« ワンクリックで大迷惑 | トップページ | 赤坂線・新垂井駅跡プチ撮影結果ご紹介 »

2009年2月19日 (木)

お駄賃

Dscn

今日の話ではない。数日前のこと。

中型バスで運行するような、ローカルっぽい路線を担当していた日の話である。起点は都心のターミナルだが、徐々にお客が減っていき、終点間近ではお客が一人残っていれば立派なほう、と云うような路線が私たちの担当路線にもある。

そこを先日担当した。夕方ではあったけれど、案の定お客は少なく、終点に近付くとおばさんのお客が一人残るだけの状態になった。どこで降りられるかなと思いながら、案内放送を流して走り続けていると、終点の一つ手前で押しボタンが押された。

いつものように「ご利用有難うございました。○○です」と車を停めると、おばさんはつかつかと運転席へやって来て、「お疲れ様です。これ、よろしければどうぞ」とあめ玉を2つ置いていかれた。「あ、これは済みません、有難うございます」と言う頃には、おばさんはもうバスからそそくさと降りていた。

お客様から物を頂いたことは初めてではない。少々前になるが、昨年8月28日の記事でもお客様から葉書を頂いたことを書いている。その他にも、アクセサリーのような小物とか、ちょっとした食べ物など降り際に置いていかれる方が今までにはあった。

私は、決められた料金を頂いて、無事にお客様の目的地に着けて苦言などを呈されなければ、それでギブアンドテイク、善しだと思っている。ここまで丁寧にされると却って恐縮してしまう。

まあ、それでも物を下さった方は、私のバスに乗ったことで何らかの感謝の気持ちを表したかったのだろう。今時そんな丁寧な方は中々いないが、「お気持ち」として結局は有難く頂戴し、現在は魚澄庵の食糧備蓄庫に収まっている。

たまには、こんなこともあるもんだと、駄賃でも頂いたような気分であった。

|

« ワンクリックで大迷惑 | トップページ | 赤坂線・新垂井駅跡プチ撮影結果ご紹介 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
心温まるいいお話ですね~(^^)
最近は苦情やクレームをつける乗客はいても、なかなか運転手さんに
感謝する乗客は少ないように感じます。

もう15年くらい前の話ですが、新千歳空港から札幌行の中央バスの
高速車に乗車し発車を待っていると、老夫婦が乗り込んできて深川まで行きたいのですが・・と言いました。
深川行の「そらち号」という1時間ヘッドのバスはちょうど同時に発車して横を通過していきました。
運転手さんは無線で「そらち号さん、ちょっと待って下さい、お客様がいらっしゃいます・・・」と連絡し、そらち号は少し先で止まりました。
そしてお客さんを止まっているそらち号までこちらのバスで送りました。
乗客の老夫婦はすっかり感謝して乗り換えました。
そらち号から「ただいまお客様が乗車されました」と連絡が入り、行き先の違う2台のバスは発車しました。
見ていただけの私ですが、改めてバスっていいなあと思いました。

投稿: vanagon714 | 2009年2月20日 (金) 23時31分

私もおさかなさんの2~3日前に同じくおばさんからお菓子をいただきました。
北海道にいた頃はお菓子の他にトウキビや野菜類をいただきました。
ありがたい事です。

投稿: N市のT | 2009年2月21日 (土) 18時58分

>vanagon714さんへ
普段は殺伐とした職場ですが、こんな方がいるから気分が救われるのだと思います。感謝、感謝です。

「そらち」号の件は、本当にいいお話ですね。今や都会では「バス停以外からの乗降は、お客にとっても危険だから認めないように」とのお触れが出ているくらいです。でも、人と人とで作る車社会ですから、これくらいの心の余裕があってもいいと思いますよね。

多くの人が心に余裕を持って、暖かい気持ちでバスを利用し、また私達も暖かい気持ちを持ってバスを運転できれば、きっと昭和の時代のような「ゆったりさ」が戻ってくるのではと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2009年2月21日 (土) 22時52分

>N市のTさんへ
「物をくれる」行為は、きっと何らかのその人なりの感謝の気持ちだと思います。別段、具体的な物でなくとも、労いの言葉一つ掛けて頂くだけで私達の気持ちも変わりますよね。今の世では希少価値のような方ですが、こういうお客さんは大切にしたいですね。

北海道時代と云うことは、駅員さんでおられた頃ですか? 野菜まで下さるとは、スケールが違いますね。やはり、都会より地方の方が、より心の温もりは残っているものだと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2009年2月21日 (土) 23時00分

お菓子や野菜は某バスの時でした。
フリー乗降で、おばさんの家の前に停車して、「ちょっと待ってなさい」と言って「これうちでとれたやつだから持って行きなさい」と持たされました。

駅の時は、旅行の切符の手配をしたらお土産をいただいたり、農協のおじさんが年末にりんごを50箱くらい発送しに来て、「あんた方も食べなさい」とお裾分けしていただいたりしました。
あちらこちらから色々な差し入れがありましたね~。
今思えば、いい時代でしたね~。

投稿: N市のT | 2009年2月21日 (土) 23時23分

>N市のTさんへ
ああ、なるほど。そうでしたか。
何れにしても、この10年くらいで急に世の中が世知辛くなってきたように感じます。私が現在の職場に入った頃ももう少し世の中はのんびりしていましたし、現在のように「何でも規則、規則」とうるさくなかった様に思います。

情報化社会とか言われて矢鱈デジタル的なことばかりが推進され、世のお上に立つ人々もそれを迎合していますが、代償として失われつつあるものがあまりに大きいように感じます。

投稿: N市のTさんへ | 2009年2月22日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/28222003

この記事へのトラックバック一覧です: お駄賃:

« ワンクリックで大迷惑 | トップページ | 赤坂線・新垂井駅跡プチ撮影結果ご紹介 »