« 老人とハト | トップページ | 山陽本線姫路近辺撮影紀行(2日目) »

2009年3月11日 (水)

山陽本線姫路近辺撮影紀行(1日目)

3日ほど前に書いたけれど、LANケーブル付きのホテルの部屋からめでたくネットに接続が出来たので、例の「超デカイ携帯」を使って、記事を書くことにしようと思う。

昨晩は職場の送別会であった。4月から他の車庫へ移動を余儀なくされる人たちの送別会である。昨年12月14日の記事をご覧頂ければお判りかと思うが、私もすんでのところで、「送られる側」になるところであった。詳細はその記事に譲るとして、幸い「送る側」として、またバカ話などして存分に笑って楽しんだ。

さて、それでも今日から出掛けることは判っていたので、体力はちゃんと温存しておいた。朝8時半に起床し、バス・地下鉄とJR中央線を乗り継ぎ、名古屋駅発10時11分の「ひかり」を待つ。

Dscn

今回の撮影は、西明石で降りると都合がいいので、この列車を待った次第である。

西明石から在来線に乗り継いで、まずは

Dscn_2

この駅で降りる。魚澄庵(うおずみあん)庵主を名乗る限り、字は違えども、やはりここの駅を無視して通り過ぎる訳にはいかない。

勿論、他にも撮りたい映像がこの駅周辺にあるから降りた訳であるが、先月はプチ旅行で寒さ凌ぎをしてしまっているから、のんびりと駅周辺で撮影ネタを探すのは気持ちのいいものである。花も咲き始めていて、自分の足元に

Dscn_3

こんな花一つ咲いているだけでも嬉しい気分になれる。やはり都会より、自然の方が、私の性分には合う。

魚住駅周辺で2時間以上も滞留し、やっと次の目的地の土山駅へ赴く。あれこれ写真を撮っている内に小学校の下校時刻になってしまい、変な所で三脚を構えて電車を待っているおっさんは、下校の小学生から幾度も「何をしているの?」と問い詰められる羽目に陥る。

土山では、何かの寺の境内の建物と思うが

Dscn5

こんなものも見え、広角レンズのお蔭でこれも撮影ネタとさせて頂く。さいぜんの小学生に、この塔は何寺のものなのか聞いておけばよかった。

ゆっくり撮る内に、早くも16時近くとなる。幸い日が長くなってきたので、普通電車に乗り込み、今度は

Dscn_4

この駅で降りる。縁起駅の一つであろう。学生時代にわざわざこの駅の入場券を買ったことを思い出した。

持参の地図に、わざわざマーキングがしてあるから降りたのだが、駅付近には大した景色はなく、たまたま来た臨時のレールチキなど撮って、そろそろ暗くなってきたので退散する。

宿は姫路にしてある。自分が会員になっているTホテルの駅前店に泊まる。会員サービスや登録カードが少し変更になるからとて、フロントでいろいろ書類を書かされる。面倒だがこれからもこのホテルチェーンは使うだろうから仕方がない。

宿は駅南だが、繁華街は駅北側にある。食事をしに、新しくなった姫路駅の自由通路を通り抜けて、駅北側に出る。帰りに自由通路の入り口付近で、昨年まで使われていた地平の姫新線ホームを見つける。

Dscn_5

いまならまだ、こんなに間近に撮れる。

味のある地平ホームがなくなるのは寂しいけれど、高架になったホームからはまた別の新しい景色が眺められる。あまり後ろを振り返るのはやめて、今日は機嫌もいいので前向きに新しいホームを歓迎しよう。そう思いながら、宿へ戻った。

|

« 老人とハト | トップページ | 山陽本線姫路近辺撮影紀行(2日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。出撃お疲れ様です。
のんびりと撮影ネタを探すというのはいい趣味ですね~
ついつい列車中心機関車中心で、気が付くとなんか似たような写真ばかり撮ってしまいます。
たとえば石北に行くのなら、次回はもう少しノンビリ回ってみたいなあと思います。

投稿: vanagon714 | 2009年3月11日 (水) 22時03分

>vanagon714さんへ
こんばんは。

私の撮影旅行は、基本的には「鉄道と足だけで、のんびり撮り歩く」がコンセプトなのです。趣味のことですから、あまりジタバタしないでゆっくりのんびり楽しめられればそれでよしと思っています。
そんなこともあって、私が言うところの「鉄道写真」は、かなりジャンルが広いと思います。これは、10年位前に、かの中井精也先生に直接お会いしてお話を伺い、そこからヒントを得たのですけれども。

5月に渡道の際には、おさかなをご理解頂くために、とあるものをお持ちしようと思います。撮影スタイルは人それぞれ自由でいいと思いますが、私はこんなんなんですよ、と思って頂けることが出来れば幸甚です。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年3月11日 (水) 22時40分

出撃お疲れ様です。
リーズナブルで駅に近い処にあるT横インですか。
最近新しい会員証になり、おじさんの写真入りになりましたね。

私もいずれはゆっくり、のんびり撮影したいと思います。
今は日々の生活(おばさん、M野E一、A山宗など)に追い廻され時間に余裕がないですからね。

投稿: N市のT | 2009年3月11日 (水) 23時03分

>N市のTさんへ
どうも、であります。お蔭様で楽しんで帰って参りました。
Tホテルとは、はい、仰る通り、リーズナブルで駅に近い処にあるT横インに相違ございません。最近、駅付近にどんどん増殖しているので、会員としては助かることこの上ありません。コメントを拝読する前に12日の本文を書いてしまいましたので、写真付会員証につきましてはそちらもご参照頂ければと思います。

私も現在は、U村だのM田だのS水だのに追い回されていますが、幸いおばさんがいません。休暇さえ押さえてしまえばこっちのものです。まだその点、少しは私の方がお気楽な筈なのですが、体力や自律神経が弱っちいので、どうも安定しない日々となっております。

でも、今回の旅行は久々に本当にいい息抜きになったと思います。あと19日辛抱すれば、4月の春風が吹きます。それをひたすら待つことにします。

投稿: N市のTさんへ | 2009年3月12日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/28572952

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽本線姫路近辺撮影紀行(1日目):

« 老人とハト | トップページ | 山陽本線姫路近辺撮影紀行(2日目) »