« ’80sの洋楽にのめりんだワケ | トップページ | 好日 »

2008年12月23日 (火)

一人で勝手にクリスマス

Dscn

最近、自宅を電球やLEDのイルミネーションで飾る家庭が増えた。何かの新聞にも似た文が載っていたけど、冬の寒い時期を少しでも気分的に和らげようとの思いで、こうしたものを飾ってホットな気分にさせる庶民の知恵だろうと思う。

魚澄庵庵主は、つましい生活をしているので、とても自宅を電球で飾るような余裕などない。それに電球を灯す電気代を考えると、逆に財布がどんどん寒くなること請け合いで、だから別段家の外にホットな明かりは灯らない。

ただ、2年前のこれぐらいの時期、ホームセンターへ買い物に行った折、上の写真の小型ツリーイルミネーションを見つけた。値段は、本来なら7000円程度のものだが、現品限りの処分価格で4000円でもお釣が来る値段にされていた。

当時、一人暮らしとなって2年以上が経過していた私は、既に主婦的感覚が身についていた。「現品限り」「お得なお値段」。かような言葉には弱い。それで、つましい生活のはずの魚澄庵へ、このツリーイルミネーションが来てしまったのである。

以来、街でジングルベルが流れる季節になると、私も倉庫部屋からこれを持ち出してきて、写真のように居部屋に飾っている。別にバテレンでもなく、彼女いない暦も年齢そのままだが、せめてこれくらいは、との気持ちで一人勝手にクリスマス気分を味わうことにしているのだ。

以前、名鉄のパノラマカーに最後の乗車をした記事(12月5日)で、幼少時代の私の写真を暴露してしまったが、あのパノラマカーのおもちゃも2歳のクリスマスに親が買ってくれたものだった。小学校へ上がる頃までは、結構私の家でも家族でパーティーなどして楽しんだものだ。

このツリーのイルミネーションは、そんな楽しかった時代を思い出させてくれる。

だから、これからもこの季節になったら飾り続けたいと思う。

一人で勝手に盛り上がるおさかなのクリスマス事情である。

|

« ’80sの洋楽にのめりんだワケ | トップページ | 好日 »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

我が家も子供の小さい頃は室内イルミネーションを点けていましたが、最近は廃止になっていますね。
とりあえず、不○家のクリスマスケーキとローストチキンがテーブルに並んで、犬と一緒に記念撮影といったところでしょうか。

我々は毎日ローテーションで動いているので、クリスマスも盆も正月もありませんよね。
世間が浮かれていてもあまり関係ないですね。

投稿: N市のT | 2008年12月24日 (水) 10時41分

>N市のTさんへ
まあ、一人もんのクリスマスはこんな程度でよいのではないでしょうか。

仕事柄、クリスマスも正月も関係ありませんね。仰るとおりです。黙々とローテーションに沿って走るだけ。浮かれている方たちを尻目に黙々と、が、もう当たり前になっていて、今更特別の気分も湧きませんね。
ただ唯一、年末年始の期間だけは例のガラガラ状態になるので(栄の路線は除く)、年に一度のご褒美だと思って、ハンドルを握ります。

投稿: N市のTさんへ | 2008年12月25日 (木) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/26435414

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で勝手にクリスマス:

« ’80sの洋楽にのめりんだワケ | トップページ | 好日 »