いも寄らぬ本数のバスに吃驚しました。活気があって、本当にいい感じでしたね。
大阪から東京便となると、急行「銀河」があの時期まで残っていた訳ですから、ドリーム号も1両や2両の増便では対処出来ないと云うことなのでしょうね。

まあ、夜行バスはこれでいいかなとも思いますが、プレミアムシートだけは若い内に乗っておきたいと思います。
多分、1200円も余分に徴収するのですから、それなりの設備は整っていると思いますが……。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年9月 1日 (火) 23時50分

関係ない内容ですみませんが、ドリームとよた号は引山BTの前を通るので、引山BTに停めるといいと思います…。

投稿: リニモ1号 | 2009年9月12日 (土) 17時50分

>リニモ1号さんへ
えっ、えっ、ドリームとよた号ってそんな経路で運転されているのですか?
引山を通るのは全く知りませんでした。

ならば、是非、引山BTに停車して欲しいですね。我が家から気軽に夜行ハイウェイバスに乗れます……  (^ ^ゞ

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年9月12日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/31167523

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行バス銀座と乗り心地など:

« 川越線等関東圏撮影結果ご報告 | トップページ | 当所の絶滅危惧種・V8キュービック »