« 新型インフルによる思わぬ余波 | トップページ | 東北本線一ノ関近辺撮影旅行(1日目) »

2009年6月 4日 (木)

今年も咲いた、白い花

Dscn

今年も玄関横にある物置の前で、白い花が咲き始めた。

この花、名前はちっとも判らないし、そもそも私が植えたものではない。いつの頃からか勝手にあるから、鳥か何かが運んで来たのだろうと思う。

白い花って言うと、昔の流行り歌「白い花、赤い花」(確かそう云う題だったと思うんだがなぁ)を思い出す。

『白い花摘んで あの人にあげよ

 あの人の胸に この花挿してあげよ』

私には、この花を摘んでみたところで、胸に花を挿してあげる人はいない。一抹の寂しさもあるが、家に帰ってきて、この花が咲いていると何故かホッとする。野の花には心を癒す効果もあるものだ。

今年こそ花の名前を調べようと、ぶ厚い野草の図鑑を買ってきた。だが、怠け者の性格のため、未だ調べるのは実現に至っていない。折角買ってきたのだから、花が咲いている内に調べなきゃなあとは思っている。

白い花、白い花、あの人の胸でなくてもいいから、今しばらく咲いていておくんなまし。

***

先日、大々的に北海道へ遊び行ったばかりだが、また明日から撮影旅行に出掛ける。

今度は、あの「乗り通し」を敢行した東北本線の、一ノ関を中心とした辺りがターゲットである。先日乗った折に、大まかにロケハンはしておいた。

6月は梅雨にかかってしまうので、なるべく前半の早い内に出掛けたいとの希望もあって、少々忙しいけれど明日の朝一番のバスで、出発予定である。8日までの3泊4日の予定。

また、旅先の宿から例のパソコンで記事が書ければと思っている。

|

« 新型インフルによる思わぬ余波 | トップページ | 東北本線一ノ関近辺撮影旅行(1日目) »

小動物・野草」カテゴリの記事

コメント

白い花綺麗ですね~。
何という名前でしょうね。「ウオズミアンシロバナ」とでも名付けておきましょうか。

一ノ関も昔と比べるとすっかり寂れてしまいましたね。
2006年の10月に岩手県交通の「いすゞCLM」を狙いに行きました。
その後宮交栗原バスで今はなき「くりはら田園鉄道」の撮影に行きました。

一ノ関機関区にはかつてキハ21が在籍していて、大船渡線に乗車した時にビックリしたのを思い出します。

投稿: N市のT | 2009年6月 5日 (金) 11時43分

>N市のTさんへ
ウオズミアンシロバナ(笑)、大変心の癒しになりますよ。写真の通り、夜行性の花らしく、夕刻以降に帰ると咲いていて、早朝のご出勤まで何とか花がもっています。

一ノ関に泊まるのは初めてです。ドラゴンレールこと大船渡線は撮影したことがありますが、その時は気仙沼に泊まっています。
大船渡線の初乗りの時は、確かありふれた(と言っても今では絶滅危惧種の)キハ58・28だったと思います。冬の寒さに晒されるからか、エンジン音が凄く野太かったのを覚えています。

こんな所にキハ21がいたとは、驚きですね。貴重な乗車記録ではと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2009年6月 5日 (金) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/29953461

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も咲いた、白い花:

« 新型インフルによる思わぬ余波 | トップページ | 東北本線一ノ関近辺撮影旅行(1日目) »