« 三菱ふそう・エコハイブリッド車 | トップページ | 六原駅・8563レの貨物作業 »

2009年7月 7日 (火)

お言葉は適材適所で

Dscn4784

冠に関する話を書こうと思ったのだが、王冠なんて、そうどこにでも転がっている物ではない。従って、同僚のある種の車のヘッドエンブレムを失敬した。これでご堪忍頂きたい。

さて、ちょっと前の話になる。私はいつものようにバスに乗務していた。時間はお昼の閑散時で、車内客は全て座っており、空席も散見する状態だった。

そんな車内に、どこから乗ってきたかは覚えていないが、小さい女の子連れの母親がいた。時々女の子の声がしていたから、車内ではしゃいでいたのか何かしていたのだろう。

その女の子が、案内放送で「次は○○、○○です」と言った時に、急に降車ブザーそっくりの声で「ピーッ」と言った。ブザー音を聞き慣れている私は、子供がふざけて言ったことは判っていたが、母親が吃驚して子供に言った。

「あやちゃん(仮名)、ブザー押しちゃだめじゃないの! まだ降りないわよ」。

「あや、押してないもん。ピーッて言っただけだもん!」。子供の言うことは正しく、降車ブザーのランプは点いていない。

「あやちゃん、変なこと言わないで! ほら、『李下に冠を正さず』って言うでしょう。紛らわしいことをしちゃいけないの」。

ここで初めて私はルームミラーを見直した。昼間閑散時に乗れるくらいだから、幼稚園に行っているかどうかの年齢の子供だった筈だ。果たして、ミラーに写っていたのは、それぐらいの年格好の女の子だった。

3~4歳の子供に向かって『李下に冠を正さず』とは、あまりにレベルの高すぎる注意ではないのか? 私がこの言葉を学校で習ったのは、中学か高校の古文の時間だったと思う。だいたいそんな年齢の子に「李下」なんて言葉、判る筈がない。判るのなら、相当な高等教育を受けている天才児としか考えられぬ。

母親は、一体何を考えてあの言葉を言ったのか。自分の知識をひらけかしたいから? 子供に適切な言葉と思ったから?

幼稚園に入る程度の子供には、それなりの言葉で注意してもらいたいものだなぁと思わずにはおられなかった。よそ様の家庭のことだから、私が口を差し挟むべき問題ではないかも知れないが。

何れにしてもあのお母さん、あんまりお言葉についてのレベルは高くないんじゃないかなと、私なりの感想である。私の感想は、間違っているだろうか。

|

« 三菱ふそう・エコハイブリッド車 | トップページ | 六原駅・8563レの貨物作業 »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

突然クラウンのエンブレムで驚きました。
このエンブレムを見るとお偉いさんをすぐに連想してしまいます(笑)
それにしても小さい子供にすごい例えを使うものですね~
ここはおさかなさんもすかさず「次とまりまーす」と答えれば面白かったですね。
子供に「ごめんなさい」と謝らせてあげれば学習したかもしれません。
あまりに上手だったので本当にボタンを押したのかと思ったと言ってあげれば
車内は笑いに包まれたかもしれませんね(^^)

投稿: vanagon714 | 2009年7月 7日 (火) 22時59分

うーん、突然小学校にも上がらない子供に「李下に冠を正さず」と言われても…(苦笑)

投稿: リニモ1号 | 2009年7月 8日 (水) 13時28分

>vanagon714さんへ
王冠の画像が簡単に見当たらないので、このエンブレムで代用させて頂きました。吃驚させてしまい、済みません。

こんな小さい子に、こんな例えを使うとはと、母親の側をかなり疑ってしまいましたね。バスの狭い車内で、自分の知識をご披露したいのではないかと。

私たちのバスは、降車ボタンが押されると「次、止まります。お降りの方はバスが止まるまで席を立たないようにお願いします」との放送が自動的に入ってしまうので、私が即座に「次とまりまーす」とは言ってあげられないのですよね。少々、堅苦しいコメントかも知れませんが。
私も咄嗟のことだったので、ミラーで子供の年齢を確認するのが精一杯だったですしね(苦笑)。

ほのぼのとした車内の雰囲気作りのために、そして、子供のためにも、私が何か少し機転を利かせていれば、もうちょっと場の空気は変わったでしょうね。
どうも、咄嗟の判断が出来ない不器用な性分なので、いけませんね(再び苦笑)。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年7月 8日 (水) 22時20分

>リニモ1号さんへ
そうなんです。小学校に上がる前の子にいきなりこんな注意をされても、私達も戸惑うばかりです。

せめて、もう少し判りやすい例えはなかったのでしょうかねぇ。
私も国語力がないので、今すぐには思いつきませんが……(当方も苦笑)。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年7月 8日 (水) 22時24分

おばさんという生き物は概して自分の基準(尺度)で物事を考えますからこういう事になるのだと思います。

小さな子供のやりそうな事ですね~。
この程度なら可愛いものです。
いきなり大声で案内放送やらCMやら競馬中継をやる奴や、乗務員の嘘八百の自己紹介をする奴なんかも居ますからね。

投稿: N市のT | 2009年7月12日 (日) 17時27分

>N市のTさんへ
「おばさん」なる生物はどうも私たちとはかなり感じ方が違うようですね。
自己中心な方が多いですし、それで世の中が丸く収まっていると誤解されている方も多いので、自分視点になりやすいのでしょうね。

でも、これを言った母親は私たちより10は若い感じの母親でした。
家庭に入ってしまえば、年齢は関係ない……ですかねぇ。

俗に言われる池沼さんのことは、ここでは敢えて触れないことにしておきますね。私も散々困っている人がいるんですけれどね……。(言われるのは)運ちゃんの宿命でしょう。

投稿: N市のTさんへ | 2009年7月12日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30449426

この記事へのトラックバック一覧です: お言葉は適材適所で:

« 三菱ふそう・エコハイブリッド車 | トップページ | 六原駅・8563レの貨物作業 »