« 昭和54年3月・名古屋駅〈続編〉 | トップページ | カセットテープのCD化 »

2008年11月13日 (木)

おぉ、年金記録

Dscn

今日は公休日明けの遅い勤務。ただ、書かなかったけれど一昨日の勤務後に、今日(11月12日のこと)の正規の勤務前に、時間外勤務をして欲しいと点呼の窓口でつかまってしまい、渋々承知したから、朝は6時45分に出勤している。この仕事は10時40分頃に終わり、一旦魚澄庵に戻り2時間少々グータラ寝ていた。本チャンの方は、14時46分からの仕事。トータルの勤務時間は結構長くなって、しんどい。

で、また気晴らしにこれを書くのだが。

本チャンの出勤点呼を済ませた後、所内掲示で庶務へ呼び出しがあったので担当の方のところへ行くと、上の写真の「ねんきん特別便」なる封書を手渡された。「おうちへ帰ってから開けましょう」とは書いてなかったので、車庫を出発するまでの時間で封書の中の自分の年金記録を見てみた。昨今の年金記録紛失問題などのために、職場へ直々、各個人宛に「社保庁が保管している範囲での記録」を渡されたらしい。同様のものを渡された方も多いのでは、と思う。

私は今の職場に辿り着くまでに、あちこちの職場を点々としていたから、一度社会保険事務所に行かねばとは思っていた。自分の記憶力は三流以下と自負しているが、勤めた所ぐらいは覚えている。だから向こうの方から記録を送ってくれるとは有難い。

有難いのはいいけれど、あったのだ。「記録の漏れ」が。

その昔、私立学校の職員として1年間スクールバスの運転をしたことがあったのだが、その1年がごっそり抜けている。やってくれたね、舛添君という感じである。

私立学校は、その学校の出身者などの身内で職員を固めることが多く、よそ者の私には居心地の悪い職場だった。それに「スクールバスの運転手」との条件だから入ったのに、実際にはパスの運転は日に3時間程度で、あとはやりたくもない事務屋をさせられていた。

私は事務屋が嫌で今の現場仕事を選んだのだから、もう事務は懲り懲りとばかり、1年でそこは辞めてしまった。おまけに良い印象がないからとて、当時のものは殆ど廃棄してしまった。私立学校だから私学の共済組合だったことは確かだ。年金手帳までは廃棄していないと思うが、今更どこにそれらの書類があるのか、とんと見当も及ばぬ。

幸い、回答用紙が附属しており「記録の誤りや漏れがある方で、不明の部分がある場合は空欄のまま返送してください」とあるので、判らないところは空欄のまま職場の庶務へ提出するつもりだ。その私学に勤めていたのは20年近くも前のことだから、下手にゴミまるけの押入れを引っくり返した挙句、ゴミの下敷きになったりするのはあまり好ましくない。

判るところはちゃんと書くから、あとはよろしくね、社保庁さん。

|

« 昭和54年3月・名古屋駅〈続編〉 | トップページ | カセットテープのCD化 »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

とうとう来ましたね。
私のところには春頃来ました。連れ合いのところにも夏頃に来ましたが、漏れ漏れですね。
前職の組合に問い合わせるのに、電話してもいつも話し中で繋がるのに100回以上かかりました。
参りました。

投稿: N市のT | 2008年11月13日 (木) 10時37分

>N市のTさんへ
私たちの職場は、転職してきた人ばかりの職場ですから、多分、似た状況の人が多いと思います。

Tさんも漏れ漏れでしたか。
あんな大切なものを何故きちんと管理してくれなかったのかと、今更ながらに怒りがこみ上げてきます。

それにしても、以前の労組へ問い合わせるのに100回以上の電話とは、度を越えていますね。お疲れ様でした。

投稿: N市のTさんへ | 2008年11月13日 (木) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/25277260

この記事へのトラックバック一覧です: おぉ、年金記録:

« 昭和54年3月・名古屋駅〈続編〉 | トップページ | カセットテープのCD化 »