« ヤモリへの伝言 | トップページ | こんな風に見えます »

2009年7月12日 (日)

新幹線の車窓がつまらないワケ

人によって感じ方は様々だから、これから書くことはあくまで私の個人的意見。

先日、東北本線の撮影の帰りに思ったことなのだ。仙台から東京乗継で名古屋までずっと新幹線で帰ってきた。で、いつも車窓がつまんないなぁと感じていたのだが、何故にそう新幹線に限って、車窓が面白いと感じられないのかとふと考えてみた。

1

新幹線からの車窓・その1。

まずはありきたりな意見として、速度が速すぎる。車窓を楽しんでいる余裕がないくらいに速い。移動手段としては大変優秀な乗り物であることは認める。名古屋から東京や岡山まで2時間かからないのだから、移動手段としては優れている。でも、それ故に逆に景色なんてみんな吹っ飛んで行ってしまう。

私の好きだった紀行文作家の宮脇俊三さんは「列車の速度は、80キロ程度が好ましい」と書いておられるが、いまどきの新幹線はその4倍近くの速度で走っている。

また、この写真にあるように、防音壁が張り巡らされているので、景色が吹っ飛んでいく前に殆ど景色が見れない、との意見もある。おまけに最近の新幹線はトンネルで短絡しているから、よけい外の景色が見れずに退屈する。

まあ、ここまでは多くの人が感じることだと思う。

2

新幹線の車窓・その2。

防音壁はないけれど、上の写真と何か共通点が感じられないだろうか。

私が思ったのは「上から視線が多すぎる」のではないかと云うこと。上から下を見下ろすのは気持ち良いけれど、それがずっと1時間も2時間もだと、人間って飽きてしまって退屈さを感じるのではないだろうか。

在来線は、都市近郊では高架化が進んではいるものの、まだ少し郊外へ出ればすぐに地平を走る。つまり、普段歩いたりしている時とほぼ同じ視点で物を眺められる。だから、在来線の特急はそれほど極端に「あー、つまらない!」とまでは感じないと思う。

然るに、新幹線は殆どの区間が高架になっている。それか盛土の上を走っている。稀に掘割の中を走る時もあるが、そんな時は景色は見えない。トンネルと一緒だ。景色が見えるとなると、ある程度の上から角度でずっと延々と車窓が続くから、それで退屈してしまうのではないかと考えたのだ。

あくまで、「お茶の間鉄」の仮説であるけれど、如何なものでしょうかねぇ。

***

書き忘れていた。昨日書いたヤモリのこと。

今日、仕事を終えて帰ったら、残念ながら玄関の脇で息絶えていた。やはり、具合が悪かったのだ。こんなシケた魚澄庵で一生を終えてしまうとは、不憫な奴だったなぁ。

ちゃんと、ツキミソウの植わっている隅に埋葬しておいてやった。

|

« ヤモリへの伝言 | トップページ | こんな風に見えます »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
新幹線の車窓、たしかにつまらないかもしれませんね。
N700なんかに乗ると速すぎてよく見えません。
この速さで脱線したらどうしよう・・・などと考えると緊張しますしね~
この緊張と関係あるのか分かりませんが人間は速い移動では疲れるのだそうです。

新幹線の車窓が面白くないのは、やはり高速鉄道故のことなのでしょうね。
車窓が楽しめそうな山間部は全部トンネルで抜けて終わりですよね。

在来線だと峠も越えるしカーブの先にトンネルや鉄橋があって景色も変化に富んでますね。
キハ40あたりに乗ると、例えば日高線では窓を開けて海辺の香りを
楽しみながらガタゴト揺られ、とても楽しいですね~(^^)

投稿: vanagon714 | 2009年7月12日 (日) 22時49分

新幹線をはじめ今の特急列車は速過ぎて人間の目には景色は飛んでいってしまって良く見えませんね。
SLのスピード感が一番良いのではないでしょうか。

新幹線はただの移動手段に過ぎなくなっているような気がします。
何か無機質になってしまっていますね~。
私も景色も楽しめないし、身体を休めるのに寝るだけになっています。

やはり、旧客やDMH17でのんびり行くのがいいですね~。
窓を開けて空気を感じて、味のある旅がしたいですね。

ヤモリさんご愁傷様でした。
ご冥福をお祈りします。
守り神が居なくなったので、くれぐれも「タイのタタリ」に遭わないように気を付けて下さい。
どんなタタリがあるかT爺さんに聞いてみて下さい。

投稿: N市のT | 2009年7月12日 (日) 23時11分

新幹線、
私が乗るのは、山陽新幹線だからトンネルばかり。。。
いつも窓に映る自分の顔ばかり見てます~(^^)
あと、やはり山間部を通るので、景色が山とか、田んぼが多いね、あと、田んぼに立った新幹線向けの看板?

投稿: まる | 2009年7月12日 (日) 23時20分

>vanagon714さんへ
やはり、高速すぎるのが最大の原因でしょうね。時速300キロといえば聞こえはいいですが、車窓は眺めている余裕がありません。飛んでいくだけです。

景色に変化があり、眺めている角度も色々変わったりすることで、退屈感も減ると思いますし、疲れも減るのではないでしょうか。勿論、仰せのように緊張感も疲れに影響するでしょう。

出来ることなら新幹線に乗らない日程を組みたいものですが、仕事をしている以上、全線普通列車で行き帰りする訳にも行きませんしね。(←誰だ、そんなことした奴は  (^ ^;;;;

投稿: vanagon714さんへ | 2009年7月14日 (火) 23時33分

>N市のTさんへ
新幹線で、車窓を楽しもうという発想自体が、どだい間違っているのかも知れません。トンネルに入る度に耳がビーンと鳴るような乗り物には、旅情を求めてはいけないのでしょうね。

私も新幹線に乗ると、ビールを飲んで寝てしまうことが多くなりました。単なる無機質な移動手段は、体を休めるだけの場と割り切った方がいいのかも知れませんね。窓が開かない列車に、旅情は求められません。

魚澄庵の守り神、いなくなってしまったのは寂しいことです。
「タイのタタリ」、聞いたような気もしますが詳細はすっかり忘れています。T爺さんを見かけたら、とっつかまえてお伺いしておきます。

投稿: N市のTさんへ | 2009年7月14日 (火) 23時47分

>まるさんへ
おー、お久し振りにおいでませ~。

そう、山陽新幹線は、より一層トンネルが多いですよね。全部で111箇所あると聞いた気がします。見えるのは、仰せの通り、窓に写った自分の顔ばかりですよね。

山陽新幹線と東北新幹線は内陸部を行く部分が多いので比較的景色が似ていると思いますが、何しろ田圃と山が主体で、変化に乏しいですね。つまらなさに輪をかけているような……。田圃に立つ広告看板も同じものばかりで……。

投稿: まるさんへ | 2009年7月14日 (火) 23時57分

あと看板ね日本全国 コスメティクス727と西川ふとん・寝具w

投稿: 新幹線は好きだけど景色がw | 2016年4月23日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30517212

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線の車窓がつまらないワケ:

« ヤモリへの伝言 | トップページ | こんな風に見えます »