« ハトポッポとの物語(1) | トップページ | あの日あの時 »

2009年1月 6日 (火)

新車乗務記

昨年12月19日の記事で、私たちの車庫に新車が2台搬入されたことを書いた。このうちの1台に先日、運良く乗務出来たので、そのレポートを書こうと思う。

おっと、その前に一つお詫びと訂正を。当の12月19日の記事で、新車の搬入に関して「これから隔日ペースで2台ずつ搬入され、旧年中に1次納入分は出揃うだろう」と書いたのだが、これは大きな誤りであった。あの記事で書いた2台以来、新車の搬入は捗らず、結局年末年始期間に突入してしまった。今日現在、あの時の2台以外の新車は来ていない。いつものペースだと、あの文の様になるのが普通だが、今回は納入されるペースが遅くなっている。この点、あの日の記事は誤りであったので、お詫びして訂正する次第である。

さてさて、やっと本文に入るのだが、新車の乗り心地については、いつもコメントを下さるN市のTさんがコメントで結構詳しく書いて下さった。その下知識を基に、私もハンドルを握ってみた。

運転操作のし心地は、人によって異なる。AT車の好きな人もいれば私の様にMT好きもいる。以下はあくまで、私の主観だけで書かせて頂くので、その点だけはご了解頂きたい。

だいたい私が新車と言える車に乗れるのは、初めてのことと言っていい。乗務してすぐ見た距離メーターは

Dscnodo

こうなっていた。ODOが何の略語かは知らないが、兎に角「総走行距離」を示している。私たちのバスは1日に140~50キロ程度走るので、乗務が始まって4日程度しか経っていないということだ。総走行距離1000キロ以下のバスのに乗らせてもらうのは、人生初のことなのである。

運行前に、今日の行程をコンピューターに入力する。これで案内放送や方向幕などは全て入力したとおりに作動してくれる。この入力方法がタッチパネル式のモニターに変わったことは、12月19日の記事で書いた。実際に行程を入力してみたが、不慣れもあってかスムーズにはいかない。ただ、かなりの場面でタッチパネルが使えるので(写真をご参照あれ)

Dscn

うまく使いこなせるようになれば、もう少し印象は変わってくると思う。

この日は、写真に出てしまったのでもう正直に書くが、「栄18系統 妙見町~栄」がメインの仕事であった。この路線は起伏が殆どない。ただ、私たちの車庫から妙見町までは、かなりのアップダウンがある。そういう意味では、両方の路線を運転できたと言えよう。

ギア比が低く、走行音の割に走ってくれないとの意見もあったけれど、これに関してはあまり気にならなかった。確かにギア比が低いことは感じたが、いすゞのV8エンジン車と同じ感覚で運転すれば、それ程の違和感はない。また、踏み込めばエンジンの噴きが良いので、それなりに速度が出る。街中で、混雑した車線を横切る時に思い切り踏み込んでみたが、ちゃんと踏んだ分だけ速度が出てくれたから、まあまあこの点は及第だろう。

私はV8車を運転する時、低速トルクが強いので早めにチェンジする癖があるが、これと同じようなチェンジをすれば問題ないようだ。思いの外、トルクが強いな、が第一印象。

何しろマニュアル車好きなので、片手が暇を持て余すAT車よりは気分よく運転できる。そのミッションの入り具合だが、これは過去のいすゞ車と殆ど変わらないとの印象を受けた。私の車庫に多く在籍する日野車は、日野独特のFFシフトと云う奴で、ギア入れに二段階の手応えがある。これはこれで悪くないが、一発でプシュッと入ってくれるミッションは、スムーズさも相俟って私的にはかなり好印象だ。

いすゞに関しては、過去のキュービックLVの格好悪さが頭に浮かんで、どうも好きになれないメーカーだったが、V8車が私たちの車庫に来てから印象が変わった。今回乗務した新車もいすゞ(規格としてはJバスになるが)なので、これでいすゞに対しては完全にイメージが変わったように思う。知り合いが「バスは格好で走るものではないのですから……」と言われていたが、まさにその通りである。

MT操作に関しては、その程度かと思う。

あと、私の乗務した車は、試験的に車内ミラーがワイドミラーになっていた。これは、今回の新車で各車庫1台ずつ試験導入されたものだが、N市のTさんが言われていたように、慣れない所為もあって目が魚眼レンズにでもなりそうだった。じっと見つめていると、目が回りそうになる。慣れてくると車内全体が見渡せて便利ではあるが、もう少しワイドさを弱めてくれてもよいような気がした。

レポート的なことはこれ以上書けない。以下は悲しい物語に移行する。

食事休憩の間に、モニターの操作方法などをちょいと覚えてやろうと思い、「兎にも角にも」の栄2往復をこなし、食事に入ろうとした時、食事休憩場の電話が鳴った。たまたま私が電話に出ると、私の車庫からの電話で「あ、おさかなさん? 今ねぇ、○×さんが別の路線でそっちへ向けて走っているんだけど、ギアが故障して1速にしか入らなくなっちゃったんだって。だから、○×さんがそこに着いたら、おさかなさんの車をそのまま譲ってやって欲しいんだわ。おさかなの乗る車は、おさかなが食事している間に車庫から別の在来車を持っていくから。」

がーん。

かように、私は新車につくづく縁のない野郎である。

従ってレポートもこれでお終いにします。

|

« ハトポッポとの物語(1) | トップページ | あの日あの時 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も新車を運転しましたが、一定の回転数を超えると急にターボが効きだし高加速してしまうため、引っ張るのが好きな私には不向きなバスのような気がします。

12月19日に撮影したとき、ODOが647キロだったので新車デビュー初日に運転されたのではないでしょうか?

私の運行時は明らかにマニアと思われる人が時刻表持参でオタ席に座っていました。

今日も妙見営業に使っていたので、栄18・金山12あたりの運行が多いような気がします。

投稿: 企4 | 2009年1月 7日 (水) 16時13分

>企4さんへ
ご来訪有難うございます。
人によって運転癖は違うので、一概に「どこがいい、悪い」は言い切れません。何分にもここはライター中心のブログでして(苦笑)。

確かに、引っ張ると急にターボが効く回転数があるようですね。引っ張り好きな方には、少々不満があるかも知れません。私は気分的に焦っていない時は、割と早くシフトアップしてしまう方なので、まあまあかなと思ったのですが。

デビュー初日でないことは確かです。昨年の内に、何回か稼動する姿を見ておりますから。ただ、本格稼動は年明けになってからのようで、何れにしてもかなり「新車度」は高かったでしょうね。
私も栄の待機バースを出発しようとしたら、マニアさんにピカッとデジカメでやられてしまいました(笑)。

投稿: 企4さんへ | 2009年1月 8日 (木) 00時21分

おさかなさんもとうとう乗られたのですね。
人それぞれ好みが違うので何とも言えませんが、昔のキュービックよりは格段に性能は向上していますね。V8になる前は走らないしチェンジは遅くて入らない時もあるしでビックリしましたからね。

やはりピカッとやられましたか。珍しいのに乗って行くと餌食になりますからね。

投稿: N市のT | 2009年1月 8日 (木) 21時50分

>N市のTさんへ
私たちの車庫に初めてキュービックが来た時は、私も吃驚しましたね。仰せの通り、パワーは日野の丸ヘッドライトタイプ(H600番台)よりも劣っていましたし、チェンジの入りは実に悪かったですしね。いすゞの車庫の人たちはこれで我慢していたのかと、神経を疑いたくなるような走りでした。

ところで、肝心な新車、どうしたものか昨日も乗務の機会に恵まれ(今度こそ一日ちゃんと乗れました)、今度はK山でピカッとやられました。当分は、新車に乗った方々、格好の餌食でしょう。

投稿: N市のTさんへ | 2009年1月 9日 (金) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/26874677

この記事へのトラックバック一覧です: 新車乗務記:

« ハトポッポとの物語(1) | トップページ | あの日あの時 »