« 赤坂線と新垂井駅跡プチ紀行 | トップページ | ワンクリックで大迷惑 »

2009年2月14日 (土)

ズボラなれども

Dscn

バックに「鉄」関連グッズなどが色々見えるが、今日の記事はそちらではなくて、手前の三脚の話。

私は自分でも自慢できるくらいのズボラ者である。座右の銘は「努力と勉強大嫌い」と称し、キチンとすることを悉く省いている。子供の頃、親が部屋の整理などに関して異常な程やかましかったから、その反動だろうと思う。

そんなズボラ表彰状モノの私が意外にもマメにやっていることが、写真関連用品の手入れだ。

特に気を遣っているのが写真に写っている三脚。もう10年以上お世話になっている、カーボン製のものである。当時としては値段もそこそこだった。然し、値段云々が手入れの理由ではない。

買って間もない頃、雨降りの日に使った後で手入れを怠っていたら、エライ目に遭ったのだ。脚を伸ばす部分はグリップを回して高さを調整するタイプのものだけれど、雨の汚水で汚れたまま三脚バックに入れておいたら、次に使おうとした時、グリップが全く動かなくなっていた。汚水の成分が糊の役割を果たし、カチンコチンに“接着”されていたのである。

撮影現場で四苦八苦してみたが、一本だけとうとう脚が出せれなかった。私はISO感度100のフィルムで撮影するのが常だから、200mm以上の望遠レンズを用いる時はどうしても三脚のお世話になる。泊りがけで出掛けた初日のことだったから、その日はとうとう三脚を使えずじまいで過ごした。

泊まっているホテルの浴室で動かなくなった脚のグリップ部分を水に浸し、暫くしてやっと動くようになった。これが元で、この三脚はマメに手入れしないと大変な目に遭うことを思い知ったのだ。上手い言葉が浮かばないが、「百聞は一見にしかず」に似通った部分があるような気がする。

これ以来、撮影旅行から戻ると必ず、三脚の脚の部分は綺麗に濡れ雑巾で拭くようにしている。拭いてすぐ脚をしまうと、またくっついてしまう恐れがあるから、乾燥するまでそのまま置いておく。ついで、と言っては何だが、脚の先端のゴムの部分が一番汚れるのだから、ここも丹念に拭く。使い方は乱暴なのでキズまるけになっているが、可動部の作動は良好である。

勿論、三脚以外に肝心なカメラやレンズもある訳で、これらもレンズ用の布で丁寧に拭いたり、カメラ本体は比較的細かい単位でメンテナンスに出すように心がけている。

これだけマメな精神を、仕事や日常生活で遣うようになれば、もう少しはマシな人間になるだろうなあ。

|

« 赤坂線と新垂井駅跡プチ紀行 | トップページ | ワンクリックで大迷惑 »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

商売道具に手入れを怠るとえらい事になりますからね。
折角大枚たたいて遠くまで行って役に立たなかったら何にもなりませんからね。

こんなご時世で日常生活でマメな精神を遣っていたら、神経が磨り減って「プッツン」してしまって、二度と撮影に出撃出来なくなりますよ。
「程々」、「いい加減」というところでやめておきましょうね。

投稿: N市のT | 2009年2月14日 (土) 21時49分

>N市のTさんへ
あの時は参りました。宇和島の宿で、ホテルの浴槽に脚をつけること20分。2段の両脚が動いてくれた時には、ホッとして力が抜けてしまったほどです。商売道具は本当に大切にすべきですね。

私は見てくれが真面目そうに見えるらしく、よく人に誤解されます。実際はかなりいい加減な人間なのですが。ただ神経質なところが昔からあるので、それで「プッツン」になりかけることが多いのです。
仕事でこれ以上いい加減になると、発車に何を言われるか判りません。自分の生まれついた性分と、現実にはかなりのギャップがあるので、「程々」のサジ加減が判らなくなっています。←この真面目な回答が「プッツン」の原因だと言われそうですが(苦笑)。

投稿: N市のTさんへ | 2009年2月14日 (土) 22時37分

こんばんは。
最近はめんどうくさいとか重いとかの理由ですっかり三脚を使わなくなってしまいました。
デジカメの手振れ補正機能に甘えてしまっております(^^;;;;

ところで右奥のスピーカーはもしかしてTANNOYでしょうか?

投稿: vanagon714 | 2009年2月16日 (月) 23時18分

>vanagon714さんへ
私は、デジカメは携帯用のものしか持っておらず、「カメラ」といったら基本的に「フィルムカメラ」のことを指す、超昭和人間です。ですから、「手振れ補正機能」は宇宙の彼方の言葉となっております。
昭和初期生まれの方々でも、最近は「全面的にデジに変えました」とお知らせ頂く事が多いので、私がただ単に頑固なだけでしょうね(冷汗)。

ところで、よくご覧頂いていますね、後ろのスピーカー、紛れもなくTANNOYのMEMORYであります。バス・鉄の他に、オーディオにもかなりのめり込んでおりまして……。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年2月16日 (月) 23時51分

こんばんは。
私は何年か前からデジカメを使っておりますが、なかなかデジイチには
手が出ません。
昨今の技術の進歩になかなかついていけないのが現状で、ズーム付の
デジカメを使うのがやっとという感じです(^^;;;;
400ミリ換算のズーム時でも手振れ補正のおかげで思いのほかきれいに撮れます。

TANNOYはかなり以前から実家にありまして、なじみ深いスピーカーです。
たしか70年代中頃からGRFがありまして、平成になってから
同じMEMORYが置かれていました。
すばらしい音で一番気に入っておりましたが、実家が引越しからはかなり古いオートグラフ
になってしまいました。
というわけで私の父もかなりオーディオにのめり込んでおります。

投稿: vanagon714 | 2009年2月17日 (火) 22時38分

>vanagon714さんへ
私の持つ携帯デジは、35ミリ換算でも135ミリ程度のズームにしかならないもので、おまけに手振れ補正機能はついていません。買ったのが、いつだったでしょうか……年末のボーナスで買ったのは確かですが、4年前か5年前か判らなくなっております。
ただ、当時は520万画素でもまあまあと言われていまして、結構満足していました。SDカードも、今ではどこでも売っていない256MB(!)までしか対応していない代物です。時代の進歩に、完全に置いてきぼりになっております(滝汗)。

MEMORYを買ったのは、自分がトラックに乗ってアルバイトしていた頃ですから、ちょうど平成になった頃だと思います(当時は景気が良かったんですよ)。魚澄庵の隣が実家なのですが、そこからここへ引っ越す時に、引っ越し屋さんが「私、この仕事を9年やっていますが、これだけ大きなスピーカーは初めて運びました」と言われたのだけはしっかり覚えています。
大枚を叩いただけあって、音は私も大変気に入っています。一生モノでしょうね。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年2月17日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/28082940

この記事へのトラックバック一覧です: ズボラなれども:

« 赤坂線と新垂井駅跡プチ紀行 | トップページ | ワンクリックで大迷惑 »