« 同窓生 | トップページ | ’80sの洋楽にのめりんだワケ »

2008年12月19日 (金)

新車搬入

Dscn196

仕事上がりが遅かったので日付は変わってしまったが、例の如く12月18日の延長のつもりで書くので、その点はご了解を。

他車庫ではもう稼動している車もあるようだが、私たちの車庫では今日から新車の搬入が始まった。今日到着したのは社内番号NS-195・196の2台。これから恐らく2台ずつ隔日くらいで搬入され、第1次納車分の8台は、年内に出揃うと思う。

以前も書いたが、社内記号の「NS」とはノンステップ車のいすゞ製のものを指す。今年度はいすゞと三菱ふそうが入るのだが、第1次納車分は全ていすゞ、第2次納車分が全て三菱ふそうとなるそうである。

さて、今回の新車で今までの車と変わった点。まず外観上は、正面のヘッドライトの内側に小型の白色LEDのフォグライトがついた。電球のフォグランプも勿論あるが、LEDの方がかなり省力性に長けているそうで、今回初めてLEDフォグが付けられた。昼間時にフォグランプを点灯するように言われているが、このLEDのお蔭で、恐らく新車に関してはLEDの点灯だけで済まされるようになると思う。

折角なので、納入直後の、まだ料金箱もついていない状態の運転席周りをお目に掛ける。

Dscn196_2

運転席のシートカバーさえ取り外されていなくて、本当に車庫へ納入された直後の写真である。

また、この写真を見て頂くとお判りかと思うが、3点式シートベルトが右側から出るように変更された(昨年度納入車は左側から出るようになっていて、かなり評判が悪かった)。

その他に、運転手にしか関係ないことではあるが、

Dscn Dscn_2

ミッションがMT式に変更された。これは経費節減のため(MT好きの私には嬉しい変更)。また、右側の写真は、タッチパネル式のディスプレイモニター。従来は扉開閉スイッチの付近に、運行情報を入力する簡略型のキーボードがあったのだが、いままでのモニターをメーカー側が生産中止にしてしまったので、止む無く新しいタッチパネル方式のモニターに変更したとのこと。JRのマルス端末を見慣れている私には、何となく共通点を感じて面白そうに思える。まだ操作したことはないので、操作性の良し悪しは判らないが。

ところで、私たちの車庫は、大して広い面積を有しない。現在確か104台の車両が配置されているが、最高収納台数は108台。4台分の余分しかない。だから新車が来たら、直ぐに廃車予定の車両から不要なものを取り去って、別の車両置き場へ移動させなければならない。1台目の廃車車両から既に不要物を取り去る作業が行われている筈と思い、車庫内の工場へ行ってみて、ちょっとショックを受けた。

Dscn772

方向幕が抜き取られていることと、社番から廃車車両であることはすぐ判ったが、1台目に選ばれたのは、私が担当車制時代に3年間お世話になった車両だったのだ。新車でおろした人が2年で定年になってしまったので、その後を私が乗らせてもらった。エンジン音は静かだし、走行性も癖がなく大変乗りやすい車で、私にとってはお気に入りの車だったのだが、経年12年(確かそうだと思う)で、とうとう廃車の時期を迎えることとなってしまった。

4月の人事異動より一足お先に車の入替が行われるのは、毎年のこと。いつかはどの車とて廃車の運命にあるのだが、3年間も乗った車はこれしかないので、少し名残惜しい気持ちである。

|

« 同窓生 | トップページ | ’80sの洋楽にのめりんだワケ »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

新車の時期ですね。
もう稼動しているところもあるようです。
今回の特徴は、MTとLEDフォグとタッチパネルの3点ですね。

廃車になるバスも、まだまだ使えるのに勿体無いですね~。地方に行ったらまだ20年以上使っているのもありますからね。

投稿: N市のT | 2008年12月19日 (金) 10時37分

>N市のTさんへ
MT・LEDフォグ・タッチパネルを称して、今年度の3種の神器というのだそうです(誰かが冗談半分でそう言っていました)。
昨日、名駅へ行ったらN川の車両が新車で来ていたので、本文にもあんな断りを入れました。

Tさんのブログにも先日ありましたけれど、中央バスでは平成元年式が頑張っているそうですものね。
確かに、DPDや尿素水などの装置がなければ都会の空気は汚くなるばかりですから、止むを得ないのかなあと残念に思います。でも、地方だから粒子状物質が出てもいいというもの変な論理だとは思いますが。

投稿: N市のTさんへ | 2008年12月19日 (金) 22時33分

今日乗って駅まで行って荒波に揉まれて来ました。
MTだとある程度自分の思う通りいくので、今日も「ここ一発」という時に威力を発揮しました。
ギヤ比が中型並みなので、たいしたスピードが出ていないのにエンジン音がうるさいです。結局回転が上がって燃費が悪くなり、MTにした意味がなくなるのではと思います。
従来のギヤ比にして欲しいです。

投稿: N市のT | 2008年12月25日 (木) 23時19分

>N市のTさんへ
Tさんは、いつも新車を体験されるのが早いですね。私はいつでも、人が散々乗ってからでないと順番が回ってきません。

MTの良い点は「ここ一発」の時に好きなシフトが選べることでしょう。その意味では歓迎的な「体験談」ですが、ギア比が中型並み?! これはちょっと、いただけませんねぇ。

あと、タッチパネルのモニターですが、路線によっては「往」と「復」でページの境目にかかってしまうものがあるようで、そこの入力が大変煩雑になるように思いました。如何でしょう?

投稿: N市のTさんへ | 2008年12月26日 (金) 23時02分

まだ新車は本格稼動はしていないのですが、H-733がクラッチの整備をやると言う事で急遽新車で出撃となりました。

タッチパネルは面倒ですが、そのうち慣れるでしょう。
パナソニックが既存のモニターの生産を中止したのでタッチパネルになったそうです。

ルームミラーが今回試験的に湾曲しているのが付いていて、目が変になりそうでした。爬虫類の目になりそうです。

「坂路発進補助装置」は封印されてしまいましたね。おさかなさんの車庫は坂路が多いので、発進の時後ろに下がらなくていいのですがね~。

昨日・今日と尿素ではないUDなので、非力で加速が悪く疲れます。キハ40と同じで音ばかりで動きが鈍いです。

投稿: N市のT | 2008年12月27日 (土) 13時49分

>N市のTさんへ
タッチパネル、慣れれば面倒でなくなりますかねぇ……。新車説明会の時に試してみたのですが、ページごとに画面が一々切り替わるので、往路と復路が異なるページに入っている場合、それも何度も入力しなければならないようなショート路線の場合、面倒そうに思いましたけどね。

湾曲ルームミラーは、各車庫1台ずつの試験導入だそうで。長時間見ていないので判りませんが、車内全体が見えるようになりますから、多少は安全に寄与してくれるものかと。それこそ慣れれば爬虫類の目にならずに済むようにも思いますが。

知らなかったのですが、坂路発進補助装置、封印されちゃったんですか? 便利になると思ったのに。まあ、坂路発進も慣れましたから、封印したければ勝手にして下さい、ですよ。もう、上層部の言いなり。諦めムード。

非尿素UDは、一刻も早く廃車にして欲しいですね。力はない、ウォーターポンプはないで、私たちの車庫でも厄介者扱いです。

投稿: N市のTさんへ | 2008年12月27日 (土) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/26300822

この記事へのトラックバック一覧です: 新車搬入:

« 同窓生 | トップページ | ’80sの洋楽にのめりんだワケ »