« 山陽本線姫路近辺撮影紀行(1日目) | トップページ | “スーパー”スピーカーシステム »

2009年3月12日 (木)

山陽本線姫路近辺撮影紀行(2日目)

昨日の続きを今日は家のパソコンから書くことにする。

さて、昨日チェックインの時にカードを新しいものに切り替えたTホテルの会員証だが、「顔写真を撮りますから」と言って撮られた写真は、顔写真だけでなく上半身が写っていた。私はそんなことは露知らず、チェックインした時の惨めな服装のまま写真に納まっていて

Dscn2

こんなカードをこれから持ち歩かねばならない羽目になっしまった。そうならそうで、フロントのお姉さんよ、ちゃんと説明して欲しかったべ……。

再びさて、気を取り直してホテルを出、まずは姫路から少し戻った新駅・ひめじ別所へ赴く。昨日通った時に、駅横に姫路貨物ターミナル駅があることを確認しておいたのだ。貨物ターミナルの写真は、結構色々撮るネタがあって私は好きだ。

Dscn2_2

ひめじ別所駅との位置関係はこんな感じになる。右側が旅客ホーム、左にゴチャゴチャしているのが姫路貨物ターミナルである。何か、ここへ通勤する職員のためにわざわざ作ったような位置関係にも思える。最近、こういう新駅が多いのだ。新潟貨物タもすぐ横に東新潟駅が出来ているし、広島貨物タに至ってはターミナルを挟むようにして天神川駅が出来ている。

それはよいとして、残念なことにこの姫路タは、写真を撮るには誠に都合の悪いロケーションになっている。貨物ターミナル駅は写真を撮るためにあるのではないのだから仕方ないけれど、荷役作業も出発線の情景も、300mmのレンズを使っても追っつかない所にあって、それも高いフェンスが益々障害になっている。アルミのカメラバックを足台にして何とか20cm程度稼いだが、どんな出来になっているかはフィルム現像の上がりを待つしかない。

それでも1時間以上ここで滞留し、やっと次の目的地・御着駅へ行く。ここは、当たり前の田園風景狙い。昨日同様

Dscn22

こんなお花畑の中でのんびりした時間を過ごす。そうそう、この撮影場所の近くにあった看板。

Dscn2_3 ここに私の朋友たちは住んでいるのであろうか……。

のんびりし過ぎたので昼を大幅に回ってしまい、ちょっとスピードアップして駅に戻り、姫路を通り越してこれまた新駅のはりま勝原まで221系電車に揺られる。駅そのものは最近の新駅によくあるパターンの

Dscn2_4

こう云った駅だが、駅から少し戻った辺りに面白い畑地を見つけてあるので、そこまでトコトコと歩く。

畑の畦に入ろうとすると、ちょうど畑作業しているおっちゃんがいたので、一声掛けて、畦にカメラ道具一式と私本体を侵入させて貰う。20分くらいで撮影を切り上げ、戻ろうとまた一声掛けると「いい写真は撮れましたかな」と訊ねて下さる。

Dscn2_5

中々気のいいおっちゃんであった。

少し駅から離れていたので急ぎ足で歩く内に、晴天でジャンパーが要らないくらいの気温になっていたから、汗をかいてしまう。

おまけ。駅近くの民家で飼われていた犬。道路まで出られる長い紐につながれていた。往路では飼い主にじゃれついている姿だったが、帰路では

Dscn2_6

大変平和そうに道路で寝そべっていた。

ここから更に、次の網干駅へ向かう。網干は嘗ては電車区だったが、今では「総合車両センター」になって、所謂「工場」機能も併設している。入出区の列車の他に、何か拾い物が出来ないかと思い、降り立った。駅からは少し離れた車両センター入口付近へ赴くと、この辺りでは走らない321系電車が「試運転」の方向幕を出して、足早に走り去った。まだカメラを準備しておらず、これは撮り損ねたが、また暫くするとEF65の顔が見えてきて、とどのつまり

Dscn2120

配給輸送列車だった。このキハ120は関西線仕様だから、奈良辺りまで引っ張られていくのだろう。奈良からは自力回送かな?

ここでちょうど上手い具合にフィルムも使い切り、帰りの新幹線に間に合う列車の時間も近付いてきた。春らしい写真も撮れたし、最後には配給列車まで撮れたし、まずまずの首尾と言ってよかろう。1月・2月とあまり納得できない撮影旅行が続いたので、今回は気持ち良く帰りの電車に乗り込むことが出来た。

よかった、よかった。

|

« 山陽本線姫路近辺撮影紀行(1日目) | トップページ | “スーパー”スピーカーシステム »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こんな風にノンビリと鉄道沿線を散策すると仕事の疲れもとれそうですね。
犬も春モードで気持ち良さそうですね。
こちらも早く春になってほしいです。
5月にはすっかり良い季節になっていると思います。

キハ120って初めて見ました。
どうも最近の車両はどれも同じように見えてしまいますね。
やはりエンジンが唸るばかりでなかなか加速しないキハ40が好きですね~(^^)

投稿: vanagon714 | 2009年3月12日 (木) 23時17分

画像から春の息吹を感じますね。
120はいけませんね。山陰線で長門市から益田まで横向いて座っていましたが辛かったですね~。

T横インの会員証の写真は私も変な感じで写っています。
おさかなさんのは背景なしですが、私のはロビーが写り込んでいます。

投稿: N市のT | 2009年3月13日 (金) 10時33分

>vanagon714さんへ
ちょうど私が出掛けた2日間は、良い気候に恵まれね気分のいい息抜きが出来ました。昨日・今日(13・14日)はいきなり雨天の後、寒い風と、外へ出るのが億劫になるような天候になってしまいましたから、あの2日間が休めれたのは大変僥倖でした。

さて、今時の車両はアルミまたはステンレス車両が多いので、余計どの車両も同じに見えてしまうのだと思います。西日本のキハ120は、車体長が15.8mとかなり小ぶりで、正面の顔も傾斜が付いていて、比較的他の車両と区別がつきやすい方だとは思います。
尤もクロスシートが少なく、この300番代は一部でオールロングシート車両もあり、「鉄」からは不評ですね。
私も、エンジンばかり唸ってちっとも動き出さない純正エンジンのキハ40・47が好きです。もう、純正車両は四国にくらいしか残っていないかな……。のんびりしていてもいいじゃないかと思うのですが。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年3月14日 (土) 21時30分

>N市のTさんへ
暖かい2日間でした。少しでも春らしさを感じて頂ければ嬉しく思います。
あの関西線仕様の120は、殆どの車両がオールロングシートですね。おまけに登場当時はトイレさえ設置されておらず、鉄どころか、一般客からもかなりの不評を買いましたね。私も実は西日本の「きく象ボックス」に、「キハ120にトイレくらいつけて欲しい」と投稿した一人です。その甲斐あってか(?)最近トイレ設置工事車が多くなりましたね。
私も、山陰線の長門市~浜田でロングシートの憂き目に遭いました。

T横インの会員証、多分初期に更改された方から苦言があったのでは? わざわざ「背景用」の青いボードがフロントにあって、私はその前で写されました。

投稿: N市のTさんへ | 2009年3月14日 (土) 21時39分

こんばんは。
北海道にはキハ40の純正220ps仕様がまだまだいますよ。
エンジン換装した車もありますが、ワンマン改造しただけの
700~800番台はエンジンがオリジナルのはずです。
来道の際はぜひ乗ってみてくださいね(^^)

投稿: vanagon714 | 2009年3月15日 (日) 23時22分

>vanagon714さんへ
そうでしたか。それは失礼致しました。
最近、北海道へ行っても函館近辺や札幌・苫小牧近辺ぐらいでお茶を濁してしまっていましたので、その範囲内では純正エンジン車がおらず、北海道は壊滅したと思い込んでいました。
いるとすると、旭川か釧路の車両ということでしょうか。
5月の渡道が楽しみです。 (^ ^)

投稿: vanagon714さんへ | 2009年3月17日 (火) 18時34分

キハ40のオリジナルエンジン車ですが札幌近郊にもいると思いますよ。
T氏御用達の921D、札幌始発列車の旭川行きはまさにこれですね。
キハ40822とか823などで、エンジン唸って加速せずを味わえると思います(^^)
ご来道楽しみにしておりますね。

投稿: vanagon714 | 2009年3月17日 (火) 23時49分

>vanagon714さんへ
配置をよく確かめずにコメントしましたことを、お詫び申し上げます。私が見ていたのは、函館と苫小牧の車両ばかりだったようです。
仰るとおり、苗穂にはまだ残っていますね。そうそう、Tさん御用達の921Dは、苗穂の車両で、大抵は822・823を使っているようですね。

山線のキハ40使用仕業には、最近純正でないものが使われているようですね。シートも2+1列に変更されていて、便乗の運転手に聞いたところ「冬季は2両つないでも坂路発進が出来ないから、これからはうちの車両も、どんどんエンジン換装していくよ」と言っていました。3年前の冬のことです。
坂路発進できなくてもいいので、ファンとしては純正車両に残って欲しいものですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年3月19日 (木) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/28588711

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽本線姫路近辺撮影紀行(2日目):

« 山陽本線姫路近辺撮影紀行(1日目) | トップページ | “スーパー”スピーカーシステム »