« 新車のビフォー・アフター/第2バージョン | トップページ | 車内遺留品 »

2009年5月 7日 (木)

カーオーディオ「大」時代錯誤

自家用車を買い換えてから、かれこれではあるが、1ヶ月が過ぎようとしている。

取扱説明書も読まずに「習うより慣れろ」と唱えながら乗っているので、今でも新しい発見が結構あったりする。私の、ぞんざいな性格が、誠によく出ていますな。

そんな中で、結構使用頻度が高いものと言えば、カーオーディオかなと思う。運転中は大抵ラジオをつけている。野球放送など自分に興味のない放送が流れていれば、FMにチューナーを切り替える程度である。いや、「切り替える程度である」と書いてはいけない。先月まで乗っていた車ではそうだったのだが、今の車ではそうでないから「切り替える程度であった」と書かねば。

車が変わって5日くらいした時に、ちょっとカーステレオをなぶってみた。初めの内は何をどう押せば何がどう作動するかさっぱり判らなかったが、やっと最近ほぼ全容の解明に成功した。

まあ、折角なので、ちょっとブレているけれど、カーオーディオ部分の写真を貼ろう。

Dscn

以前乗っていた車が、平成9年に初年度登録していることを念頭においてこの先はお読み頂きたいのだが、カーステレオをじっくり見てショックだったのは、カセットテープを入れるところがなかったことだ。考えてみれば、もうカセットテープを使っている人なんて、世の中に何パーセントいるのって時代だけど、私はオーディオマニアとしてカセットも大切に使っていて、昨年9月には自室のステレオ用にわざわざカセットデッキを新調している(詳細は、昨年9月18日付の記事をご覧ください)。

そんな時代遅れの人間だから、カーオーディオにカセット再生装置がついていないことは、想定していなかった。また、安い車だから、カーオーディオにCD再生装置がついていることも想定していなかった。

だが、現実は、そういうことだったのだ。カセットは聴けないけど、CDは聴ける仕様になっていたのだ。

勿論、自室で聞くためのCDは、何枚も買っている。また別の記事の話になるけれど、自分でオリジナルCDを作ってさえいる。だから、CDに関して、自室ではあまり不自由は感じていなかった。

ところが思いもよらぬことに、カーステレオでCDが聴けると判ったので、早速1枚持っていって、聴きながら運転してみた。車は振動が激しいのに、音飛び一つせずにかかるCDには感心しましたなぁ。

自家用車に乗る時間はそう長くないことは以前書いた。でも、折角CDが聴けるなら、少し車にも積んでおこうと云う気になった。ただ、車は灼熱の太陽に晒されたり、真冬の厳冬に凍えたりもする。音楽店店頭で買った本物のCDを積んでしまったら、熱でCDの板そのものが破壊する恐れがある。

それで、先日、仕事帰りに近所の家電量販店へ赴き、『10枚パック¥548』のCD-Rを買ってきた。これに、よく聞くCDだけをコピーして、車に積んだままにしておこうと云う魂胆である。

パソコンを使えば、あっという間にCDコピーも作れてしまって、本当に便利な時代になったものだ。取り敢えずは6枚のコピーCDを作って、今は車内に積んである。で、ラジオがつまらない番組しか放送していない時は、それらのCDを楽しんでいる。

時代錯誤も甚だしいオジンであるが、そんな次第で、今の車ではより一層快適な車内を楽しんでいる。技術の進歩には、ほとほと感謝の念に堪えない、おさかなである。

|

« 新車のビフォー・アフター/第2バージョン | トップページ | 車内遺留品 »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

さすがに、最近の新車とあっていいオーディオが装着されています。
一昔前までは、カーオーディオと言えばカセットでしたが、最近でははやりCDになるようです。かく言う小生の愛車にもCDとMDプレーヤーがありますが、使っているのは、やや時代遅れなMDの方です。音質でいえば、CDが圧勝なのは承知しているのですが、編集のしやすさから、いまだに使用しています。

投稿: 両口屋是清 | 2009年5月 7日 (木) 23時29分

カセットテープも最近は全然なくなりましたね。
今はPCでCDのコピーやら、レコードやカセットテープの音をCDに焼くまでの事が出来るので、大変便利になりましたね。

車の中では、家で聴くと連れ合いに怒られるものも、遠慮なしで大音量で思う存分聴く事が出来るのでありがたいです。

投稿: N市のT | 2009年5月 8日 (金) 11時42分

>両口屋是清さんへ
以前の車は、オーディオに関しては最低ランクのものしかついていなかったので、今の車に乗り換えてからは隔世の感がありますね。
それにしても、CDがついていることを意識していなかった私は、時代遅れの頭の持ち主としか言いようがありません。

両口屋さんは、MDも持っておられましたか。流石、オーディオマニアです。
編集のしやすさでは、MDに軍配ですよね。CDは、一旦録音してしまったら、もう復旧が利きませんものね。MDがなくなっていくような話は今のところ耳にしていませんから、当分それで十分なのではないでしょうか。

投稿: 両口屋是清さんへ | 2009年5月 8日 (金) 22時50分

>N市のTさんへ
CDは、一旦編集してしまえば、板そのものが劣化しない限り半永久的ですから、便利ですね。残念ですが、カセットが衰退して、カーオーディオにも搭載されなくなるのは理解するしかありません。

車の中で大音量で聞かれるのは、やはり列車の走行音などでしょうか。私が申し上げるのも生意気ですが、事故にだけは気をつけて、大音量のカーステレオ、お楽しみください。

投稿: N市のTさんへ | 2009年5月 8日 (金) 22時59分

こんばんは。
今の新車はCDが最低限の標準装備かもしれませんね。
写真を拝見したところMDも付いているようですね。
カーオーディオメーカーではカセットはほとんど作ってないようです。

最近の流行はひとつがi-podなどのメモリーオーディオ、
もうひとつはHDDナビゲーションでしょうかね。
HDDナビは大容量HDDにモノを言わせて大量のCDが入ります。
お気に入りのCDを聞きながら自動的にHDDに記憶されるようです。
一昔前では考えられませんね~(^^;;;;

投稿: vanagon714 | 2009年5月 8日 (金) 23時18分

>vanagon714さんへ
時代の流れから言って、自家用車にCDは最低装備のようですね。また、愛車には仰せのようにMDもついています。
専門のオーディオ店へ行かなければカセットデッキさえ売っていないご時勢ですから、カーオーディオにカセットがついていないのは、考えてみれば当たり前の話ですね  (^ ^;;

ナビは必要がないので初めから考えていなかったのですが、今はHDDナビがある訳ですか! 
言われてみれば、コンパクトなHDDも開発されていますから、ナビ用には持って来いですね。それにプラスして、CDコピー機能まで搭載とは、驚きです。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年5月 9日 (土) 13時58分

カー用品店に行っても大半が「ラジオ+CD+MD」で「ラジオ+CD+カセット」は少なくなりましたよね…。
ちなみに私の車に付いているデッキは友人から譲り受けたのですが、「ラジオ+CD」です。

投稿: リニモ1号 | 2009年7月17日 (金) 23時04分

今時、カーオーディオにカセットが付いていることを考えていた私が愚かでしたね。考えてみれば、普通の家電店でもカセットが聴ける仕様のコンポなんて売っていません。カーオーディオにして言わんとや、でしょう。

本文にも書きましたが、それまでは平成9年に初年度登録された、オンボロ車に乗っていました。つまり12年前の車です。仕様が違っていて当たり前なのですが、私の認識度が余りに薄くて愚かしかったため、敢えて記事にしてみました。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年7月21日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/29493327

この記事へのトラックバック一覧です: カーオーディオ「大」時代錯誤:

« 新車のビフォー・アフター/第2バージョン | トップページ | 車内遺留品 »