« 上越線渋川・水上近辺撮影結果ご報告 | トップページ | 免許更新+漫遊のおでかけ »

2009年4月17日 (金)

リバースギア楽屋裏話

下の写真は、Jバス規格になる前の日野のフィンガーコントロールのギアミッション。私たちの車庫は、嘗ては日野車しか存在しなかったので、このギアミッションが一般的であった。

Dscnhino1_2

一方、三菱ふそうといすゞのミッションは、ちょっとだけ違う。

Dscnfuso1

↑ふそう     ↓いすゞ

Dscnisuzu1

何処が違うかと云うと、どちらもリバースギアに入れる時はNポジションでミッションを下へ押し込んでから、Rの位置へギアを入れる。「R」ポジションのところにどちらも「PUSH」と書いてあるのは、そのためだ。

リバースギアの位置が、一般乗用車で言えば1速の所にあるので、バスやトラックに全く馴染みのない方なら、まずギア位置の違いに戸惑うかも知れない。まあでも、ちょっとトラックをなぶったりバスのファンだったりする方からすれば、このギアの配置は当たり前の世界である。更に一言、バス・トラックに馴染みのない方に申し上げると、バス・トラでは1速なんてまず使う機会はない。原則として2速で発進する。1速は「スーパーロー」と呼ばれ、余程のお客さんや荷物を乗せて、登り坂で発進する時のためにあると思っておいて下され。

さて、そんでもって、今日の話は10年位前に、初めて私たちの車庫にふそうのフィンガーコントロール車が転属して来た時のこと。

その時に来た、ふそう車の台数は3台だったと思う。で、多くの乗務員が日野車にしか慣れていないので、「ふそう車は乗り難い。予備車に回して欲しい」との意見が続出した。でも、当時としては比較的グレードの高い車が移ってきたので、完全に予備車にしてしまうのは勿体無い。組合の支部で協議した結果、OBの方専用の車にしてしまえという結論になった。今ではそれ程でもないが、OBの方って私の車庫では結構ぞんざいな扱いをされていたものである。

それで、OBさんが乗った初日。OBになるくらいだから、ベテランではあるけれど日野車しか経験のない方だった。私が車庫の中をブラブラ歩いていると、普段は温厚なOBの某さんがふそう車の運転席から顔を出して、私に怒鳴るように問うてきた。

「おーい、おさかなちゃん、バックギアが入らへんがや! どうして入れるの?(註・標準語訳:おーい、おさかなちゃん、バックギアに入らないよ! どうやって入れるの?)」

そうなのだ。先程書いたように、PUSHしてから「R」の位置へミッションを持っていかなければギアはリバースに入らないのだが、その肝心な『PUSH』をご存じなかったものだから、今までの日野車と同じ感覚で「R」位置へミッションを持って行っては、撥ねつけられてニュートラルに戻ってしまい、大困惑されていたのである。

早速、運転席へ飛んでいって某さんに入れ方を教えて差し上げた次第だが、ちょっと仕様が変わるとベテランさんでさえ、こんなことがあるのだ。

バスに何年乗っていますと、私も偉そうな口を叩いてしまうことがあるけれど、些細なことで戸惑っている時って実は結構あるもんですぜ。 (^ ^ゞ

|

« 上越線渋川・水上近辺撮影結果ご報告 | トップページ | 免許更新+漫遊のおでかけ »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
リバースギアがプッシュ式というのは懐かしいですね~
昔乗っていたギャラン・シグマ(4MT)がプッシュバックでした。
グイッと押しながら入れるのにちょっとコツがいりました。
逆に引き上げてリバースに入るプルバック式の車もありました。
たしかシフトノブの下にリングが付いていてそのリングを持ち上げながら
リバースに入れる方式だったと思います。
いずれの方式もシフトミスを防ぐための構造なのでしょうね。

投稿: vanagon714 | 2009年4月18日 (土) 09時40分

ふそうといすゞはPUSHですね。
M車庫でいすずに初めて乗った時は少し間誤付きましたね。懐かしいです。いつも乗っている車種と違う車種に乗ると色々勝手が違って戸惑う時がありますね。
日野車でも昔はエンジンを止める時はデコンプや燃料カットのレバーを引いて止めたものですが、91年に入った車からキーで止めれるようになりましたが、それが分からなくて5速に入れてエンストさせたというおじさんがいました。

PUSHもあればLIFTもありましたね。昔のカローラレビンがLIFTで引っ張ってバックに入れていました。
何にもないマツダのコスモはRの上に5があるので、いつも「ギーギー」と鳴っていました。
昔のスカイラインはバスと同じギヤ配置でしたね。

投稿: N市のT | 2009年4月18日 (土) 10時29分

>vanagon714さんへ
はぁ、ギャラン・∑(懐かしい名前ですね)って、Rがプッシュ式だったのですか。流石、バス王国・三菱の車だけありますね。私は実際に見ていないのですが、ギャラン系の車は、チェンジシフトの配置もバス同様に、Rが1速の左隣にあったように伺っておりますが……。

もっと凄いので、
「R 4 2
 1 3  」
嘗て、愛知県の免許試験場にあった大型試験車は、こう云うミッション配置だったらしいです。これは、試験場の掲示に注意事項で書いてあったので、間違いないはずです。

話題が外れましたけれど、プッシュ・プル式は何れもシフトミスを防ぐためとのご意見は正当でしょう。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年4月18日 (土) 23時38分

>N市のTさんへ
デコンプ、燃料カットレバー、何れも懐かしいですね。それにしても

>分からなくて5速に入れてエンストさせたというおじさんがいました

には、爆笑しました。まあ、おじさんのお気持ちは判りますが、今の時代からすると滑稽さは否めませんで……。かく云う私も、今の新しい方式のパーキングブレーキ、燃料スタンドでバスの乗り継ぎをしたものの、解除方法が判らずにしばらく動けなくて、後続車に鳴らされたことがあります。

先程、vanagon714さん宛てのコメントでも書きましたが、三菱のギャラン系がバスと同じギア配置だというのは、聞いておりました。昔のスカイラインまでがそうだったとは、いやいや、世の中、探せば色々出てくるものですねぇ。

投稿: N市のTさんへ | 2009年4月18日 (土) 23時50分

お久しぶりです。
H-660は部品の付け間違いか6速まで刻まれていましたね。

平針11の土曜ダイヤは天国です。
10分走って15分休憩の繰り返しです。

投稿: 企4 | 2009年4月21日 (火) 17時27分

>企4さんへ
お久し振りです。お元気で頑張ってみえますか?

H-660、企4さんがみえた頃にはもう廃車となっていた筈ですが、よくご存知ですね。そう、仰せの通り、部品のつけ間違えと思いますが、6速まで刻まれていました。当時は担当車制でしたので私も当初は気付かず、廃休か何かで乗った時に偶然気付きました。

平針11、日曜日は地獄でしょうが、土曜日は天国ですよね。判ります、判ります。
たまに、八事11で食事後に平針住宅を出ると、向ノ山辺りから走れなくなることがありますね。あれの、もっと酷いバージョンが日曜日なのではと思います。以前、八事11が私たちの車庫始発であった頃には、それで結構泣かされたものです。

投稿: 企4さんへ | 2009年4月21日 (火) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/29161850

この記事へのトラックバック一覧です: リバースギア楽屋裏話:

« 上越線渋川・水上近辺撮影結果ご報告 | トップページ | 免許更新+漫遊のおでかけ »