« 土讃線(阿波池田周辺)撮影結果ご報告 | トップページ | ネプチューンへの思い、あれこれ »

2009年7月30日 (木)

ボウズがボウズでなかった頃

Img328

先日、JR北海道10月ダイヤ改正の骨格が発表された。気動車好きの私にとって残念なのは、183系の特急「とかち」を全て新型車両に置き換え、「スーパーとかち」化することも、改正内容に盛り込まれていたことだ。

現在「とかち」で運用されている183系が余剰となれば、「オホーツク」や「北斗」で運用されている183系車両のうち、年式が古いもの、状態のよくないものが、余剰車両によって置き換えられることは十分考えられる。

特に、ファンの間で人気の高い、中間車両の先頭化改造車であるキハ183-100番代、通称「白ボウズ(函館車だけは青ボウズ)」は、車齢も高く、また改造により痛みも進んでいることから、今回の改正で淘汰されてしまう可能性があると危惧されている。

そんな折、どなたかのブログのコメントを拝見していたら、「白ボウズも国鉄カラーにして、ヒゲまで復活させれば、面白いだろうに」と云った様な内容のことが書かれていて、ふと思い当たる節があった。確か、1987年3月に「国鉄最後の旅行」と称して変な一筆書き切符を作ってもらって旅行した時に、その通りの写真を撮った覚えがあったからだ。

昔のアルバムを紐解いたところ、意外と簡単に出てきたのが上の写真。車番はキハ183-104で、現在は「白ボウズ」となってオホーツク編成の予備車となっている車両である。

キハ183-100番代は1984~85年にキハ184から先頭車化改造された車両だそうだ。この写真を撮った1987年3月時点では、まだ183系の先頭車は殆どがスロントノーズの0番代で、私もたまたま遠軽駅で出会った車両が珍しい形だったので、記念にと撮影しておいたものだ。今にして思えば、これが将来の「白ボウズ」だったのである。逆に言えば、白や青の「ボウズ」でなかった頃の写真だ。

改造では、基本的にキハ82に似せた形で先頭車化したと手元の資料に書いてある。なるほど、言われてみれば貫通型で、キハ82と共通する顔面だなと思う。前照灯は北海道向けに4灯化されているが、その点を除けばキハ82の面影はある。

恐ろしいもので、つい先日と思っていた1987年はもう22年前のことになる。高速で走ることを余儀なくされる特急用車両は、どうしても寿命が短くなってしまう。22年の歳月は、確実にこの車両に「老朽化」の3文字を貼り付けている筈である。

今回のダイヤ改正で、この「未来のボウズ」にはどんな処遇が待っているのか、本州在住の私としても大変気がかりなところである。

|

« 土讃線(阿波池田周辺)撮影結果ご報告 | トップページ | ネプチューンへの思い、あれこれ »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
貴重な写真ありがとうございます。
まさにボウズの国鉄特急色ですね。
キハ183-100にはこの色か新特急色あたりが似合いますね。
こうして見るとキハ183系の車体は屋根が深いことが分かります。
おでこの形状を工夫するともう少しカッコ良かったかもしれません。
平面ガラスで組み合わされた運転席窓を見ると名鉄8000系気動車を思い出します。

投稿: vanagon714 | 2009年7月30日 (木) 23時12分

見れば見るほど味のある顔をしていますね~。
10月のダイヤ改正で廃車になるのかどうか気になるところです。

おじさんになって22年「アッ」というまに過ぎ去っていますね~。
すぐ30年になりますよ~。

投稿: N市のT | 2009年7月31日 (金) 12時49分

>vanagon714さんへ
仰せの通り、屋根の部分がかなり奥まった形状になっていますね。
この形に無理矢理キハ82イメージの運転台をつけたため、かような独特の形状が生まれたのでしょう。
写真を拡大して頂くと判り易いですが、この時既にボウズの後ろの車両、ハイデッカーですからキロ182だと思いますが、これが新塗装に塗り変わっていますね。この新塗装は採用時期がそれ程長くなく、残念ながら新塗装のボウズの写真はありません。

そうそう、お膝元の名鉄8000系と、かなり似た形状ですね。言われるまで気付きませんでした  (^ ^;;;

投稿: vanagon714さんへ | 2009年7月31日 (金) 22時58分

>N市のTさんへ
数あるキハ183の中でも4両限りのイレギュラー版。見れば見るほど滑稽なような、それでいて国鉄の面影を残した表情に親しみが湧きますね。
今後こうした車両が生まれる可能性は極めて低いですから、稀少な存在ですよね。10月改正、乗り越えられるでしょうか。

>「アッ」というま すぐ30年になりますよ~
が~ん……。

投稿: N市のTさんへ | 2009年7月31日 (金) 23時06分

はじめまして。
オホーツク沿線在住ですが、数年前までは関西人でしたので、国鉄色のボウズは初めて拝見しました。

その100番台ですが、ここ最近はよくオホーツクの運用で元気に走り回ってるみたいです。
連日遠軽方先頭車で104が運用に就いていましたので、31日朝の12Dで来ると思って見に行ってみました。そのときのスナップです。

投稿: SBM | 2009年8月 2日 (日) 03時34分

>SBMさんへ
はじめまして。ようこそお越し下さいました。

貴重なお写真を有難うございます。
最近、北海道方面に縁のある方々のブログを拝見する機会が多くなり、その中で盛んに「白ボウズがオホーツクに連結されている」との記事やコメントを拝見したので、「そう云えば……」との感じで思い出して掲載したものです。
然し、実は肝心の「ボウズ」になってからの写真は1枚もありません。何回かに分けて石北線を撮りに行ったこともありますので、1度くらい出会う機会があってもいいようなものをと思いますが、実情はそんな次第なのです。
青ボウズに至っては、雑誌の写真で1度見ただけです。

10月改正を乗り越えてくれるとファンとしては有難いのですけれど、どうなることやらと気を揉んでいます。

投稿: SBMさんへ | 2009年8月 3日 (月) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30762108

この記事へのトラックバック一覧です: ボウズがボウズでなかった頃:

« 土讃線(阿波池田周辺)撮影結果ご報告 | トップページ | ネプチューンへの思い、あれこれ »