« 悲惨の土讃線(阿波池田周辺)撮影紀行 | トップページ | 秘境駅・坪尻の記録 »

2009年7月22日 (水)

魚澄庵大洗濯大会

Dscn4874

只今、魚澄庵は混乱しております。

いや、何のことはない。乾燥すべく洗濯物がご覧の通り並んでいるだけのことだが。

私は公休日明け2日目と5日目に洗濯をするようにしているが、今回は先日の「悲惨な」土讃線撮影旅行の衣類も洗濯機に放り込んだから、取り出したカッターシャツやTシャツはこんなに部屋の窓側を占領してしまっている。

旅行から帰った後の洗濯では、よくこう云う状況が魚澄庵で展開され、特に気合を入れて1週間以上出掛ける北海道や九州の旅行の後では、もっと部屋が大変な騒ぎになる。

因みに、カッターシャツとTシャツだけは、乾燥機つきの洗濯機で乾燥させると皺まるけになってしまうので、乾燥が始まる直前に洗濯槽から取り出す。洗濯はいつも夜にするから、外で乾燥させる訳にも行かない。それで、部屋の中がこんな騒ぎになる。皺になっても構わない下着類などは、現在も洗濯機の中で、勢いよい音と共に乾燥モードへ突入している。

そもそもは魚澄庵の暮らしをご紹介したりして、気晴らしにしようとの気持ちでスタートさせたブログなので、たまにはバス・鉄道ネタでなくともご堪忍下され。

|

« 悲惨の土讃線(阿波池田周辺)撮影紀行 | トップページ | 秘境駅・坪尻の記録 »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

大量の洗濯ご苦労様です。
遠征後は洗濯の山になりますもね。
この季節は洗濯後なかなか乾かなくて嫌ですね~。

投稿: N市のT | 2009年7月23日 (木) 09時58分

こんばんは。
洗濯お疲れ様です。
体調の方はその後いかがでしょうか?

投稿: vanagon714 | 2009年7月23日 (木) 21時12分

>N市のTさんへ
>洗濯ご苦労様です
有難うございます。
遠征後、特に遠くへ行けば行くほど、洗濯の山は高くなりますね~。ま、当然の摂理と言えばそれまでですが。

幸い、洗濯物をああして乾燥させ、翌日の仕事を終えて帰ってくると完全に乾いています。丸一日放っておけば、何とか乾燥に関しては済むようです。
あとは、私の苦手なアイロンがけが待っておりますが、今回のものに関しましては先程全て完了致しました。ヤレヤレです。

投稿: N市のTさんへ | 2009年7月23日 (木) 22時44分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
何とか今回の洗濯物の山は、先程全てやっつけました。
只今、祝いのビールを飲んでおります。

体調、ご心配頂き、誠に有難うございます。
帰ってから3日、今日は嫌いな中憩勤務も無事済ませ、気分的にも軽くなりましたので、大分復調致しました。明日一日仕事すると連休になっていますので、どうやらこのまま行けそうです。
ご心配をお掛けいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年7月23日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30657383

この記事へのトラックバック一覧です: 魚澄庵大洗濯大会:

« 悲惨の土讃線(阿波池田周辺)撮影紀行 | トップページ | 秘境駅・坪尻の記録 »