« ココ○チの会 | トップページ | ボウズがボウズでなかった頃 »

2009年7月26日 (日)

土讃線(阿波池田周辺)撮影結果ご報告

先日の土讃線撮影のフィルムが上がってきた。

撮影紀行では体調が悪くて余り芳しい行動はしていないように書いているが、一応、撮影根性だけは最後まで持ち合わせていたので、予想していたよりは撮れているように思う。

まあ、前置きは程々でいいから、兎も角ご覧頂こう。尚、今回初めて、写真をクリックして頂くと画像がやや拡大されるリンクを試験的にやってみたので、そちらも併せてご覧頂ければと思う。

Img3312_3

坪尻駅での写真は、先日の坪尻駅特集記事で散々お見せしたけれど、駅ホームの行き止まり側を写したものはアップしていないと思うので、駅名標と共に写した特急「南風」の通過シーンを載せておこうと思う。小雨が降ったり止んだりしていて撮り辛かったが、一応写真らしくはなっていると勝手に自負している。

Img3322

佃駅付近から、吉野川橋梁を渡る「南風」を撮影した。紀行文で、地元の方のご好意によりいい思いが出来たと書いたが、詳細は別として、こう云う撮り方ができる場合がある、とだけ記しておく。箸蔵~佃にて。

Img3332_2

これじゃあ、まるで女子高生の隠し撮りみたいだが、私の意図としてはキティちゃんのバッグが目立っていたので、それをメインとして撮ったつもり。勿論、今時女子高生の雰囲気も表現はしたかったのだけれど。いい歳をしたオッサンがお恥ずかしいが、私が中学2年生の頃から出現したハローキティちゃんは、何年経っても好きなキャラである。阿波池田停車中の車内にて。

Img3342

これは、撮影地ガイドを頼りに行ったところ。ただ、ガイドブックには鉄橋の上からの画像が載っており、本文に「下から見上げたアングルでも面白い」とあったので、その「下から見上げた」方のショットである。緑が濃いこの景色では、1両きりの列車でも十分に役を為してくれていると思う。箸蔵~佃にて。

Img3352

ここも撮影ガイド本による。何でも四国の写真としては「超定番撮影地」らしいが、そんなに言われるほどここの景色の見覚えはない。また、そこまでの定番撮影地をノーマルに撮っても面白くないので、広角レンズを使って青空主体のアングルに変えてある。雲が入道雲だともっと夏らしい雰囲気が出ただろうが、まだ梅雨が明けていないから、そこまでを期待するのは贅沢と云うものだろう。黒川~讃岐財田にて。

Img3362

塩入駅前に、ひまわり畑があることは、紀行文の方で書いた。列車とひまわり畑を風景写真調に写したものも何枚かあるが、そちらは別用途で使いたいとの思いもあり、敢えて列車の窓から写したこんな写真をアップしてみる。思いつきで咄嗟に写したものなので、私の悪癖「シャッター側(右側)に斜めに傾いている」が出てしまっていて、情けない。また読み込みミスで、画面にゴミが付着しているが、皆様の広い心でご堪忍下され。塩入駅停車中の車内より。

Img3372

これも撮影ガイドによる。アングルもガイド本通りに撮ってある。というより、色々なレンズを使ってアングルを探してみたのだが、これ以外に納得の行くアングルが得られなかったのだ。写っている列車がアンパンマン車両なのが少し気に入らないが、ここはかなりの高速で列車が走り抜けるので、列車が思い通りの位置に写せられたのは、これしかなかったのである。三縄~祖谷口にて。

Img3382

新改駅でのカット。前照灯と尾灯の両方が点灯しているから、スイッチバック運転中であることはお判りいただけるかと思う。鉄道写真家の山﨑友也氏が「主題と副題を画面の対角線上に配すると、バランスの取れた写真になる」とよく言われているので、それに倣って作ってみたアングルだが、如何なものだろうか。

色々不都合もあったけれど、これだけ撮れていれば自分としてはまあ満足である。いや、あくまで「自己満足」に過ぎないけれど。鉄道オタクの自己満足ブログだから、この程度でちょうどいいのではないか、と言い訳を書いて、今日の記事は終わっておこう(最後にちょっと汗)。

|

« ココ○チの会 | トップページ | ボウズがボウズでなかった頃 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

体調が悪い中にも成果はキチッリ出していますね。
やはり、「プロ根性」でしょうか、カメラを持つと撮影してしまいますね~。
人間は極限状態の方がいい物が出来るそうですね。
お疲れ様でした。

投稿: N市のT | 2009年7月28日 (火) 13時35分

こんばんは。
どれも撮影者の意図が伝わってくる空気間のある写真ですね。
私が特に気に入ったのは鉄橋の写真です。
列車ではなく鉄橋に迫力を感じますね。
最後の写真は「お見事!」です。

投稿: vanagon714 | 2009年7月28日 (火) 21時56分

>N市のTさんへ
「カメラを持つこと」、そして「名古屋から離れた遠くに来ている」との意識で、半分意地で撮っていたような気がします。
仰せの通り、極限状態になると余分なことを考えないで「目的」だけを凝視しますから、却っていい結果が出るのかも知れませんね。

まあ、何とかフィルムに鉄道の姿が映っていてくれたので、よしとしておきましょう。   (^ ^ゞ

投稿: N市のTさんへ | 2009年7月28日 (火) 23時50分

>vanagon714さんへ
自分の写真で「見事」と言って下さったのは、vanagonさんが初めてです。有難うございます。

鉄道の知識も、カメラの知識も、中途半端にしか持ち合わせていない自分なので、いつも試行錯誤しながらの撮影です。少し気に入った写真があると、記憶しておいてなるべくそれに近いようなイメージで画面を考えたりします。アマチュアの癖に生意気なことを考えてしまいますが、何れにせよ少しでも自分のレベルが高まっていけば、それに越したことはないと思っています。
趣味だからこそ出来るのでしょうね、こう云う考え方は。生活がかかっていたら、呑気なことは言っておられませんものね。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年7月29日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30706430

この記事へのトラックバック一覧です: 土讃線(阿波池田周辺)撮影結果ご報告:

« ココ○チの会 | トップページ | ボウズがボウズでなかった頃 »