« 上越線渋川・水上近辺撮影紀行(4日目) | トップページ | 雨になってしまったが »

2009年4月13日 (月)

関越交通バス(主に渋川地区)

 Dscn1

先日の上越線撮影旅行では、関越交通のバスに何度かお世話になった。私の宿泊した渋川駅前でも、来るバスの主力は関越交通のバスだった(他社様の名誉のために付記すると、私が見た限りでは他にJRバス関東と日本中央バスが乗り入れていた)。

私には今まで全く馴染みのないバス会社だっただけに、詳細の説明は出来ないが、サイトなどで拾った知識と、実際に撮影した画像で、何台かの路線バス車をご紹介しようと思う。

上の写真は、ご覧の通りいすゞのキュービック・2ステップタイプで、登録番号は「群馬22 あ 30-81」。

同様のタイプは、渋川駅前では最もよく目にした。

Dscn2

上と全く同タイプの2ステ・キュービック。登録番号は「群馬22 あ 29-77」。

Dscn3

同じく2ステのキュービックだが、方向幕がLEDではなく、後ろ扉も折戸式ではなく引戸式になっている。番号は「群馬22 あ 29-31」。

以上3枚は、渋川駅前で撮影しているが、新前橋駅前で撮影したものを1枚。

Dscn

メーカーは日野、ブルーリボンの2ステタイプである。登録番号は「群馬22 あ 31-98」。

私の見た限り、これら大型車は渋川駅発では、高崎駅行き・前橋駅行き・伊香保温泉行きにのみ充当されていた。渋川地区では主流はキュービックのようで、ブルーリボンは稀に見かけるだけだった。

また他のサイトを検索したところ、ほぼ全車が他社からの移譲車らしく(2ステ車ばかりだから、それは言えるだろう)、東武からの移譲が殆どとのこと。会社そのものも、東武グループだそうだ。

私が実際に乗ったのは、中型車と小型車で、それらの写真も1枚ずつだがあるので掲載する。

Dscn_2

撮影紀行文で書いた「桜の木」行きのバス。2ステップのレインボーで、見るからにどこかのお古である。これも、東武からの移譲だろう。登録番号は「群馬22 あ 26-68」。年式としては、平成初期のものではないかと思う。

因みに、この車の方向幕巻取器は、番号入力式など難しい機構はついておらず、

Dscn_3

車内、方向幕の右側にこれだけのボタンが付属しているだけだった。単純明快・故障も少なそうで、大変よろしい。と云うか、懐かしい部類に属する。

Dscn_4

小型車は、山間部などの客数の少ない路線に投入されているだけのようで、渋川市内循環のコミュニティバスは、先程触れた「日本中央バス」が独占していたようだ。これは、新車で投入されたものだろう。仕様もノンステになっていて、登録番号も新しい「群馬 200 か ・・63」であった。

中途半端なバスオタクが空いた時間に一寸謁見しただけなので、それほど充実した内容は書けないが、判った範囲内ではこんな感じであった。

これらの他に、首都圏とを結ぶ高速バスも走っていたが、何れも写真に収められなかったので、ここでは割愛させて頂く。

|

« 上越線渋川・水上近辺撮影紀行(4日目) | トップページ | 雨になってしまったが »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いすゞキュービックが多いのは嬉しいですね~(^^)
車体がとてもキレイな状態なのは羨ましいですね。
エンジンはやはりV8なのでしょうか?

前後扉の車は関西で多いという話を聞いたことがありますが、
関越交通でも採用していたのですね。
前後扉は人の流れが一方向になって合理的な反面、構造上ワンステップや
ノンステップには向かないですね。

投稿: vanagon714 | 2009年4月14日 (火) 00時26分

>vanagon714さんへ
vanagonさんは、キュービックファンなのでしょうか? 私は正直申し上げると、キュービックは路線バスの中で最も気に入らないスタイルの車両と思っておりました。でも、私たちの車庫にV8エンジンのキュービックが来た途端、考えが180度変わりました。ズドドドド……という心地よい排気音、素晴らしいパワー、バスは格好で走るものではないのだと考えを改めた次第です。
あ、因みに関越交通のキュービックは、音だけから推察するとV8車のように思います。ただ、全てがズドドドド……といっていた訳ではないので、古い車の中には6気筒車も混じっているかも知れません。

言われてみれば、前後扉車は関西の事業者には多いのですが、関東では比較的稀少ですね。仰せの通り、車内の人の流れを考えると前後扉の方が効率は良いと思いますが、ワンステ・ノンステでは構造上かなりの無理を生じてしまうようです。

私共の職場に(私の車庫ではありませんが)3扉のノンステップ車が存在しますが、後部の席が向かい合わせの4人座席になってしまったり、エンジンの収納場所の分だけ車長が後部へ延びてしまったりと、かなりの不都合が生じているようです。この3扉ノンステ車は、どこの車庫でも嫌われていて、年度代わりの旧車移動の際には、必ずどこかの車庫からどこかの車庫へ「売り飛ばされて」います。余程扱いが悪いのでしょうね。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年4月14日 (火) 22時30分

この界隈の路線は元々東武バスの路線だったようですね。
東武バス撤退に伴い傘下の関越交通が路線譲渡を受けたようですね。
車両は上の大型車は自社発注のようですね。
3081号はⅤ8で、日野車は高出力車のようです。

我社の3扉ノンステは使いにくかったです。N古野車庫から1台転属になってきましたが、後部扉から降りるお客のタイミングが遅く時間がかかるうえ、ミラーで見難かったので神経を遣いました。

6気筒車の音だけでちっとも走らない車からV8になった時は画期的でした。首筋の凝りと足のツッパリがなくなり楽になりましたね~。

投稿: N市のT | 2009年4月15日 (水) 19時34分

>N市のTさんへ
どうも、こちらの勉強不足で済みません。比較的新しいキュービックなのに、窓が逆T字になっていないなど古い車両の特徴が多かったので、東武からの移譲車と思い込んでおりました。
大体の車はV8サウンドを出しておりましたが、幕がLEDになっていない車は、あのゆるゆるした6気筒音だったので、恐らく古い車には6気筒車も存在していると思います。
また、日野車でも、角型ヘッドでない車は高出力車ではない筈で、1度だけですが見かけました(渋川には日野車の配置は少ないそうです)。

当社の3扉ノンステは、栄18移譲の関係で貴車庫へ移ったのでしょうね。本当に、旧車移動の度にいつも所属が変わるので、何処の車庫でも扱いに困っていることは私にも察しがつきます。

投稿: N市のTさんへ | 2009年4月15日 (水) 22時32分

キュービックファンというよりはいすゞ車が好きなんですね~(^^;;;
こどもの頃。父がいすゞ車を乗り継いでたのが影響しているのでしょうか。
ジェミニなど乗用車を作っていた頃が懐かしいですね・・・

投稿: vanagon714 | 2009年4月18日 (土) 09時30分

>vanagon714さんへ
あ~、なるほど、そう云うことだったんですか。
そうそう、嘗てはいすゞも普通乗用車を作っていましたものね。
ジェミニは、今は許されない、普通車のディーゼル車でしたっけ? (済みません、正直言うと、自家用車のことはあまり興味がないので、車の名前などを片っ端から忘れていくんです。)確か、私の大学時代の研究室の先生が、ジェミニに乗っていたと思うんです。結構大きな音がしたので、先生が出勤されたのがすぐ判ったりしたのを思い出しました。
あと、伝説の117クーペとか。
言われる通り、懐かしいです。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年4月18日 (土) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/29106704

この記事へのトラックバック一覧です: 関越交通バス(主に渋川地区):

« 上越線渋川・水上近辺撮影紀行(4日目) | トップページ | 雨になってしまったが »