« ワープロによるダブルショック | トップページ | 1枚いただき »

2008年12月 3日 (水)

ダンプ事情昨今

Rscn

寒い季節になり、雪の多い地域から出稼ぎダンプが多くやって来る季節となった。又聞きの話では、北海道の漁師さんなどは、夏は魚を獲り、冬はダンプを運転して稼ぐ方もあるとか。だから、北海道では大型免許の所持者が多いとさえ聞いたことがある。

然し、実際はこの不況下、ダンプでは生計が立てられるような収入は得られないらしい。

先月、私たちの職場に新入職員が入ったことは書いた。その中に一人、前職がダンプ運転手という方がおられた。

その方の話では、個人で白ナンバーでダンプを所持していても、とても仕事など見つかりはしないそうなのだ。だから、どうしても建築関係の会社などにコネクションをつけておき、そこに登録しておいて貰って仕事を回してもらうのが精一杯だとのこと。

だいたい、ダンプの仕事は1杯(荷台に土を満杯に積んだ状態)の往復で幾ら、というシステムだから、回数を走らなければお金にならない。それも、近い距離の仕事は1杯当たりの単価が極めて安いので、ある程度の距離での往復でなければ、マトモな賃金は受け取れないそうだ。

以前は、ダンプの運転手に憧れる人も多かった。でも今は、ダンプで食べていくのは、余程のコネと体力がないと無理だそうだ。「ワーキングプア」との言葉は、こっちの仕事に使って欲しいと、その方は話していた。

バスの運ちゃん業も楽ではないが、ダンプよりは余程いいと云うことらしい。そう言われると、曲がりなりにも大型二種の免許を取っておいてよかったなあとも思える。取り敢えず、何とか食べていくことは出来ているので(但し、体は既に壊れかけているが)。

|

« ワープロによるダブルショック | トップページ | 1枚いただき »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

出稼ぎの季節になってきましたね~。
ダンプの荷台に自家用車を載っけて来るんですよ。
北海道は冬の仕事がないから父ちゃんが出稼ぎに行くんです。
バスの運転士もスキーバスの出稼ぎに来ます。

投稿: N市のT | 2008年12月 5日 (金) 09時24分

>N市のTさんへ
そっか、ダンプの荷台なら自家用車が載りますね。雪が解けるまではこちらで働くのだから、自家用車も必要ですよね。

それにしても、バスの運転士まで出稼ぎに来るとは知りませんでした。そりゃ、内地ならスキーバスの大増発で運転士不足になりますものね。

投稿: N市のTさんへ | 2008年12月 5日 (金) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/25881990

この記事へのトラックバック一覧です: ダンプ事情昨今:

« ワープロによるダブルショック | トップページ | 1枚いただき »