« 車高アップスイッチ | トップページ | 日野小型車・レインボー »

2009年7月 1日 (水)

また、野草の話

過日、植物図鑑を買ってきてから、野草のことには益々うるさくなったのだ。

えーと、それで、今日の初めの写真はこれ。

Dscn4445

とある、バスの終点で、バスの窓からカメラを出して撮った。ここの終点は、バスターミナルでもないし、そうかと言ってバス専用の通行路があるしで、何だかとりとめのつかない所である。バスを停めるスペースも安全帯に沿うようにバスを止めるのが一番スマートなので、そうしている。そうすると、その安全帯に生えている野草の花に自然と目が行ってしまうのだ。

因みにこの写真は5月の初旬頃撮ったもの。咲いている花は「オオニワゼキショウ」というらしい。私はリナリアの花に似ていると思っていたが、図鑑にはこの名前があり、花の時期や葉などの特徴、咲いている場所などからオオニワゼキショウで正しいと思う。

ところが写真にも写っているが、ここは広い道路に面しているので、度々造園業者が草刈をしてしまう。この花が終わった5月下旬に一度草刈されて、この緑帯はハゲボウズみたいになってしまった。

でも、雑草はめげない。

6月に入ったら直ぐに新しい緑の芽が芽吹き始めて、先日は同じ場所にこの花が咲いていた。

Dscn4789

これも、バスの運転席から撮っているのでいい加減な写真だが、こちらの花は名前を知っているから敢えて撮った。ネジバナ、と云う奴だ。ピンクの花が、床屋さんのグルグル回るトリコロールみたいにねじれて咲いているのがお判り頂けるかと思う。ねじれて咲いているので、ネジバナ、実に覚え易い。

このネジバナは、私が以前住んでいた守山区では全く見かけなかった。現在住んでいる辺りへ越してきて、学校帰りにちょうど今頃に咲いているのを見かけたので、家で直ぐ図鑑を調べたら呆気なく名前が判った。この地へ越してきて最も初めに名前を覚えた草花である。そんな意味では、この花、ちょっと懐かしさもある。

昨年の9月頃だったか、このブログに「栄(名古屋の中心街)でもヒガンバナが咲いている。草花の生態系が変わったのだ」との話を書いた。このネジバナに関しても同じことが言えそうである。私がこの地へ越してきた9歳の時には、本当に稀にしか見られなかった花なのだ。ある意味希少種で、わざわざスコップで掘ってきて庭に植えたりさえした。

ところがそれから三十数年、今はネジバナってかなりあちこちで散見するようになった。恐らく、私が以前住んでいた守山区のとある地区でも、今では見られると思う。図鑑によると帰化植物ではないらしいので、無闇矢鱈と繁殖する訳ではなさそうだが、条件が整えば群落を作るとも書いてある。それなりの繁殖力はあるらしい。

まあ何れにしても、花が咲いていて、悪い気はしない。猛毒のトリカブトやアレルギーを撒き散らす杉の花は歓迎されないだろうが、この程度の草花なら良いではないかと思う。

夏頃になると、ここはいつも除草剤を撒かれるので、この花もそう長くは安穏としておれないだろう。

それでも多年草とのことなので、実なり宿根なりの形で来年に備えるのではと思う。

何となく懐かしさを覚える花なので、仕事の合間、毎年同じ場所に同じ花が咲いてくれると気が休まる。雑草と言われようが、私にとっては僅かな心の休息アイテムなのである。

|

« 車高アップスイッチ | トップページ | 日野小型車・レインボー »

小動物・野草」カテゴリの記事

コメント

おじさんになると、可憐に咲く花を見ると心が癒されますね~。
せっかく良いデジを購入したので、花を撮影したいと思う今日この頃です。

投稿: N市のT | 2009年7月 3日 (金) 18時09分

>N市のTさんへ
小さい頃は、花が咲いていても別段何も思わなかったものですが、おじさんになってくると、これだけのことでも心が癒されますね。
花も花なりに、一生懸命咲いているのだと思いますし。

Tさんには新鋭一眼デジがありますから、休日になどにバシャバシャと撮られてみては如何でしょう? フィルムを気にすることもありませんし、コンデジのように容量が小さくないですから、気楽に沢山撮影できますものね。

投稿: N市のTさんへ | 2009年7月 3日 (金) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30358184

この記事へのトラックバック一覧です: また、野草の話:

« 車高アップスイッチ | トップページ | 日野小型車・レインボー »