« キハ52 156 | トップページ | 賀正 »

2008年12月29日 (月)

名古屋市交・天白営業所

Img

古いネガを漁っていたら、面白いものが出てきたのでネタにしようと云う魂胆である。

現在、名古屋市交通局に、緑車庫があるが、この車庫は1986年9月までの天白車庫を移転させたものである。天白車庫(正式には天白営業所)は、現在の地下鉄植田バスターミナル近くの、国道153号線に面した場所にあった。跡地は天白スポーツセンターになっている。

私の通っていた高校も、このすぐ近くにあり、何かと馴染みの深い車庫であった。それで移転による廃所が発表された一日、写真機を持って車庫付近を撮影したのである。

撮影日は、はっきりと記録していないが、1986年9月20日前後と記憶している。

当時の天白車庫をご紹介しようと思う。

Img_2

車庫の西側から撮影したもので、工場とピットである。

Imgn132

画像が小さいので数字が読めないが、社内番号・N-132号車。まだ新車として入ったばかりの時の映像で、「天白車庫の車両」として使われたかどうかは不明。広告枠にもまだ広告が入っていない。

Img_3

これも車庫の西側から撮影。屋根や長い水道ホースが見えることから、ここが洗車場だったらしい。

Img_4

これは、車庫の南西角付近から撮ったもの。この一帯は、あまり使われなくなった旧車置き場となっていたようで、ここにはいつも古い車が屯していた。「ワNR」との社内番号は、「ワンマン専用車・日産ディーゼル製・リアエンジン車」を意味する。写っている車両は1973年頃に入った車で、この当時の車には後面方向幕がなかった。それでのちに、系統番号だけを表示する方向幕が据え置き型で取り付けられている。

Img57

車庫の南側・国道に面した側がメインの出入り口であった。57号系統の車が、平針住宅へ向けて出庫待ちをしている。57号系統は、現在の幹新瑞1号系統に相当し、天白車庫から緑車庫へそのまま系統移管されている。

Img2

この当時、車庫の統廃合で3つの車庫が消えている。その為、各車庫とも所属車両数が増加し、天白車庫では本所の北方に第2車庫とでも言うべく車両置き場が出来た。多少ズームアップして撮影してあるが、全体で20両程度の車両が置ける様になっていたと思う。この跡地は、確かマンションになっていると思うが、今ではこの付近も様相が変わってしまい、現在、跡地を特定することは難しい。

写真をご覧頂いてお判りと思うが、この当時は車庫毎に使用する車両メーカーが決まっており、天白車庫はマイクロバス3両の例外を除いて、全て日産ディーゼルの車であった。また、架装ボディは全て富士重工である。

20年以上昔のことなので、私も多少記憶が曖昧な部分がある。間違いに気付かれた方はどしどし指摘してくだされ。

***

さて、年の瀬も押し迫ってきたが、私は仕事の関係で明日・明後日とも記事は書けないと思う。これが今年最後の記事となりそうだ。

8月半ば頃から、試行的に始めて何となく今日まで来てしまったブログだが、意外にも多くの方にご覧頂いていることを知り、嬉しく思っている。

記事に関して色々アドバイスいただいた皆様、心より御礼申し上げます。多分、来年もこんな感じで適当に綴っていくと思いますが、どうぞご贔屓の程、よろしくお願い申し上げます。

では、皆様、良いお年をお迎えください。

              魚澄庵庵主敬白

|

« キハ52 156 | トップページ | 賀正 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

うちの車庫にも天白出の方がいますね。
UDの2サイクル車のエンジン逆回転の話しをよく聞きました。
私の師匠も天白出です。
天白の他に熱田と北と老松もあったそうですね。
最近も港・那古野と閉所になってしまいましたね。
地下鉄桜通線の延伸でまた閉所があるのでしょうかね。

今年も残すところあと僅かになりましたね。庵主さんもいい年を迎えて下さいね。

投稿: N市のT | 2008年12月30日 (火) 13時29分

>N市のTさんへ
今から思うと、あの型のUDは独特のエンジン音で、はっきり言って喧しかった覚えがあります。何故に、UDだけがいつまでも2サイクルに拘っていたのかは存じませんが。

天白はまだ緑への「移管」扱いでしたので、閉所との言葉は相応しくないかも知れませんが、熱田・北・老松は何れも50年代中盤に相次いで他車庫に統合されました。Tさんの車庫には、天白の方の他に、老松出身の方も結構おられたのではと思います。
桜通線の延伸……やはり車庫の前を地下鉄が通るあの車庫は、かなりの動きがあるでしょうね。

今日(正確には昨日)は、車庫でドベチンの入庫でした。帰ったら午前様です。今年はもうあと24時間ありません。
Tさんも、どうぞ良いお年をお迎えください。

投稿: N市のTさんへ | 2008年12月31日 (水) 00時25分

こんばんは。
早速お邪魔します(^^)
貴重な写真ですね~
なじみの営業所が無くなるのは寂しいですよね。
私が通学でお世話になった南郷営業所も温泉になってしまいました。

この頃はまだまだ古い非冷房車がたくさん走っていたのですね。
夏は窓全開でもかなり暑かったのでは?
5Eの新車は冷房完備ですね。
同じ頃、札幌ではまだまだ非冷房な時代でした。

投稿: vanagon714 | 2010年6月25日 (金) 22時24分

>vanagon714さんへ
ご高覧頂き有難うございます。
私は高校・大学共にこの車庫に近い学校に通っていました。
自宅から通学の際には、現在自分が在籍する車庫の車両で運ばれていたので、ここの車両には乗る機会は余りありませんでした。
それでもバス好き人間の性で、「この車庫がなくなる」となると情が湧き、友人を無理矢理引き連れて撮影に行きました。

今から思えば、名古屋の暑い夏をよくぞ非冷房のバスで乗り切っていたものです。夏は窓全開でも暑くて、冷房車が来ると嬉しかったですね。
この写真を撮った当時は、冷房化開始から7年程度の時期だと思います。
新車(5E)でも、側面方向幕が小さいタイプで、「時代」を感じますね。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年6月25日 (金) 23時06分

こんばんは。おじゃまします。

天白車庫、懐かしいですね~。
造りが古いこともあってか、敷地もオープンな感じでしたね。
それだけに、やれ新車が入っただの、珍しい車種が間近な場所に停まっているだのと言っては、カメラ片手に写真を撮りに行ったものでした。
今は住宅供給公社の分譲マンション2棟と天白スポーツセンターに姿を変えてしまい見る影もありませんが、その懐かしい姿は今でも心にしっかり焼き付いていますね。

それより何より…驚いたのは…
私が、庵主さんと同じ構図でN132号車の写真を撮り、所蔵しているということです。
ブログを拝見してビックリ仰天!
他に撮影した写真もアルバムで確認しましたが、おそらく同じ日、同じような時間帯に撮影していると思われます。
いやぁ、偶然ってあるものですね…

ちなみに、当時の新車はN130~134でしたが、新車配属は緑になります。
一方、天白(臨時)配車時、担当乗務員が既に乗務していたのも興味深いところです。

掘り起こしコメになってしまい、申し訳ありません。
今後とも、よろしくお願いします…。

投稿: 鈍行電車 | 2013年8月18日 (日) 21時32分

>鈍行電車さんへ
こんばんは。コメント頂き有難うございます。また、お返事が遅れまして申し訳ありません。

天白車庫は当時通っていた高校・大学共に最寄の営業所で、授業が終わった後などに何度か見に行ったものでした。
また従兄弟の家に行く際はここの前を必ず通ったので、色々な意味で懐かしい営業所です。

私も屋根の少ない、オープンで広い構内が強く印象に残っています。多くのバスが休んでいる姿にワクワクしたものです。国道寄りにも駐車スペースがあって、間近でバスが見れましたね。
跡地もこれまた、仰せの通り、現在では特定不可能に近いほど変わってしまいました。

N-132の件ですが、新車で珍しかったため、85mmのレンズで撮影したように記憶しています。同じ場所に停まっている写真をお持ちとは、偶然ですね。バスに関してはしっかりした撮影記録を取っていないのが悔やまれます。
何れにせよ、仰る通り、既に担当乗務員は乗務していたようですね。「30」の系統番号が掲出されていることからも、それが伺えます。

ちょこちょこですが、バス関係の記事もアップして行くつもりですので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 鈍行電車さんへ | 2013年8月24日 (土) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/26617778

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市交・天白営業所:

« キハ52 156 | トップページ | 賀正 »