« お日さまへの雑感 | トップページ | 一人上手と呼ばないで »

2009年1月18日 (日)

定期試験のとある思い出

Dscn

昨日・今日と大学入試センター試験だったようで。

そう言えば私達が受験生の時代は、まだ「センター試験」なんて言わなかった。「共通一次(試験)」って呼んでいたっけ。今のセンター試験は、国公立大学の他に私立大学も利用している学校が多いようだけれど、私達の頃は「国公立大学へ入るための」共通の第一次試験だから「共通一次」って呼ばれていたのだ。

私の大学受験に関する思い出は以前書いたから省くけれど、何しろ国公立大学なんてまるでお呼びでない成績だったことはその時にも書いた通りだ。その入試にしても、地元の学校で農学部がある大学は、国公立を除けば私の通っていた学校しかなかったので受けたのに過ぎない。それで進路が決まってしまったものだから、共通一次試験なんて、私にはてんで縁がないのだ。

そんなお粗末な成績の高校時代のことを考えていて、またぞろ下らないことを思い出しのでそのことを書く。

時は一番勉強しなかった高校2年の定期試験のことだ。学校が4期制だったから毎度毎度中間試験と期末試験があって、そのどれの時だったかは覚えていない。

高校では、英語が3つの教科に分けられることが多いと思う。「コンポ」「リーダー」「グラマ」の3つだ。問題は、そのグラマの試験で起きた、いや、起こした。

グラマの担当教師は、50歳くらいの男性で学年主任の頭ガチガチ真面目教師だった。で、その定期試験に臨んだのであるが、兎に角全然勉強していないものだから、試験を受けたところで判る問題の方が遥かに少ない。答案用紙は真っ白にかなり近い状態であった。

特に解答用紙の真ん中辺りにある問題6問が、まるきり判らぬ。設問は「次の例文にある間違った単語を、正しいものに直せ」というものだった。例えば「I is a boy.」とあったら、解答用紙に次のように書くようになっていた。

(  is   ) → (  am   )

この6問に何か書かないと、空白が非常に目立つのだ。成績なぞどうでもいい、何でもいいから空白を埋めようと思い、私はとんでもないことを書き始めた。

( 赤点 ) → (職員室)

(  呼出 ) → ( 正座  )

(   0点 ) → (ゲンコツ)

この3つは正確に覚えているのだが、あとの3問は何を書いたか忘れた。とにかく似たような内容のことを書いた。少し空白が埋まったので、見た目は多少マシな状態になり、そのまま提出した。

そして、答案が帰ってくる時、いよいよ“事件”が起きた。

件の四角四面の学年主任が、名前の50音順に答案を返していて、私の答案を見た途端「んっ? おっ? おっ!!」と唸りとも叫びともつかぬ声を出したかと思うと、いきなり手元にあった英語の辞書で私の頭を叩こうとした。私もどんな答案を提出したかくらいは覚えているから、咄嗟に逃げた。教卓の周りで、学年主任と私の追っかけっこが始まったのである。追っかけっこは教卓の周りで済まず、教室を私が逃げ回ろうとしたが、とうとう教室の角でつかまり、辞書で4~5発叩かれた。

他の級友は何が起きたのか判る訳もない。いきなり教師と生徒が追っかけっこを始めたので、皆、呆気にとられていた。私が叩かれ終わって、かなりくしゃけた答案用紙を手に席へ戻ると、隣の奴が「お前、何やったんだ」と言いかけて、答案用紙を見て爆笑した。周囲の席の連中も集ってきて、皆で大爆笑になった。

四角四面教師は、「こらっ、そんな答案用紙、見なくてもいい!」と頑張ったが、誰も言うことを聞かず、暫くの間、教室は爆笑の巷と化した。

大学になれば、所謂「裏回答」で、こんなことを書く輩もいるが、高校でここまで堂々とバカをやったのは、当時としては非常に稀なケースだったのだ。

我ながら、つまらないことにだけは勇気のある人間だなあと、今更ながらに思う次第である。 

|

« お日さまへの雑感 | トップページ | 一人上手と呼ばないで »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

私は早々と就職が内定し遊び呆けていましたが、受験の人たちは大変で気の毒でした。

おさかなさんも時には思い切ったことをしていたのですね。
いい思い出になりましたね。

投稿: N市のT | 2009年1月23日 (金) 22時25分

>N市のTさんへ
中学生ぐらいからそうなのですが、変なときにだけ妙な思い切りがあるのです。まあ、単なる馬鹿者との言い方もありますね(汗)。

高校2年の時は、クラスではかなり目立たない方でしたので、この学年主任との追っかけっこは、かなり印象に残っています。同窓の連中は覚えているかどうか知りませんが。

投稿: N市のTさんへ | 2009年1月24日 (土) 23時59分

またまた、こんなところにコメントするわたしです。

わたしも、似た様な経験があります。流石にテストでは無いのですが、

中1の古文の時だったか…
『蛇足』という言葉の由来を説明した物語り(?)の感想を、小さな紙切れに書いて人ずてに渡しました。

そのやり取りをしていた紙切れを、男勝りで、とっても怖かった女の先生に、見つかり、取り上げられました。
ムッとしたこわ~い顔で、
それを読んだ途端、
プッと噴出して

『ひじょーににユニークです!

わ[この人腹立つ!]
友[どうしてなのさ?]
わ[余計な事しないで、
サッサと呑めば良いのに!
馬鹿だ!]

と、教室の前で読み上げられてしまったのです。

みんな、ドッと笑っていたけれど、その時のわたしは、恥ずかしくって、ただただ小さくなっていました。

そんな事があったので、
『蛇足』の意味だけは、何よりもハッキリと覚える事が出来たのでした。
f^_^;

投稿: るふるん | 2012年4月24日 (火) 23時53分

>るふるんさんへ
またまた、変な記事を見つけて下さって有難うございます(苦笑)。
「蛇足」ですか。誰しもそうだと思うのですが、何かそうした印象的なことがあると、言葉とか単語とか覚えてしまったりするものですよね。
皆の前で読まれたものとか、私も授業中にありましたね。私も小さくなって真っ赤になったようなものもありましたよ。
何しろ高校時代は、色々伝説を作っていました。

私共の高校は新設校で、所謂「進学校」を目指していたので、テストなどには非常に力を入れていました。
私にとっては親の一存で決められた高校だったので、ちっとも授業などやる気もなく、反骨精神の塊みたいになっていました。年齢的にも反抗期の年頃でしたしね。
で、テストとかはわざとこうした馬鹿げたことを限界ギリギリまでやっていました。たまに限度を越えると、こうして教室で追いかけっこになったり、職員室に呼び出しを喰らったことも何度かあります。何しろ、ロクデナシの生徒でした。

この高校での下らない思い出は色々ありますので、何れ又、記事にしたいなぁと思っています。兎も角、碌なことをせずに3年間を送りました。
卒業できたこと自体が不思議です (^ ^;;;;;

投稿: るふるんさんへ | 2012年4月25日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/27267332

この記事へのトラックバック一覧です: 定期試験のとある思い出:

« お日さまへの雑感 | トップページ | 一人上手と呼ばないで »