« アクセルロック機構 | トップページ | ある新車のビフォー・アフター »

2009年4月 5日 (日)

サクラサク

この2~3日の暖かさで名古屋の桜も満開に近くなった。一部ではもう満開になっている。

ちょっと古い映像だが、職場のバスを桜と共に写したものがあるので、アップしようと思う。撮影は何れも、1998年(平成10年)の4月である。この年の5月6日から、系統番号の付与方法が変更になっている。

Img1

88号系統(現・星丘11号系統)を走る、今はなきH-569号車。この車は案内放送がテープによる、古いタイプの車だ。(平和公園付近にて)

Img2

同じく88号系統(現・同上)を走る、これも今はなきH-652号車(マンガバス)。(平和公園南付近にて)

Img

こちらは、路線の方が現在ない。65号系統支線の「東山公園事務局前」行き。尚、65号系統のこの支線は星丘13号系統の支線として引き継がれたが、2004年(平成16年)10月に路線廃止となっている。一方、65号系統本線と循環支線は、現在も幹星丘2号系統としてそのまま引き継がれている。走行車両は、廃車延長で何とか今も生き残っているH-768号車。(西山小学校付近にて)

私たちの職場の路線は、比較的桜の花が咲く地域を通っているものが多い。束の間だが、目の保養になって私自身は大変嬉しく思っている。

ネガが見当たらなかったので、プリントからスキャニングしている。多少見苦しい画像であることをお許しくだされ。

桜の花で、N市のTさんにコラボさせて頂きました。

※追記訂正 バス車両H-768について、「廃車延長で生き残った」と記しましたが、この車は3月末で廃車になっておりました。お詫びして訂正します。

|

« アクセルロック機構 | トップページ | ある新車のビフォー・アフター »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

コラボありがとうございます。
上下窓のテープ車も懐かしい部類に入って来ましたね。
系統番号も懐かしいですね。

例年桜とバスや列車の撮影をしていましたが、今年は疲れきって余裕がなく断念しました。
犬とまったりお花見出来たので、これもまたよしです。
来年はまた行きたいと思います。

投稿: N市のT | 2009年4月 6日 (月) 11時19分

>N市のTさんへ
古い写真しか発掘できなかったので、いっそのことと思い廃車になった車の映像を選びました。早いもので、数字だけの系統番号から現在の付与方法に変わり、10年以上経ちますね。あれらの写真も、系統番号が切り替わるからと思って撮りに行ったものです。一応の記録写真として。

でも、桜が満開のときに撮りに行ける機会があって良かったと今では思っています。明日は仕事が比較的早く終わるので、帰りに寄り道して、何処かでまたコンデジでバスと桜を撮ろうと思っています。

4月の声を聞いて「強制週廃」の言葉が消えてから、かなり精神的に楽になってきました。本調子にはまだまだですが、帰りに寄り道する気ぐらいは起きるようになって来ました。有難いことです。

投稿: N市のTさんへ | 2009年4月 6日 (月) 11時38分

こんばんは。
2枚目の写真いいですね~(^^)
ちょっと絵葉書のようで素敵ですね。

私もコラボしたいところですが、こちらでは桜の季節はもう少し先のようです。

投稿: vanagon714 | 2009年4月 6日 (月) 23時27分

>vanagon714さんへ
>2枚目の……
有難うございます。ただ、小さい写真なので判り難いと思いますが、平和公園とは実は墓地公園で、バスの上に写っているのはみな、墓石なんです。と、現実を書いてしまうとかなり興が醒めるのではとも思いますが、何しろそう云う現実なんです。
でも、この当時は担当車制が残っていて、私がカメラを構えていたのを知っていたマンガバスの運転手が、あとから「あの写真、伸ばして貰えないか」と言ってくれたんです。人に自分の写真を買っていただくのはとても嬉しかったですね。

北海道だと、サクラサクまでにもう1ヶ月くらいは必要でしょうか。西暦2000年は、珍しくGWを全休して津軽線などの撮影に行ったのですが、ちょうど帰る頃に桜が満開になりました。そちらにあるのは、多分ヤマザクラの仲間だと思いますので、津軽と同じ時期に咲くのではないかと思います。

誰しも春を待ち侘びる気持ちは同じですよね。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年4月 6日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/28982437

この記事へのトラックバック一覧です: サクラサク:

« アクセルロック機構 | トップページ | ある新車のビフォー・アフター »