« やっと名前判明 | トップページ | これ、研修車? »

2009年6月13日 (土)

東北本線撮影結果ご報告

先日出掛けた、東北本線・一ノ関近辺の撮影フィルムが上がってきた。

今回は貨物列車の作業の駅撮りも2ヶ所(水沢・六原)あるので、それは後日に別掲として、その他のいつものように撮ってきた風景などの写真を8枚ご披露しようと思う。

Img293

初日に、陸前折居駅駅北の陸橋から撮ったもの。何とか雨は逃れているが、いつ降り出してもおかしくない様な空模様だった。更に、夕方なので全体に暗い色調になってしまっているのが自分ながらに残念だ。5月に通った時よりかなり稲の苗も生長したとの感想を持った。写っているのは3062列車で、撮影区間は陸前折居~水沢になる。

Img294

2日目に、一旦六原まで行って貨物列車の入替作業があるかどうかを確かめ、ないと判ったのでこんな写真を撮ったりして誤魔化していた。完全に雨に降られてしまっていて、小径に落ちている白い花の花びらも何となく悲し気に思える。例の如く、何の花かは判らない。電車のいる場所としては、六原駅の構内になる。

Img295

現在、東北本線の普通列車運用は一ノ関を境に完全に分離している。北側は盛岡の管轄になり、南側は仙台の管轄となる。そのため、一ノ関では普通列車を利用の場合必ず乗り換えの必要があり厄介だ。それも同じホーム同士ではなく、このように異なるホームで離れた位置に列車が止まって客を待つ。利用者からすると意地悪にすら思える。電車は同じ701系同士だが、こちらの仙台管轄と向こうの盛岡管轄で車両の帯色が異なる。

Img296

行程中で唯一晴れていたのは、この有壁駅での撮影時だけだ。有壁駅ホームから一ノ関側を望むと、東北新幹線の高架がすぐそこに見える。威風堂々とした新幹線高架と、昼間は2両きりで済む在来線の対比が面白い。

Img297

駅名標が示すとおり、これも有壁駅でのショット。手前の花、今度は判っていて、ヒメジョオンと云う奴だ。日本全国共通の雑草だけど、小ぶりな白い花の時期だけはちょっと役者的な存在にもなると思う。東北線ともなると駅ホームに雑草が生えていても、中々刈り取られはしないらしい。その方が素朴でいいかも知れない。

Img298

今日ご披露する中では唯一の縦位置写真。あまり細かい説明は避けるが、何しろ子苗を強調したくて広角レンズで田圃の際まで寄って撮っている。場所としては清水原駅から有壁駅方へ20分ほど歩いた辺り。

Img299

これは似たような映像を「紀行文」の方でもご紹介した。石越駅付近の、くりでんの線路跡からの撮影だ。赤錆びた線路を表現してみたくて、相当低い位置にカメラを構えたのだが、正直言って思ったほどの効果が出ていませんな。撮影者の腕の悪さが全ての原因であろう。ただ、2両編成であれ生きている線路と、赤錆びて死に絶えた線路から、何かを感じ取って頂ければ僥倖である。

Img300

未だに「写真をクリックすると大きな写真にリンクする」方法が判らないので、くどいご説明を付さねばならない。向こうの道路に灰色の標柱が建っているのがご覧頂けると思うが、あの標柱には「仙北鉄道瀬峰駅跡」と書かれている。東北本線の前身は私設の「日本鉄道」であるが、それとは別に、瀬峰駅から登米・築館を結ぶ軽便鉄道が存在し、昭和43年頃まで運転されていた。これが「仙北鉄道」で、この東北本線の瀬峰駅に隣接する形で駅が設けられていたらしい。その跡地を示す標柱である。

***

天候の所為にするのは大いに問題があるが、もう少し天気が良ければそれなりの写真が、との思いは拭い去れない。

尤も逆に言えば、晴れた時は誰にでもある程度の写真は撮れるものかも知れない。雨や曇天の時にこそ、自分の腕やアングルへの発想が現れるものと考えてもいいだろう。そうした意味では、私の腕前などは三級品以下であることが立証されたような撮影旅行だったかも知れぬ。

ご高覧、お疲れ様でした。

|

« やっと名前判明 | トップページ | これ、研修車? »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

長閑な田園風景ですね。
SL時代に来てみたかったです。
旧客時代は乗換えがない長距離列車がたくさんありましたが、JRになってから乗換えが多くなり面倒になりました。

投稿: N市のT | 2009年6月14日 (日) 19時57分

こんばんは。東北出撃お疲れ様でした。
EH500は一昨年津軽海峡線で撮影したので懐かしいです。
2枚目の写真は起伏というか、立体感が感じられますね。
こういう情景はいいなあと思いました。

投稿: vanagon714 | 2009年6月14日 (日) 22時01分

>N市のTさんへ
この辺り、特別に「これ」という撮影地はないように思いますが、のんびり気儘に田園風景を撮るには適した地域だと思います。

旧客時代、そう、私が学生の頃にはまだまだ長距離鈍行が多く残っていました。盛岡から白河まで乗り通すことが出来る運用もあったと思います。
座席の背面にモケット張りのないオハフ61に乗れた時には、自分の行程の都合から福島で降りなければいけないのが辛くて、終点の郡山まで乗りたくて仕方なかったのを昨日のことのように覚えています。

先日の「乗り通し」でも感じましたが、今はブツ切りのし過ぎですね。不便です。

投稿: N市のTさんへ | 2009年6月14日 (日) 22時15分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
ED75もいよいよ終焉が迫ってきたようで、貨物の牽引は殆どがEH500になっていました。別段EH500が嫌いな訳でもないですから、貨物の高速化に貢献してくれて良いのではないかなと思います。海峡線もED79はほぼ絶滅してしまいましたものね。

東北線は多くの区間で内陸部を走りますから、「平坦で広々とした景色」は少ないと思います。何処かしらに起伏が見える場所が多いようです。
そう云った起伏を表現する写真がもう少しあってもよかったかなとも思います。田園風景に拘りすぎたかも、です  (^ ^;;

投稿: vanagon714さんへ | 2009年6月14日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/30089397

この記事へのトラックバック一覧です: 東北本線撮影結果ご報告:

« やっと名前判明 | トップページ | これ、研修車? »